2018年03月30日

春爛漫・桜満開


 天気快晴・近くの公園へ花見行く。
金曜日でそれほどの人混みではない。
20度前後で微風・最高の花見日和。

DSCF9476.JPG

こんな日のゴルフは最高だろうな^^^・
と思いつつクックジャムの弁当を食べる。

DSCF9472.JPG

なかなか美味い。外での弁当は誠に美味い!
そろそろゴルフも開花したいが、腰との相談となる・・・。
来月のコンペも腰さんが心もとないので欠席とした。

DSCF9471.JPG

暫くは頭の中でのゴルフを楽しむとするか・・・。

DSCF9470.JPG

春景色2018年。


ゴルフ ブログランキングへ
2013年03月24日

春爛漫

天気も良く、今日も朝歩き。
少し肌寒いが風もなく絶好の日和です。
今日は檜原公園まで足を伸ばす。
丁度高校野球をやっていた。

組み合わせ表・前.JPG

なんと母校の試合である。
例によって外野無料席からの観戦となる。
両校とも投手の出来がよく引き締まった試合展開である。

中央対大牟田.JPG

初回に2点先取。なかなかの滑り出し。
期待が持てる。後でまた見に来るか・・・。
ここで花見に近くの公園へと足を伸ばす。
桜並木.JPG
毎年来ているが今年は約一週間早い満開です。
思ったより人も少なく一人花見と洒落こむ。

桜横枝.JPG

以前水没しそうになった場所に行ってみようと
階段を降りようとするとなんとピカっと光るものが在る。

水没現場.JPG


¥500玉.JPG

よく見るとなんと¥500玉ではないか!
こいつは春から縁起がいいや・・・。
拾い上げて、前を見ると屋台が並んでおり
そこにビールが売っている。

桜と屋台.JPG

早速その¥500を大事に持って行きビールと
牛蒡天を買い求める。 

ビールと牛蒡天.JPG

合計¥450とあいなり、まだ¥50残り。
この場所はなんだか因縁深い場所のようである。

空桜.JPG

ベンチに腰掛け牛蒡天をつまみながら一人花見の宴は続く。
“変な親父が朝からビールを飲んでいるなー”
という顔で花見客が通り過ぎていく。

垂れ桜.JPG

まあこういう時間も至福の一時かもしれん。
桜、椿、花桃、ポピーなどなどが春の主役を演じながら
時間の流れを止めている風景は映画のワンシーンのようです。

花桃白.JPG

花桃赤.JPG

ポピーと桜.JPG

桜アップ.JPG

テーマパークのような作り物ではない自然の営みが
切り取る場面毎に感じられます。

のどかな桜風景.JPG

デジタルもいいけどほどほどにしないといつか
アナログの自然王に逆襲されるかも・・・・。
人間自体がデジタル風に鈍化されている
現実は怖いものがある。

桜横枝.JPG
数百年の年輪が素晴らしい

久しぶりの朝ビールが効いて来たようである。
昼頃までくだらんことを考え、空想してしまった。

桜と空.JPG

油山gc.JPG
近くのゴルフ場も満開のようです。

そろそろ高校野球の続きを見に行こうかな・・・。
思い足をひきづりながら球場へ・・・。
球場の近くまで来ると応援の仕方が違っている。
しまった!母校の試合は終わったのか!
球場を覗くとあの甲子園出場校の東福岡が
やっているではないか!
始まったばかりのようである。
母校の試合は終わっていた・・・。ガ・キーン。
仕方なく正面の結果表を見に行く。
残念ながら9対4で負けていた。

結果表.JPG
※日付が4月となっているようです。
 担当者は恐らく後でお目玉かも・・・。

しかし、我々がやっていたころと比べると
試合態度も堂々としており頼もしい限りです。
今後の活躍を祈ります。
少し肩を落としながら千鳥足で家路につく。

ゴルフ ブログランキングへ


2013年02月03日

春開幕!

朝歩きの途中に春を見つけて来ました。
小さな春を楽しんで下さい。
DSCF7309.JPG

DSCF7310.JPG

DSCF7311.JPG
市内南高台から博多湾、市街地を望む 西から東へ

DSCF7312.JPG

DSCF7313.JPG

DSCF7314.JPG

DSCF7316.JPG

DSCF7317.JPG

DSCF7318.JPG

DSCF7319.JPG
梅も綻び始めました

DSCF7320.JPG

DSCF7322.JPG

DSCF7323.JPG
水鳥と遊ぶ怪しげな影

DSCF7325.JPG
水鳥達もスイスイと春泳ぎを楽しんでいます

DSCF7327.JPG
歩きコースの池全景と油山遠景

すっかり春を感じるようになりましたが、皆様方の
地域は如何でしょうか?

