2019年10月15日

ジーサンのゴルフスタイル


 加齢とともに体力の衰えは毎年痛感するところです。
ゴルフにおいてはこれが飛距離、集中力などに影響し
スコアはますます悲惨なものとなっていきます。

 そこでなんとか抵抗しようと思って高価なドライバー
を買ったり、クラブを変えたりするのは無駄な散財であり
殆ど効果は出ません。(モワも実証済)


 体力の衰えを認めそれなりに自然体でいることが
理にかなったゴルフスタイルかもしれません。


 具体的に言うと飛距離とパーオンの欲を捨てること!

 この事がジーサンゴルフの楽しみを持続出来る秘訣
だと思います。
若者から見ると馬鹿にするかもしれませんがいいのです。
あなたたちもいつかはこうなるのです・・・・。

 ドライバーを捨てるまでの覚悟は今の所ないのですが、
出来るだけクラブの種類、本数は減らします。
少しでも不安を感じるクラブは全て戦力外とする。

そして
 ※刻みゴルフに徹する!

 ※飛距離とパーオンの欲を捨てる!


 ゴルフが出来ることに感謝しながら
 ゲームを楽しむ余裕を持ちたいものです。


秋ゴルフを楽しみましょう!


ゴルフ ブログランキングへ

ゴルフ ブログランキングへ
    
posted by もわ at 14:31 | 独り言
2019年09月01日

ゴルフトーナメントテレビ放映・・・


 男子プロの凋落が言われて久しいが、現在も
殆ど進歩の兆しが見られない!
女子プロ界の頑張りと比較すると雲泥の差である。

 何が原因なのか?
女子の場合は勿論選手個人の頑張りも勿論であるが、
会長の組織全体への啓蒙、指針作りなども
大きな要因となっている。


 男子の場合は一人二人のスター選手によりかかり
全体の纏まりがなく、ファンサービスも上辺の
ジャスチャーに成り下がっている。

 以前問題になった、片山が象徴しているような
選手達の深層心理はなにも変化していない。

 それに加えてファンを遠ざけている大きな要因は
テレビを中心とするマスコミの進歩の無さである。

 解説陣は、苔の生えた、昔の名前だけが大きい人や
能書きたれのコメンテイターなどが十年一日が如き
シャベクリでお茶を濁している。

 勿論テレビ局自体にも放送姿勢に1ミリの進歩もなく
スポンサーに阿り、忖度し、トーナメントの面白さ
の一割も画面に映し出していない。
スポンサーの多くつく選手ばかりを画面に出し、
そうでない選手は画面に一度も出ない!!!


多スポンサー選手が優勝争いをしている場合は良いとして
そうでない場合も某選手ばかり映し出し、それ以外の
選手の露出度合いは極端に少ない。これは選手に対して
失礼だけでなく、ファンに対しても相当失礼なこと
である。


 今日のオーガスタは雨でどうなるかわからないが、
なんとか多スポンサー選手以外の活躍、優勝を祈る
ばかりです。

  テレビ放送にしてもトーナメント会場にしても
訳のわからん芸能人を招聘したり、テントを張ったり
の客寄せイベントはどうなんですかね???


 ただでさえゴルフ人口が減少する中で、少しでも繋ぎ
の役目をするのがトーナメントなのだから、全ての
関係者が知恵を絞らないと間口は狭まるばかりですよ・・。

 ゴルフを知らない層を呼び込む努力よりも、ゴルフ好きを
納得させ得る企画、放送内容にしないと益々ジリ貧になる
のは目に見えている。

 毎年会場に足を運んでいたモワもここ数年は足が
遠ざかり、ブログで鬱憤を晴らしておりますが、
寂しい限りです。

 
ゴルフ ブログランキングへ

ゴルフ ブログランキングへ
    

posted by もわ at 09:59 | 独り言
2019年08月06日

渋野日向子さんおめでとう!


