2010年03月10日

パッティング練習

ゴルフ練習は殆どの人が打ちっぱなし場でボールを打つのが
普通ですが、自宅で出来るのはパッティングです。
一部はアプローチまでやっている人もいるようです。

パッティングの練習は殆どがパターマットで行いますが、
この練習についてもただ打つだけではなくいろんな方法が
あります。
 DSCF5135.JPG
(10センチ刻みでマークしています)
モワの場合は先日記述したようにアドレス、テークバック
スイング軌道、ボールの回転、打つ強さ、フォローの長さ
リズム、目線、肩、腕の動き、前傾角度、脇の閉め方
ルーチンワーク等のチェックを行います。


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:41 | ゴルフ練習方法
2010年02月07日

パッティングのヒント

ゴルフにおいてパッティングの重要性については
皆が認識しているところであり、今更、論を必要としない。
多くの教習グッズが販売されているので皆さんも手本とする
ものを一つ二つはお持ちだと思います。

モワも多くのレッスン本に目を通しました。

内容は 
 ・スタイル
 ・グリップ
 ・スイング軌道
 ・呼吸
 ・目線
 ・前傾姿勢
 ・距離感の出し方 等などが殆どです。
勿論パターそのものの型による打ち方の違い、パターの選び方
とかも含まれています。
今日はそのなかのグリップについてのヒントを一つ。
グリップといっても握りの形ではありません。
それは何でしょう?



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:42 | ゴルフ練習方法
2006年09月30日

力の抜き方U

スイング中に鼻歌を歌うと意識がそれに集中し
スイングの力みが取れることを話しました。

今日は、逆に力みの効果について・・・。

ヨガの極意に
「最大の弛緩を得るためには、
   まず最大限に緊張し、それから解き放つべし」
  というのがあります。
ヨーガ本質と実践―新装オールカラービジュアル版

この極意をゴルフにも当てはめることが出来ます。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ練習方法
2006年09月29日

力みの取り方

スイングに於いて、一番肝心なことは型よりも
内面のコントロールにあることは承知の事実である。

その中でも、力みが出ると全てが駄目になる。
何故力みが出るのでしょう?

それは、頭で全てをコントロールしようとするからです。

力みを取る方法があります。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | ゴルフ練習方法
2006年01月17日

ゴルフの練習について再考する

 ※ゴルフの練習については、当然のことながら、
その人のレベルに応じたやり方がある。

ビギナーの時は練習時間とスコアが比例する。
毎回が開眼物語の連続で、ある程度テーマを持って
練習すれば、メキメキ腕は上がる。

しかし、その内に悩みの森が出現し、迷路にはまり込む。

その時の対処方法によっては、短い時間で克服できる。
それが、変な方向に行くととんでもない回り道となる。

そうならない為には、いくつかの拠り所となる
本、とかビデオとかが手元にあれば救われる。
いくつかの本を紹介します。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ練習方法
2005年10月07日

初心者


  [初心者]
 
 ・出来れば、スイングの基本(グリップ、体の動かし方等)
   をレッスン書で見ておく。
    [モダン・ゴルフ]
     などがお勧め

 ・練習場には信頼のおけるアドバイザー
    (出来ればシングルクラスの人)
       に連れてってもらう。
         (又は、スクールに入る)

 ・教えてくれる人に対しては全幅の信頼を置くこと。
    (ゴルフのテクニックだけでなく
        人間性も判断したほうが良い)

 ・信頼できるコーチ、友人には
     少なくとも一年間は見てもらう。

 ・アドバイスを受けるときには
     純粋な気持ちで我心は捨てる。

 ・ゴルフに対しては
   自分は赤ちゃんであることを自覚する。

 ・歩くことも出来ない赤ちゃんが
    いきなり走り出しては足の骨を折る。

☆練習場に行く前にやっておくこと

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ練習方法