ゴルフ開幕はやりましたか?
モワのゴルフ開幕はまだですが、早く迎えたいものです。


ゴルフ ブログランキングへ


2012年07月08日

高校野球 予選始まる

草取りをするつもりでしたが、
あまりに自転車天気だったので
ついつい近場に漕ぎ出しました。

?Y??????????ゥ?]ヤ.jpg
十数年来の愛車MTBです

球場では夏の甲子園予選があっていました。
早速場外から覗きこみました。

120708_095038_M.jpg

博多高校と強豪沖学園の対戦です。
二回までは接戦の模様です。
ピッチャー次第の展開になりそうです。

????????.jpg

これから各地で接戦が行われますが、
いつも球児達の声は元気を貰います。

グラウンドに過去の自分が映ります。
野球のボールからゴルフの玉へと移りましたが、
なんとか気持ちだけは若くありたいものです。

08年7月16日ドライバーショット.jpg

腰痛防止の為に腸骨筋を鍛えるために自転車を
再開したいと思い、いま訓練中です。

?r?A???L.jpg


ゴルフ ブログランキングへ
2012年05月02日

篠笛、琴、鳥の囀り

先日、友人の篠笛発表会に行ってきた。

DSCF6479.JPG

会場は以前某百貨店のオーナーの自宅であった
敷地700坪の日本庭園がある邸宅です。
(今は市が管理している、【松風園】)

DSCF6480.JPG

篠笛、に琴が奏でる中、鳥の囀りも聞こえて
きて豊穣な時間の中に身を置きました。

DSCF6487.JPG

DSCF6482.JPG

演奏者の友人は自分で篠笛も作りながら、
先生に教えを乞うてメキメキ腕を上げているようです。

DSCF6485.JPG
篠笛の先生

勤め先のホームでもお年寄り達に笛を聞かせて
喜ばれているようです。
この高校時代からの友人はバスケのキャプテンをやり
軟弱なチームを市内の強豪に育て上げた実績もあります。
我々の仲間内ではリーダー的存在ですね。

DSCF6511.JPG

今はバイトをしながら主夫をやり、料理人顔負けの
料理を毎日作っています。
我々グータラ親父にしてみれば余りにスーパー主夫なので
皆からは顰蹙をかっています。
しかし、この様なお手本が目の前にあるということは
励みにもなるので、少しでも足元に寄りたいと思う
今日この頃です。
でもこの頃はゴルフ熱が少し冷めてきているようなので
これだけは元に戻って欲しいものです。

ゴルフ ブログランキングへ

DSCF6516.JPG

初夏の清々しい一日に篠笛は最高でした。
このような余裕のある気持ちでゴルフが出来れば
もうちょっとはマシなスコアでラウンドできるのになー。
2008年04月05日

湯布院日帰りの旅

息子(次男)が由布院の旅をプレゼントしてくれました。
一泊でとのことでしたが、何分忙しい?身の上、とりあえず
日帰りで楽しんで来ました。

モワは数回訪れていますが、フミチャンは初めてなので(以前から
行きたい行きたいとは言っていました)お喜びの様子でした。

平日ということもあり乗客は10人位でした。
天気も良くお花見気分で出発、出発・・・。

バスで約二時間かかりましたが、まあそれほど苦になる距離では
ありませんでした。

早速歩いて由布院駅からホテルへと向かいました。
駅前には馬車が観光客を乗せて待機していました。

丁度JR【湯布院の森号】が到着しておりかなりの人が降りたち
浮き浮き気分で三々五々目的地へと歩いて行きます。

ゆふいん駅.jpg


ランキング 続きを読む
2008年04月02日

花見 08年版

毎年、花見はアキラさん夫妻と行っているのですが、今年は
どうしても予定が合わず我が家だけの花見となりました。

少し早いようですが、今週末には込み合いそうですので
4月1日のエイプルフールに出かけました。
嘘ではありません。
出かける時に自転車にするか車にするかで一悶着がありましたが、
まあこれも恒例といえることです。
結局、モワが朝の畑仕事で多少疲れ気味なので車ということに
なりました。 
二人で出かける時はどこかで必ず軽い口げんかが盛り込まれます。
これがないとピリッとしないのがg夫婦です。