 ヤッター!期待に違わずやってくれました。
今風でない顔、今風でない名前、
美しく強い日本女性の出現です。


 期待はしていましたが、実現する可能性は
あまり無いのが本音でした。
それにしてもどうしてあんなにミスに強く前向きに
なれるのだろう・・・?
相当の修羅場を潜らないと身につかない芯の強さです。

 これからもミスをパスするスマイルで不貞腐れ選手を
追い散らして優勝を重ねて下さい。

 帰国後はマスコミ連中の追っかけが始まると思いますが
適当にパスして試合に集中しましょう・・・・。


ついでにTVの解説陣を始めコメンテイター達も無視して
我道を邁進して今までにないプレイヤーに成長して欲しいものです。

 相当疲れが溜まっているでしょうが、
オン・オフのメリハリをつけてマスコミとは
程々に付き合って、マイペースで渋野スタイルを確立し
古風な美意識と現代性をおじさん達に見せて下さい。

 ありがとう・・・ありがとう・・・、おめでとう!



ゴルフ ブログランキングへ

ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 14:25 | 独り言
2019年08月04日

女子プロは面白いね!


 先週の稲見の優勝に続いて渋野が頑張っている。
黄金世代、プラチナ世代と益々選手層が厚くなり
テレビを見ていて毎週のように興奮している。

 先週の稲見も新人とは思えない面構えとプレースタイル
どれをとっても器の大きさを感じさせる。又、全英で
活躍している渋野も芯の太さと笑顔がなんともいえない
キャラクターを醸し出している。 この選手は伸びるし
息の長い活躍をしてくれると確信している。


 この二人以外にも小祝も静かな中にも闘志を秘めた
佇まいに共感を覚え、今後の活躍にも期待したい。

 これらの選手達も皆若いのだが、キャリアは殆どが
10年以上であり、技術力は生半可ではない。
メンタルの進歩が今後の鍵になるようです。
勿論本人を取り囲むコーチ、トレイナー、キャディーなどの
スタッフの熱量も大きな条件となるでしょう。


 一つ問題なのはこれらの優秀なプレイヤーの本当の
魅力を伝えるべきマスコミのテイタラクと進歩の無さは
どうしようもない!

 特にテレビの解説者、コメンテイター
(樋口、村口、塩谷、守口、戸張、など)は十年一日がごとき
しゃべくりでお茶を濁している。
これらは無用の長物で折角の選手の活躍を阻害しているし、
視聴者に大きな不快感を与えている。

 スポンサーとテレビ局との関係とか協会等の見えない
裏事情があるのでしょうが、提供者はもっとファン心理を
理解し広角的、革新的臨場感を出していかないと、ファンは
ソッポを向き離脱していく。
要するに独りよがりは駄目!

 スコア結果の原因のまともな解説、選手心理の変化の解説、
番手選択の心理解説、コースマネージメントの解説、
芝、風、砂、ラフ、アンジュレーションの解説、
コースレイアウトの意図、観客の反応、クラブの詳細
など可能な範囲で解説、説明が欲しいものである。

 もう一つ注文するとアナウンサーの起用について、、、。

 少なくとも10年以上のゴルフ経験のある者にやって
頂きたいですね。 もともとディレクターがゴルフ好き
じゃないと真のゴルフ好き視聴者を満足させられないよね・・・。

 ゴルフ馬鹿のディレクターとアナウンサーと解説者が
揃えば鬼に金棒のゴルフ番組が出来るはず!


 それにしても男子プロは寂しい限りです。このままいくと
来年はもっと番組数も減少し、ますますジリ貧になっていく
かもしれません。 関係者の猛省と奮起を期待します。

 今日は猛暑に抗うジーサンの鬱憤バラシでした・・・。


ゴルフ ブログランキングへ

ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 09:37 | 独り言
2019年06月10日

ジーサンのコースマネージメント


 古希を過ぎると老化の速度は急激に増し、
自分の体ではないような錯覚に陥ります。

 特にあちこちの筋肉痛がヤル気を失せさせ、
練習場に行くのも二の足を踏ませます。
それでも日々のストレッチ、歩き、筋トレなどは
続けております。小さな抵抗ですが、これを継続
しないと益々ジーサン速度を加速させます。

 合わせてボケ防止の為に頭の体操も並行して
行っております。つまりラウンド前後の予習、
復習を念入りに行うということです。

@予習・・・コース毎の落とし場所・距離・クラブ選択
      をシュミレーションする。

A復習・・・ミスの原因、成功の原因の確認と反省。

※基本的なコースマネージメントは
        ・ボギーオンの徹底
        ・距離より方向性
        ・ダボを叩かない


誰かが言ってました。

  一打目、二打目の目的は?

【"三打目をいかにやさしく打てるのか?”の
お膳立てをすること!】


今後のモワのゴルフスタイルはジーサンなりの
枯れたゴルフに徹する事です。



ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 08:44 | 独り言
2019年05月01日

スイング軸について ジーサンの独り言


 ゴルフスイングについての理論の中心は動きに
ついての話題が多いようですが、モワの考える
理論の柱は動より静に重きを置きます。

 つまり動きの前のグリップとアドレスが
スイングの要となるということです。

今回は軸について考えてみたいと思います。

 軸については動の理論ほど多くはありません。
一軸、二軸、其々の左右軸となります。
これは年齢による筋肉、関節の柔軟性など肉体的条件が
大きく絡んできますから、殆ど年齢によって納得がいく
軸を選ぶことになります。


 モワも古希を過ぎアチコチ体にガタがきているので、
如何に背中、腰、首に負担をかけない軸を見つけるか
数年間模索してきました。

 辿り着いたのが、【左一軸打法】です。これは一時
大ブームになったことのある理論ですが、今この理論を
声高に唱えるコーチ、インストラクターは余りいないような
氣がします。


 派手な動きではないので余り営業にはならない理論かも
しれません。しかし、モワには一筋の光明となるかもしれない
と密かに期待しております。

 一番の利点は動きがシンプルであり、前述したように体への
負荷が非常に少ないことにあります。合わせて動きの中に
腰への意識が殆ど要らないということです。
つまり体重移動がないと言うことです。(結果的には体重移動は行われる)
この動きがスムーズに出来るのは柔軟性と強靭性を備えたプレイヤーだけです。

 ジーサン及び若者でもカチカチ筋肉、軟弱筋肉では体を
痛めるシゴキでしかありません。後々金属疲労として腰
、背中、首に発症する可能性があります。(モワ実証済み)

 今年はこの左一軸理論を根本指針に、なんとか老体に
鞭打ちながら、出来るだけ満足のいくプレーをしたいと
思います。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 13:58 | 独り言
2019年04月02日

ジーサンゴルフの楽しみ方・・・


 還暦過ぎからの飛距離の落ち込みは凄まじく
どんなに踏ん張っても以前の飛距離には戻らない。

多くの試打会に顔を出し、ショップ巡りも頻繁にやり
ネット上でも情報集めをやり、クラブ探しに奔走し、
ノウハウものにも血眼になり動画も毎日見たりして
多くの時間を割いたが・・・徒労に終わった!

 ここでモワは考えた。 “飛距離の欲を捨てよう”
これからは、”マイナス思考でジーサンゴルフに徹しよう”
”クラブの本数、種類も減らそう。断捨離ゴルフの開始だ”


 プレーのマネジメントも
”パーオンの欲は捨てて、ボギーオン狙いを第一に考える”


 なんだかネガティブゴルフの典型みたいになっていますが、
下手なアマチュアジーサンのゴルフとしてはこのスタイルが
一番の良薬になるかもしれません。(密かな期待)

 今年は体調次第でどれだけの回数ラウンド出来るか
分かりませんがスコアに拘る以上はこれくらいの
覚悟と信念が必要かも・・・!