雪が振っている所もあれば、東京、静岡では桜の開花も報告されて
います。 日本は広いものです。


08年池の上の桜.jpg
桜を見るとなんだかほっとします

08年泳ぐ鯉のぼりと桜.jpg
鯉のぼりも元気に泳いでいます

しだれ桜 08年.jpg
ここのしだれ桜はなかなか立派なものです





ランキング 続きを読む
2007年11月29日

紅葉・借景の紅葉

 
今日の紅葉シリーズは家の前の借景です。

紅葉・借景@.jpg



紅葉・借景A.jpg



ランキング 続きを読む
2007年11月28日

初冬の風景 第二幕

光明禅寺の紅葉狩りの次は近在の秋の風景です。

07年紅葉の木々.jpg


07年青い空と紅葉.jpg

07年青い空と赤い柿.jpg






ランキング 続きを読む
2007年11月27日

初冬の風景

今年も紅葉狩りに出かけました。

本来の赤、黄色ではないようですが、まあまあの紅葉でした。

今日は、初冬の風景をご覧下さい。

07年光明禅寺.jpg
毎年恒例の光明禅寺へ今年も紅葉狩り

07年光明禅寺A.jpg

07年光明禅寺B.jpg

ランキング 続きを読む
2007年07月15日

博多山笠を見に行った

午前2時起床、千葉の友人と一緒に博多山笠を見に行った。
あいにく台風の影響で雨模様だったが、予定通り山は走った。

男の祭りだけに勇壮そのものだ。
4時59分、最初に土居流が太鼓の音と共に櫛田神社へと
流れ込む。
07年土居流.jpg

その後ぞくぞくと七つの山が動く。
今日は山笠写真集です。

思わぬハプニングが待っていた。

老いも若きも.jpg

ランキング 続きを読む
2007年05月06日

有田の陶器市に行って来た

歳取ると人混みの中に行くのは気が引けるようになりますが、
モワも休みの日は一人で過ごすことが多くなりました。
しかし、今年の連休は息子夫婦がどうしても有田の陶器市に
行くと言うので仕方なく重い腰を上げた。

明日からは雨の予報が出ているので恐らく今日の人出はかなりのものになるだろうと思って時間をずらしての出発とした。

10時半に出発し有田に着いたのは14時半くらいだった.


今年104回目となるこの行事はさすがに年季がはいっているだけに全ての運営が官民挙げての協力体制が出来ており、駐車場にしても近くの民家、中学校などを開放し(有料¥500)ていて
駐車違反などは殆ど見られなかった。 
有田中学の駐車場.jpg
アルバイトの学生達が誘導してくれました

警察は迷子の放送をしたり交通整理をしたり、道案内をやっており、郵便局もちゃっかりゆうパックを開設している。

2日が11万人だったというから今日はそれ以上の人出になっているようだ。でも流れが止まるほどではないので人の顔も厳しくはない。
多くの人出の有田陶器市.jpg

モワはもう少しこじんまりした通りを予想していたが、結構長い商店街になっており一軒づつ見ていると二三日はかかりそうです。  息子はもう四年通っているので様子が分かっており、
自分の好みの店も把握しておるようでした。

ランキング 続きを読む
2007年03月31日

春・満開 サクラ・桜・さくら 2007年

今日も7時27分より朝歩き始める。
曇天、風強し。 気温は18度位かな・・・。

いつものコースから少し遠出して、早朝の花見と洒落込みます。

桜と鯉のぼり2007年3月31日.jpg
鯉のぼりも風にソヨイデいます。
桜の雑学事典

ランキング 続きを読む
2006年11月25日

紅葉狩り 続き

大宰府駅前で蕎麦をご馳走になり、
喧嘩も落ち着き、次は駅から歩いて数分で行ける禅寺があります。
光明禅寺の看板.JPG


この光明禅寺の風情は四季折々に季節を感じられ
一時でも喧騒から逃れられます。
拝観料¥200を払い石庭を眺めに行きます。

2006年11月19日光明禅寺.JPG
やはり本来の紅葉ではないようですね。

今日はのんびりと禅寺の枯山水に浸って下さい。



ランキング 続きを読む
2006年11月22日

大宰府 紅葉狩り その一

日曜日紅葉狩りに行きました。
去年も紅葉らしき紅葉は見られませんでしたが、
今年はどうでしょうか?

小雨の中、竈門神社までバスにて行きました。

竈門神社ちょうちん.jpg

宝満山という手頃な山があり、いつか行ってみたいと
思っていました。
竈門神社紅葉.jpg
ほんの一部しか紅葉は見れませんでした。

??吟〓??〓.jpg
数頭の鹿さん達も神社内に飼われていました。
しかし、悪臭には驚きます。

頂上までは雨も振り出したので次回に延期しました。

竈門神社階段.jpg
やはり、温暖化の影響でしょうか、紅葉は少ないようです。

その後、大宰府駅前にて昼食とする。
私は、久しぶりに蕎麦が食べたかったので、
家内に“てんぷら蕎麦定食頼む”と言い残してトイレへ・・・。
席に帰って注文の確認をすると、
“蕎麦ではなくてうどんを頼んだかも・・・”
などとしどろもどろに返事をする。

“バカたれが”“あれほど蕎麦と言ったやろ・・・”
“今日は蕎麦がとにかく食いたかったんや・・・”
食い物の恨みは大きいのだ。
あたりかまわず、いい大人が大声で喧嘩を始める。

ランキング 続きを読む
2006年09月24日

長崎街道・大村宿の旅

秋の一日、長崎街道大村宿を散策しました。
9月22日.jpg

日本全国の商店街は半数以上がシャッターを下ろしています。
ここ大村でも例外ではありません。
人通りはほとんどありませんでした。
大村商店街.jpg

寝転ぶ犬.jpg
こういう状態ではだめですね。これもJKの残した
負の遺産の一部です。


ランキング 続きを読む
2006年06月25日

6月の田園地帯と 『UFO』かな?