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 13:37 | 独り言
2019年03月02日

未だ冬眠中


 年明け以来首痛、背中痛、腰痛のトリオ痛に
苦しめられラウンドも出来ないで冬眠中のモワです。

こんな時は静かに中部銀次郎の本を紐解くのが
宜しいようです。

【もっと深く、もっと楽しく】
この本は1989年4月4日に紀伊國屋書店で
求めたものです。(レシート保存していた)

【モダン・ゴルフ】の次に購入した二冊目の
ゴルフ本です。両極にあるゴルフ本ですが、
二冊共30年の付き合いとなります。

 【もっと深く、もっと楽しく】

の表紙に曰く、

 “Play the ball as it lies”
ボールはあるがままの状態でプレーせよ。
これがゴルフというゲームの本質を的確に表現する
ことばではないか・・・・

 裏表紙に曰く、

“私自身はゴルフというゲームは限りなく続くミスを、
どれだけ防いでいくかによって結果が出るものだと
思っている。
ミスを防ぐーーーというのはテクニカルな要素にあるの
ではない。むしろ、きわめて心理的なものにかかわっている。”


ゴルフスイング論で大事なことは、二点だけである。
すなわち


@テークバックで右腰がアドレスした位置より右へずれてはいけない。
Aスイング中、頭を動かすな・・・。 である。



この本にはテクニカルな要素よりその前後の心構えについて
の趣旨が多いが、これはアマチュア、プロ問わず
肝に命じなければならない要素であります。

冬眠中にこの銀次郎さんの言葉を噛み締めながら
春を待つこととしよう。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 13:43 | 独り言
2019年02月05日

アイアンの練習方法


 練習場でのアイアンの練習方法は人それぞれで
いろんなタイプがあるようです。
その中でも一番多いのはターゲットを正面に据えて
ストレートな球筋で最大飛距離を目指しているタイプ
なのではないでしょうか?

 モワも以前はそのスタイルでドンドン墓穴を掘りまくり
大きな迷路に嵌まるパターンが通常でした。
ふとしたきっかけでこのスタイルを変更し今は気楽な
気持ちで玉を打ってます。

 そのスタイルとは
@ターゲットは打てる範囲で広角的に設定する。
A左右にボールを打ち分ける。(スライス、フック)
Bフェースを思い切り開閉する。(クローズ、オープン)
C番手ごとの最大飛距離を求めない。
D番手ごとの高さの認識をはっきり持つ。
Eミスを思いきりやる。
➆打感の感触はしっかり把握する。
G全ての番手でアプローチも行う。

 以上のようなモワ・スタイルですが、
 如何でしょうか?

 兎に角練習場を出来るだけ広く使い、いろんな球筋を
楽しく打つ! 失敗することが練習場での練習です。
意識して失敗を重ねると段々成功の光明が見えてきます。

 皆様方もセオリーお化けを脱皮して自分なりの
究極の自己スタイルを確立して下さい。

 モワも寝違い首痛と闘いつつできる範囲で
マイスタイルの追求を続けたいと思います。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 11:15 | 独り言
2019年01月04日

2019 謹賀新年 


 明けましておめでとう御座います。
モワの昨年の唯一の収穫はドライバー(PING g400)
でした。 使い始めて4ラウンド OBゼロの感激です。

 今までにないドライバーの収穫によりアイアンだけの
構成を考えていたのですが、どうしてもセカンドでの
クラブが必要となりました。 一様 g400の7wは
まだまだ不十分ですが、練習を重ねておりました。

 この7wをキーにFWかHbを模索しております。

まだまだクラブ探しの旅から抜け出せそうもありません。

春までには登録選手を決めて何とか満足のいくスコア作り
を目指したいと思う今年のモワです。

 古希を過ぎ体との戦いがメインとなりますが、なんとか
老骨に鞭打ってゴルフを楽しみたいと思います。

 今年も何卒宜しくお願い致します。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 14:07 | 独り言
2018年12月06日

モワ 今のクラブセッティング


 今年も残り少なくなりました。
皆様方におかれましては如何お過ごしでしょうか?

 モワは今年も収穫の少ない年となりました。
それでも一つだけ良い事がありました。

それは今までにない精度の高いドライバーに
巡り合ったことです。

 【ピンg400 STDモデル】です。
最初は ALTA JCB R シャフトだったのですが、
左右にバラけシャフト交換となりました。 
S に交換し、まあまあの振り心地でしたが、たまたま試打した
【NS PRO Formula B TYPE 55 R】
が非常に感触が良かったので JCB S と二本立てで
方向性重視のドライバーとして使っています。

 総重量313g、手元調子など 年齢にしては
ハードスペックですが、振り心地は最高です。
今までのピンとは打音、方向性など格段の進歩が見られます。

このドライバーを中心に組み立てをしています。

皆さんもスペックは参考程度にしてやはり試打すること、
体感することが決め手になると思います。

 アイアンは【G MAX カーボン SR ・イエロー】
かなり軽量で簡単モデルですが、やっと体に合ってきました。
ドライバーとの重量差がセオリー外ですが、なんとか
やり繰り出来そうな感じです。

 FWは今テスト中ですが、
【g400 7W TOUR 173-75 S】

 パターは
【BETTINARDI BB360 センターシャフト】

 ボールは【プロ v1】

年内数回の予定があるのでなんとか確信を持てるラウンド
にしたいと思っております。

皆様方も良いお年をお迎え下さい。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 10:05 | 独り言
2018年11月03日

ジーサンゴルフの楽しみ方

 
 年取るとゴルフの楽しみ方も変わってくるようです。
友人と楽しみゴルフに徹する方もあり、ある程度スコア
に拘りを残しつつエンジョイする方もあり、健康の
為に体を動かすという方もあります。

 今回はある程度スコアに拘る人のゴルフプレイについて
モワの私見を述べたいと思います。

 殆どの人が還暦を過ぎると体力、視力、思考力の
衰えを実感するようになり過去の小さな栄光も消えつつ
寂しい思いをするのが一般的です。

 そこでなんとか一打でも少ないスコアでラウンドする
為にはモワはクラブセッティングの重要性を一番に
考えます。

 つまり欲を捨てて、距離の欲望を捨てて枯れたゴルフに
徹する事がスコアアップに繋がります。
確かに面白くないかもしれませんが、この考え方が拘りの
鍵となります。

 自分の今の姿、実力をしっかりと見つめ直す!
このことが老人力の源であり刻みゴルフが光明を
見出します。

 その手段としてのクラブセッティングは出来るだけ
本数を少なくすることです。そうです不安があるクラブ
は全て戦力外として、自信のあるクラブだけを選手登録
するのです。極端に言えば10本以内でもOKです。

 見栄を捨て、使用回数の少ないクラブはお蔵入りとし
吟味して自信のあるクラブだけを友としましょう。
FWウッド、UT、ロングアイアンなどの使わないもの
などは引退させましょう。

 モワの今のセッティングはドライバーとアイアン、パター
の10本だけです。スコアは以前の14本セットよりも
改善しております。
これで安定すれば、FW、か UT も考えます。

 何れにしても年齢に応じたシンプル思考のゴルフスタイル
が今後の長持ちの必要最低条件になるかもしれません。

 皆様方も御一考されては如何ですか?


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 15:51 | 独り言
2018年08月12日

モワの思いつきスイング理論

 
 スイング理論の数はプレイヤーの数だけあり、
スイングの正誤よりも思い込みの深度が本人の
糧となりゴルフの指針となる。

 今回のモワの思い込みは今巷で評判の【魚突きドリル】
そう山本道場のゴルフ理論です。
1年以上動画を見ていますが、なかなかその本質が
理解出来ず悶々としていましたが、ここにきて
何となくその意味するところが垣間見えて来ました。

 彼の理論は今までの欧米型の理論を根本から破壊し、
日本人の体質、体格、体の習性を活かしつつ体に
優しいスイングです。(内側に引くのが得意)

 モワも40年以上【モダン・ゴルフ】に始まって多くの
理論に振り回されて来ましたが、今でも確信出来るモノ
には出会っていません。勿論年齢による体の変化とか
多くの条件が異なってきますから普遍的なセオリーは
見つけづらいものでしょうね・・・。