 今日は赴きを変えて田園風景を・・・。
 一部、偶然に『UFO』らしき円盤が写っておりました。

佐賀の田園地帯.jpg
 佐賀の田園風景

諫早地方の田植え.jpg
 諫早地方の田植え風景

水田の水.jpg

 山地での水田は、水の流れが本当によくできています

そして偶然の産物『UFO』かどうか?



ランキング 続きを読む
2006年05月06日

山口線SLと【博多どんたく】 

 新山口(小郡)から津和野までSLが走っています。
 以前の【C571】は修理中で今は【C56160】が代走です。

 SL C56.jpg
 
 C56160汽笛.jpg
 汽笛の音はいつ聞いても郷愁をそそられます

C56160・鉄の芸術品.jpg
 SLは正に動く鉄の芸術品です・見飽きない
 今のコンピューター制御の乗り物より感動する

c571.jpg
  修理中の【C・571】


鉄の芸術.jpg
 早く回復して下さい

 そして・博多では・・・。

ランキング 続きを読む
2006年04月12日

牡丹(芳紀)の花開くまで

<4月11日早朝 蕾の時>
4・11二輪の牡丹.jpg


<4月11日 夜 雨水に濡れている> 
4・11夜の牡丹.jpg

 そして、4月12日 朝の表情は・・・・


ランキング 続きを読む
2006年04月09日

春爛漫 山口編 【一の坂川の桜】

一の坂川最初の桜.jpg

この一の坂川は源氏蛍の生息地としても有名です。
川がきれいなのは勿論、護岸もあまりコンクリート
でやっていないので、両岸には川草が茂り、
今は少なくなった日本の原風景の、幅数メートルの小川です。
4・7一の坂川枝垂れ桜.jpg
 五重塔から一の坂川へ下る入り口の枝垂れ桜

約一キロ位の川の両岸には桜が見事に春を競っています。

川と桜と山.jpg
 山と小川と桜・・・自然が一番




ランキング 続きを読む
2006年04月08日

春爛漫 山口編【国宝瑠璃光寺五重塔】

 桜を追っかけて北上、山口へ・・・・
以前【国宝瑠璃光寺・五重塔】は紹介しましたが、
今回は桜に囲まれた、春の姿をご覧下さい。
4・7五重塔遠景.jpg
 <五重塔遠景>春そのもの!絵に描いたような春景色!

4・7桜と五重塔.jpg
 <桜と五重塔>桜はその存在によって周りを和ませる


4・7池と五重塔.jpg
 <池に映える五重塔と桜> うっとりします

まだまだ 春は続きます・・・・

ランキング 続きを読む
2006年04月05日

春爛漫 第二幕

4月1日に下見に行っていた花見に
今日はM夫妻と行きました。

M家に迎へに行ったのですが、いつもの道のつもりが、
某マンモス大学近くに地下道が出来ており
ついついそのまま順道と勘違いし、
かなり西の方までトンネルを突き抜けてしまった。

要するに迷ってしまった。知らない道でもあり少し予定より
遅れる旨を連絡し、まごまごしながら5分遅れでM家に到着。

少し曇っているが、まあ雨の心配はなさそうです。
浄水池まで上りそこでも車から桜を眺め、
目的地の公園にたどり着く。

あまり天気も良くないので殆ど人影はない。
昨日と同じように貸切り状態での花見となった。
M君の奥さんとは以前にここに来た事があるのですが、
M君は初めてなので甚く感激しており、
“なんで去年は俺が来とらんかったとかいな?”などと
ブツブツ言っている。
“会社の旅行じゃなかたとや?”
“ああーそうやったね” 
なんとも長閑な風景である

桜以外の花も一面に咲いており時間の流れが止まったようです。
いつも時間の追われている現代人は自然に触れることがたまには
必要ですね。 
 
いつもネオンの下でクダヲ巻いているMB君もKS君も
たまには青空の下で健康的な時間を過ごして下さい。


それでは春爛漫第二幕を写真でご覧下さい。

ランキング 続きを読む
2006年04月01日

春 爛漫!

今日から4月。しかしまだ肌寒い一日の始まりです。
恒例により朝歩きに出かけました。

今日は趣向を凝らして春爛漫の写真を紹介します。
明日はAM君夫妻と花見の予定ですが、雨予報なので
花が散る前に一人花見を楽しんで来ました。

池と桜.jpg

さすがにまだ時間も早く、かなり冷え込むので
人影はなく本当に独占状態で桜に囲まれて春を満喫
して来ました。


4月1日水面桜.jpg

桜以外の花達も喜びを花一面に表わしていました。
4・1桜と花壇.jpg

花壇の花.jpg

春をご堪能下さい。

ランキング 続きを読む
2006年03月08日

長崎は〜今日は〜晴れ〜だった♪

早春の長崎の1コマ
 
今は修学旅行生も無く、
観光客だけで比較的落ち着いている中華街
3月7日の中華街.jpg

中華街の中では、こじんまりしている
この店は
餃子とやきめしが非常に美味い。
(餃子¥500、やきめし¥700です)
なかなかこれだけの美味さには出会えない
恰幅のいいおばさんが料理しています。
桃花園.jpg
中華街入って直ぐ左側にあります。
親父はあまり愛想よくないよ。





ランキング 続きを読む
2006年02月19日

早春の別府湾と車内誌【Please】の記事より

《別府駅前のどでかい看板》
でかい看板.jpg
ビルの高さの半分以上の大きさの看板・・・
後ろからの風を受けると倒れそうな???の看板!