 しかしこの【魚突きドリル】の真意はなんとなく
理解出来るような気がします。

モワの理解点を少し紹介します。

◎アドレス・・・右足を軸とする。
     ※視線はボール右側面
     ※体重は右に多くかける(背骨少し右傾斜)

◎テークバック・・・軸を基点に左膝を前に、
              右膝を後ろに動かす。
   ⇒ 腰→胴体→肩→腕の順で捻りあげの動きとなる。
          (雑巾絞りのイメージ)
 ※この時の腕の動きは前→後ろ
          (空手の突きの型)の感覚。
(前傾があるので斜めの動きになるが胴体は回転している)
 ※右脇の空きは了とする。
    (ダウンでは胴体の動きに合わせて脇を締める)

◎ダウンスイング・・・右膝を前に、左膝を後ろに動かす。
     ※全てテークバックの逆の動きとなる。

★スイングには静と動があり、静の部分が正解でないと
 反復性の高いスイングは出来ない。
 今回は割愛しましたが、この静の部分で一番大事なのは
 グリップです。そして動の部分での一番のポイントは
  [股関節] これらは又次回に・・・。


ゴルフ ブログランキングへ


posted by もわ at 08:38 | 独り言
2018年02月10日

ジーサンのゴルフ理論


 キャリアの割には進歩がなく、還暦過ぎからは
坂道を転び落ちるような有様で、ゴルフの楽しみも
半減しこれからどうするかなー??? なんて
思っておりますが、昨年から体に優しいゴルフ理論
を物色し幾つかの参考動画を見つけました。

 山本道場とゴールドワンの二つです。表現の違いが
ありますが、基本の考え方には共通点があるようです。

 その中でも肝はスイング軌道の作り方!
つまり“インサイドからのシャロースイングが芯食いの
ボールが打てる鍵である”という理論です。
 レギュレーションB (2).JPG

 殆どのアマチュアがアウトサイドからの軌道で玉が
バラケ、飛距離も出ません。この原因は
    ❝手打ち❝
 では何故手打ちが起きるのか?
それは、テークバックの始動を手、腕で行い胴体
腰は従の動きとなってしまい再現性のないスイングと
なっているからです。体幹から一番遠い場所からの
動きであり、手、腕は一番意志が伝わる部位だからです。

ゴルフスイングA.JPG

 逆に言うと一番楽な動きであり、焦点への当たりの
確率が低い回転運動となります。
胴体、腰は反対に大きな筋肉であり手、腕に比べると
不器用に見えますが、この部位の訓練、習熟が増すと
非常に再現性の高い運動となります。

アーニーエルスD.JPG

 前傾の角度が安定し、目線のボールまでの距離も固定し
芯食いのインパクトの確率も格段に上がります。
始動を腰(右膝の前押し込み)から始め胴体→肘・腕の
流れにすると自然と右肘は畳まれインサイドアタック
(ゴールドワンの教え)が可能となり
手打ちの危険度は相当下がります。

アーニーエルスE.JPG

 スイングの形は人の数だけありますが、このインサイド
からの脱力スイングが出来れば、ジーサンゴルフにとっても
体に優しいゴルフが可能な気がします。

アーニーエルスB.JPG
 なんとかこの小さな光明を体に習得させ、いくらかでも
楽しみが増えれば今後の糧となるものと確信します。

アーニーエルスC.JPG


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 11:39 | 独り言
2017年12月29日

年末番外編


 相撲の歴史を調べてみると古事記、日本書紀にまで
遡ります。古事記には力比べとして、そして日本書紀
には神事としての奉納があったようです。

奈良時代に現在の相撲の形態になったようですが、
格闘技として相手を殺すまでのことも行われており、
“突く、殴る、蹴る”は禁じ手となりました。

 平安時代には殆ど姿を消したようですが、
鎌倉時代に復興し、その後信長がこの相撲を愛し
多くの催しを開催しています。
江戸時代に入ると神社仏閣建立の資金集めとして
勧進相撲を行いここに職業力士団が発生する
ことになります。

 このような日本立国以来の歴史ある相撲に今、
危機が訪れようとしている。その大きな原因はやはり
モンゴルを中心とする外国勢の相撲スタイルが
日本古来の【心、歴史】をないがしろにして、勝つだけの、
賞金稼ぎ、格闘技家に成り下がっていることである。                      

 何故これほどまでにモンゴル人が日本の相撲界に
進出してきたのだろうか?思うに日本では以前のように
中卒とかで入門する若者が少なくなり
(日本経済と無縁ではない)
人材を主にモンゴルに求めた親方衆が目先の
利益に惑わされ日本人の力士養成、育成を怠ったことも
今の混乱を招く一因かもしれない。

 以前から何回も八百長問題とか野球賭博問題とかで
相撲協会はしっぽ切りだけを行い、再発防止を声高に
叫んでいたが、殆ど根本的な原因追及と再発防止策を
講じないで相撲馬鹿集団のノータリン協会と
成り下がっていた。

今回貴乃花の真意はまだ理解できないが、
その意志を貫き、実現させようと思うなら同士を集め
ノータリン協会と対峙すべきである。
白鵬如き、格闘技家、守銭奴、ヒトリヨガリ、
傲慢家の類は日本の相撲界から追放すべきである。
人格など望むべきもない。
双葉山を尊敬するなどの戯言を以前ホザイていたが
笑止千万!
早くモンゴルへ帰り朝青龍と一緒に
モンゴル相撲でもやっておれ。
この厚顔無恥な輩に厳重注意が出来ない相撲協会
そのものが問題である。

 この際、相撲協会は解体し、本場所も一年くらい
休止して、根本的な改革をやらないとまた
同じ轍を踏むのは間違いない。

相撲取りはある意味命がけでの勝負だから
毎回のガチでは体がもたない。
そこに八百長の工夫がなされていると思える。

年4場所くらいにして本当の日本人同士の
ガチンコ相撲を見たいものである。
又はモンゴルその他の外国人グループの
団体を作るのも良し・・。
それが叶わないのならレスリングスタイルにして
相撲ショーをやるか・・;;。
よっぽどこれのほうが受けるかもしれない。 
(総務省、NHK、その他多くのスポンサー
  も裏仕事で多忙の年末かな???) 

年末は以前の様にゴルフ番組がないので毎日なんとなく
狂乱の相撲場外乱闘を見ているが、ある意味現在の
日本の病巣、世相を炙り出しているのかも知れない・

早くマトモな集団に再生して貰いたい。
落ち着いて魚突きドリルも出来ないよーーー!


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 10:01 | 独り言
2017年12月19日

年末の御挨拶


 今年も残り少なくなりました。
皆様方には如何お過ごしでしょうか?

MOWAは相変わらずの下手ゴルフの一年で
反省する気力も失せつつあります。
加速度的な下り坂です。

加齢による体の衰えは仕方ないとして
それ相応の自分に合った考え方でプレーしないと
、つまり体に優しいゴルフをやらないと
ますますスコアの低迷につながるようです。

しかし、小さな光りも見つけて今後の指針
にしたいと思っております。
それは、先回紹介しました『山本道場』の
ゴルフ理論=魚突きドリルです。

これは、非常にユニークな体に優しい、日本人
の体、思考にあったメソッドです。

一月位前から意識して練習していますが、数回、
今までに経験したことのない玉が打てました。

地面からの力を有効に使うという誠に以外な
理論ですが、これも理に適った部分があり、
闇雲に振り回す習慣からの脱出が見込めます。

小学生からシニアまで幅広くレッスンしている
この山本さんの姿勢は共感すること大です。

来年のMOWAのゴルフはこの理論の理解と
実践での実行にかかっているようです。

針を打ちながら、出来るだけ効率の良い練習で
養生しながらこれをマスターしたいものです。

桜と空.JPG
待ち遠しい春

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 11:00 | 独り言
2017年10月19日

ジーサンゴルフのスイング


 相変わらず、玉を打たずにハリを打っている
MOWAですが、皆さんは如何お過ごしでしょうか?