別府湾と別府市.jpg
 
まだまだ寒い日が続きますが、もう春は訪れています。
早春の穏やかな別府湾と別府市街地

大分までの移動はJRのカッコイイ電車『ソニック』です。
この車内には中身の非常に濃い小雑誌が無料で置いてあります。

それは【Please】という車内誌です。
2月号 <NO、225> 
にも面白い記事が掲載されていました。



ランキング 続きを読む
2006年02月06日

おいでませ 山口 第四景

 瑠璃光寺境内にはいろんな仏様が安置されています。
こういう仏様もありました。
痛み取り仏様.jpg

案内にあるように
自分の体の痛いところ、悪いところを触ると
そこが良くなるというありがたい仏様です。
タ物痛み取り仏様.jpg
早速私も、周りを見廻し
そっと頭と背中を優しく撫でました。
也意菩薩.jpg

本当に優しい顔の弥勒菩薩様もいらっしゃいます。




ランキング 続きを読む
2006年02月05日

おいでませ 山口 第三景


 瑠璃光寺境内には【国宝・五重塔】はじめ
いろんな像、仏像、お地蔵様、等が設置されています。

 『司馬遼太郎』街道を行く《長州路より》

“長州はいい塔をもっている・・・・”

司馬遼太郎・石版.jpg
    こういう石版もあります。

五重塔須弥壇阿弥陀如来像.jpg

  期間中だけ開けられる、中央の須弥壇。
  阿弥陀如来像と大内義弘のブロンズ像
  が安置されている。

ランキング 続きを読む
2006年02月04日

おいでませ 山口 第二景


 2月から山口商工会議所、山口お宝実行委員会主催
山口市、山口市教育委員会後援で各地のお宝を紹介しています。

今回は【国宝瑠璃光寺五重塔】を始め、
香積寺旧地にあるお宝拝見といきます。

出迎えは【種田山頭火】さん
山頭火アップ.jpg

五重塔遠景.jpg
五重塔遠景

画聖【雪舟】の像もあります
雪舟.jpg

 【雪舟】・・・・1420年備中に生まれる。
   京都の相国寺に入り、禅学と画技を学ぶ。
   40歳前後に山口にて雲谷庵にて画筆に親しむ。
   1467年大内氏の遺明船にて中国へ渡り絵の修行に励む。
   帰国し、山口に居住していたが、又、放浪の旅に出る。
   1486年ごろ雲谷庵に戻り多くの傑作を残す。
   国宝『四季山水図』もここで描く。
   雪舟は朝な夕なこの近くの山裾からこの五重塔を眺め
   山口の美しさを感じていたと思われる。

位置情報この寺の入場はどこかの観光地みたいに
    入場料なんかは取りません。
    無料です。
    車での方は早めに行かないと
    かなり混雑しています。

ランキング 続きを読む

雪の朝

  やっと節分を向かえ

 春の訪れを期待していたのに・・・

 春どころか、冬に逆戻りの雪の朝です。

 今日は雪景色をご覧下さい。

椿と雪.jpg


畑と雪.jpg
 畑もすっかり雪

ランキング 続きを読む
2006年02月02日

おいでませ 山口

 新山口駅正面にて【種田山頭火】さんが出迎えてくれる。
種田山頭火横下.jpg


『まったく雲がない笠をぬぎ』
まったく雲がない笠をぬぎ・石碑.jpg

【種田山頭火】は、さすらいの旅を続け、
質の高い自由律俳句を作り続けた層雲派の
俳人で「昭和の芭蕉」と言われた。

昭和7年から13年まで小郡町矢足に住み、
家を《其中庵(こちゅうあん)》と称し、
生涯でもっとも充実した日々をおくり
《其中日記》を残した。

この句は、昭和5年に旅の途中、
晴天の下で網代笠をとり、
一休みした時に詠んだもので直筆を復元して刻んでいる。

2月は山口お宝展が開催されていて

国宝【瑠璃光寺五重塔】
も塔内を開放しています。

ランキング 続きを読む
2006年01月28日

春の訪れ

 今日の朝歩きの途中で小さな春を見つけた。

梅の蕾がちらほら膨らみ可愛い姿が見えました。

もうそこまで春は来ています。

梅の写真で春の訪れを感じて下さい。

梅全景.jpg
1月28日(土)朝8時55分撮影 
 ゴルフ練習場近くの梅林にて

一部満開の梅.jpg
 一部満開の梅もありました


ランキング 続きを読む
2006年01月09日

結婚記念日

  あなたは結婚記念日を覚えていますか?

 私は【1月10日】だから

 正月近くでまあまあ覚えているほうでしょう。

  明日が『31回目』
    
の結婚記念日です。

   あなたは
  結婚記念日に
  奥さんに何かしますか?

  私は・・・・

ランキング 続きを読む
2006年01月08日

1月7日(土) 節約結婚披露宴の薦め(息子の披露宴)

 朝から雪の予報が出ていたが、何とか雪は降らずに済みました。

なにぶん遠方からの招待客が両家とも数組あったので心配した。

お陰様で、天気も良く予定通りに開始となった。

今回は予算の関係で全てを手作りでやったようです。

手作りの内容は
 ・披露宴の案内状
 ・パンフレット(席順表・式次第)
 ・披露宴スケジュール
 ・司会者(新郎・新婦の弟二人)
 ・映写スクリーン・及び楽器等
 ・引き出物の一部にそれこそ本当の
  手作りのフランスパン
   【サンドール】製の「ソフト・ジャンボ」です。

   以前紹介した香椎の美味しいパン屋さん

   
【サンドール】

   朝から別注のパンを作って呉れました。

フトジャンボ中心.jpg
 皆さんに喜んでもらいました。
 手作り・最高です。


ランキング 続きを読む
2006年01月01日

我が家の正月風景

  あけましておめでとうございます。 
鏡餅.jpg
   今年も宜しくお願いします。
 
  私は昨年はサンザンなゴルフでした。
 今年はあまり大きな夢は持たずに、
 等身大のゴルフをしようと思います。

  身の程を知った楽しいゴルフに
 徹しようと思います。
ゴルフ額.jpg
  自然体で自然を楽しみながら四季折々に
 マイペースでゆったりとやろうと思います。

  ゴルフ仲間の皆さん今年も宜しく!

   今日は正月
 
  我が家の雑煮を紹介します。

ランキング 続きを読む
2005年12月04日

師走の天神・我が家の前のもみじの紅葉・我が家の野菜達

 《師走の天神》

大丸前のツリー.jpg
 天神 博多大丸前の巨大な電飾ツリー

ツリーのアップ.jpg
 ツリーのアップ

中央広場・ブロンズ像.jpg
 中央広場前のブロンズ像
天神地下街.jpg
 今年の春に延長になった日本でも有数の石畳の地下街

地下街の石柱.jpg
 なかなかお洒落でしょう

鰻・しろ.jpg
 地下街からちと横に入ったところにある
 美味しい鰻やさん、居酒屋でもあります




ランキング 続きを読む
2005年11月26日

宮里藍ちゃんの故郷 《沖縄》 の旅 最終日 U

 【ひめゆり平和祈念資料館】の次にやっと首里城へ

 ※ひめゆりの由来
・・・・『ひめゆり』は食物の花のひめゆりとは
     関係ありません。
     沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校は
     それぞれに校友会誌がありました。
     一高女は「乙姫」、師範は「白百合」
     と名づけられていました。

     両校が併置されることによって、校友会誌も一つになり
     両方の名前の一部「乙姫」の姫と「白百合」の百合
     を合わせて『姫百合』となりました。  
     ひらがなで『ひめゆり』と使うようになったのは
     戦後です。

やっと首里城に着きました。

ランキング 続きを読む
2005年11月25日

福岡市の中心街・天神にある警固公園のイルミネーション

今日は静かに写真で博多の夜景をお楽しみ下さい。
警固公園入り口.jpg

博多の中心地天神にある警固公園のイルミネーションは
博多の風物詩になっています。
イルミネーション@.jpg
今日は金曜日ということもあり、かなりの人出でした。

ツリーとゲート電飾.jpg
そのまま光の芸術を楽しんで下さい

続く

ランキング 続きを読む
2005年11月23日

秋の大宰府散策

  今年も紅葉狩りに大宰府に行きました。

 先月博物館が開館したので
 平日でも多くの人が訪れていました。

 博物館の入場者数は予想より多く、
 一ヶ月で40万人以上の入館者があったそうです。
天満宮本堂.jpg


 特にこの時期は修学旅行が多く
 学生達の姿も多く見られました。
 でもなんだか学生らしい学生は
 少なく感じる今日この頃です。
天満宮.jpg

 紅葉の名所としては
 西鉄大宰府駅の近くの石庭
 【光明禅寺】があります。

 そこに行きましたが、
 残念ながら例年の紅葉は見られませんでした。
光明禅寺.jpg

石庭.jpg
     <まだ色づいてないままの石庭>

 でもいつもこの石庭は
 周りの空気とは違う
 澄んだ空気があるようです。
 今年は紅葉が見れませんでしたが、
 雪の石庭、若葉の石庭もそれぞれ
 趣があっていいものです。

影の石庭.jpg

ふすまごしの石庭.jpg

続く

ランキング 続きを読む
2005年11月20日

SL(C571)を見た!汽笛を聞いた!凄い!

  
  先日新山口駅(旧小郡駅)に行った。
 そこで、C571の雄姿を目の当たりにした。
c571.jpg

 大昔、乗った記憶はあるが
 今こうして大人になった目で見ると、
 本当に鉄の芸術品と言える。
鉄の芸術.jpg
 
 出発の時の汽笛を聞いてなんだか涙が出てきた。
 和太鼓を聴いたときと同じ感覚だった。
 一個一個の鉄の部品が生き物の様に見える。
煙突煙.jpg


続く

ランキング 続きを読む
2005年11月13日

宮里藍ちゃんの故郷 《沖縄》 の旅 U

 【三日目】
 知り合いのタクシー会社に頼んで
二日間沖縄を案内してもらうことにした。
今日は北部を回る。
先ずホテル近くのお菓子工場を見物。

お菓子御殿.jpg

紫芋を原料に
いろんな菓子の製造工程を見ながら買い物ができる。
甘党には最高のところです。
途中【むら咲むら】というところへ案内してもらった。


ランキング 続きを読む
2005年11月12日

宮里藍ちゃんの故郷 《沖縄》 の旅

 【二日目】
「身内の結婚式を那覇の海の見えるチャペルにて行なう」
     (ホテル日航アリビラウエディング)

 ☆サンセット、海、白いチャペル、青い目の神父さん、
 正に絵に描いたような風景でした。
 若い女性が憧れるのもよくわかります。



   ・歌ったこともない賛美歌も
       なんとなく
         メロディーに合わせて歌えました。

 【三日目】
   
  ・朝早起きし約一時間散歩に出かける
  ・近くのゴルフ場にて人のプレーを見物
  ・沖縄の人たちもゴルフ好きが多そうです

位置情報沖縄出身の宮里藍ちゃんが
   日本の女子ゴルフ界をリードしていることは
   否めない事実であり、今後も、ゴルフ界としては
   彼女を国内で喧伝対象としておきたいのは理解できます。

   しかし、彼女の夢である
   アメリカ参戦は是非とも実現させてあげたいですね。

   日本の狭量な協会とか少数のスポンサーの為に
   夢を壊す必要はないでしょう。
 
   彼女は
   今までに無いタイプのゴルファーだと思います。

 つまりゴルフ馬鹿ではないということ。
 これはご両親の教育の賜物であるし、
 本人の並々ならぬ努力の結果でしょう。

アメリカに行き
今以上の素質を磨き
本当のゴルフ界のリーダーに育ってほしいですね。

多くのしがらみから解放してやって
のびのびと
ゴルフの奥儀を窮め
人間的にも大きく成長してください。

小柄な体だけに
今後そのハンディを
どう乗り越えるかが課題といえば課題かな?

藍ちゃんなら
世界中の人々に愛される
素質と教養があると思います。

羽ばたけ世界へ!

出来れば、優作おにいちゃんも
早く優勝して下さい。

彼はトーナメント会場で見ていても
非常に優しいんですね。

子供に
ボールをやったりしているところも何回か見ました。

矢野東も優勝した次は優作だ!

周りに気を使いすぎないように
自分の世界にプレー中は没頭して下さい。

きっと勝てます!




「残波岬の海岸をグラスボートにて散策」
 

・珊瑚が半分は死滅しているそうで
 環境の変化を案内人のおじさんは嘆いていました
・冬には海流の関係で
 もっときれいに澄んだ海になるそうです

・海岸近くには餌付けされた魚達がうようよいます
・おじさんは船の上からパンくずを投げ入れ
 我々に魚達を見せてくれました

・我々も、船から降りて
 持参の魚肉ソーセージを海に投げ入れ
 魚達と遊びました(なんとなく小学生の絵日記風)


   沖縄の海は澄み切った感動ものの紺碧の海でした
   このままこの青さが永久に続くように・・・続く
    
2005年11月06日

4日間の沖縄の旅(11月2日〜5日) 

 【一日目】 

   秋の福岡から夏の沖縄へ(毎日28度前後)
   暑い、暑い、まいった、まいった
   今年二度目の夏

   残波岬のホテルに宿泊

残波岬・パーク.jpg

   夕日が素晴らしかった

夕日.jpg


   近くに巨大シーサーもいる
   テニス、ゴルフ、グランドゴルフなどの施設もある
   勿論 水泳OK!


ランキング 続きを読む
2005年10月23日

東京小話・パートU 上野にて遊ぶ

 上京する前に上野で【プーシキン美術館展】をやっている
という情報は知っていた。

この際是非行って見ようと思っていた。

特別の美術勧賞家でもないが、なんとなく
印象派の絵は一度実物を見たいとは思っていた。

プーシキンカタログ.jpg


 上野に行く前に話しは昨日の続きから・・・

すっかり遅くまでご馳走になり、
いつ寝たのかもはっきりしない。

次の日八時頃目覚めた。
O君はもう起きて庭で寛いでいた。

庭の柿の実がたわわに実り、秋を実感させる。
周りの柿よりなんだか実が大きい。


“ここの家の柿は他より大きいなー”
と質問すると。
O君曰く
“ああ、隣の畑から栄養分が地下から来るもんね”

との答え。

隣の畑を覘くと、本職の人が作っている
見とれるほどの、はくさい、キャベツ、大根、などが
ほれぼれするほど見事に栽培されていた。

そこの畑から、
本職の人が作る栄養素が流れ込んでいるんですね。
(どこかの国のようです)

柿の葉の落ち葉を拾い、
外から庭に侵入してきた草木に対して
“勝手に家の庭に入ってきやがって・・
でも可愛そうだから切れないんだよね”

なんて、心優しいところもあるO君でした。

庭の掃除をひとしきりやり、朝食をご馳走になった。
それから、JRにて上野に向かう。

ランキング 続きを読む

東京小話・友人との再会

 久しぶりに旧友達を会うことになり、
日本橋三越本店・ライオン前で夕方6時半に設定した。

ほぼ時間通りに三人が集合し、近くの居酒屋にて
酒盛り開始。

最初は生ビール、それから例によって芋焼酎へと進む。
話は、子供の事、同期の仲間の事、体の事、ゴルフの事、等々
際限も無く馬鹿話が延々と続く。

芋焼酎はとうとう五合ビンが空になっている。
お湯割りだからかなりのピッチですね。
友人Mはほとんど飲まないので、
あとは友人Oと私の饗宴です。

約二時間をそこで過ごし、その場を去った。

店を出た後、M君が、“蕎麦でも食ってくか?”
とのたまう。

彼は胃が小さい割には、よく食う。
勿論我々二人も賛成!

日本橋には結構蕎麦屋が軒を連ねている。
そして、通りにあった一件の洒落た蕎麦屋に入る。

蕎麦や掛け絵.jpg

そこで、Oと店員さんとの面白い会話が・・・




ランキング 続きを読む
2005年10月20日

長崎街道、大村宿の巻

 
  小倉から長崎までの街道が江戸時代にありました。
 そのなかの一つの宿が大村宿です。

長崎街道.jpg

 本陣もあり、大名も宿泊していました。
 今も、ところどころにその面影が残っています。

 商店街は半分以上は店じまいしており、
 今の、日本の経済環境の一旦が垣間見えます。
 なにか寂しい気がします。
でも、その中で、元気に頑張ってる店もありました。

ただや.jpg
商店街に入ってすぐのところにある、
食堂【ただや】 
かなり由緒ありそうな佇まいです。
ここで食べた
【たこちゃんぽん】は美味かった。
大村湾で獲れた大きないいだこが二匹のっていた。
昔風な味のちゃんぽんでした。
看板につられて入ったのですが、タダではなかった。




ランキング 続きを読む
2005年10月06日

長崎の初秋の一日

 【伝統と歴史が現在に同居する街長崎】

   明治維新の推進役であった
   【坂本竜馬】 縁(ゆかり)の地長崎。

  今でも、
  街中に他の都市とは違う雰囲気が漂っています。

   これは、
  街のあちこちに見受けられる歴史のかけらが
  そうさせるのでしょうか。

  やはり、
    異国情緒が
      空気として
        連綿と続いているのでしょうか。

土佐商会の碑.jpg
  【海援隊発祥の地(土佐商会跡)】

土佐商会跡(海援隊発祥の地).jpg

 こういう歴史の碑が
  街中に静かに佇んでいます。
   (西浜の町電停側)

   あまり開発が進んでないのもその原因でしょう。
  街中を走るチンチン電車が
  なんとも言えない
  落ち着いた空気を作っています。

長崎電ヤ.jpg

 車と上手く折り合いをつけて渋滞も
 ほとんど無いようです。
  (大人全区間100円)

電ヤ料金.jpg

   歴史の重み乗せて走っている感じですね。
  竜馬が、あの編み上げの長靴を履いて乗っていても
  違和感を感じない街の佇まいです。

    そして、
 一番感じるのは!

ランキング 続きを読む
2005年09月10日

台風14号上陸の翌日のワンショット

 
【2005年9月8日午前中の有明海】

有明海.jpg


 【特急つばめ】

博多から長崎まで約2時間、
快適な格好いい電車です

つばめ.jpg

 【Please】 
(つばめの車内に置いてある冊子・無料です)

ぷりーず.jpg


今回は220号になり

特集で《屋久島》が掲載されていました。
屋久島の魅力



ランキング 続きを読む
2005年09月06日

日本の穀倉地帯、その他

佐賀の穀倉地帯

佐賀.jpg


もう直ぐ稲刈りの季節です

こういう田園地帯が日本の原風景なんでしょう

続いて、日本の最古の歴史の舞台

日本最古の遺跡



ランキング 続きを読む