腰、背中痛の原因は下手ゴルフの結果なのだろうが、
その根本原因はとなると・・・?
考えついたのはやはりスイング自体!

ArtWork

“無理な欧米型のスイング理論で無理に無理を
重ねた結果が今の痛みを産んだ”
この考えに至った。そこでMOWAは考えた。

無理のない年相応の簡単スイングは無いものか?

あちこち動画を中心に捜査活動を始めた。
殆どのレッスン動画は欧米型であり、老体の
シニアには絶対に合わない。

ドライバー@.JPG

その中で面白い動画を見つけた。
「山本道場」これである。
ジュニアからシニアまで教えている。
独特の日本型理論で体に優しい。

今までのMOWAの頭に染みついている理論を
全て否定しているが、なんともこれは今のMOWA
には一番合点がいく理論である。

ヘッドアップA.JPG

【魚突きドリル】などのおもろいイメージ作り
などは“ナンジャコレ”と一瞬思うが、なかなか
欧米型にはない説得力がある。

究極の我流スイングであるが、考え方の
基本を理解すれば、今後の指針となると思う。

ゴルフクラブ@.JPG

これから体と相談しながらこの理論を実践し
体に優しいスイングで今後のゴルフライフを
楽しみたいと思うこの頃です。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 16:36 | 独り言
2017年08月16日

アマチュアゴルファーの勘違い

 殆どのアマチュアゴルファーは勘違いのゴルフ
が多いように思います。(勿論MOWAも含めて)

特にドライバーの飛距離に関しての勘違いが
一番多いのかもしれない。

バーナー2007@.JPG

つまり自分の飛距離を聞かれてマトモに答え
られる人が少ないということ。
換言すれば 《飛距離=最大飛距離》の考え方
のプレイヤーが殆どだということです。

MOWAのドライバーの飛距離に関する考え方は
中部銀次郎さんが言っているように【平均飛距離】
がその人の飛距離です。

まぐれで当たった一発の飛距離を自分の飛距離と
勘違いしている人が多いということ。

PING,G20ドライバーA.JPG

MOWAの単純試算によるOB回数による平均飛距離の変化

@200ヤード⇒1回のOB約14ヤードマイナス=186ヤード
A220ヤード⇒同上  約16ヤード    =204ヤード
B240ヤード⇒同上  約17ヤード    =223ヤード 

一回の0Bを出すことによって平均飛距離は約7%落ち
二回のOBとなると約15%、三回だと約22%、四回
だと約29%のマイナスとなる。

一度実戦でドライバーの飛距離積算をやり自分の本当の
ドライバーの平均飛距離を知ることが非常に大事です。
その事により
◎コースマネージメント
◎クラブセッティング
 等の知恵が得られます。

無謀なゴルフスタイルを変換させてくれるのが
己の事を知ること
・体力
・平均飛距離
・ゴルフの楽しみ方

和製ゴルフ用語.JPG

ギックリ腰でゴルフどころではないMOWA
の楽しみは脳のゴルフゲームです。
体が動かない分 頭で汗かいて夏を乗り切りたいと思います。
皆様方はどこで汗をかいていますか?

 暑中お見舞い申し上げます。 

DSCF7926.JPG


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 16:07 | 独り言
2017年07月01日

今考えること


 相変わらず背中、腰痛の為ラウンド出来ない
悶々とした日々を過ごしておりますが、老化した
頭ではいろいろと試行錯誤しております。

ゴルフクラブ@.JPG

特に考えることは、コースマネージメントについて・・・。

軟弱なジーサンボディーになった為に根本的にスコア
作りについて考えないと誰も誘ってくれない予感がする。

レギュレーションA.JPG

そこで昨今の本を読んだり、ネット検索したりしています。

一つの結論に達しました。 それはクラブセッティングと
コース攻略の根本的な考え方を決めること。
(勿論両者の関連性は密接に連結しています)

マーク金井さんが言っているように

◎ティーショットもセカンドも死なない玉を打つこと!
◎クラブ本数は少ないほうが良い!
◎ドライバーも他のクラブも飛距離よりも方向性!

ドライバー@.JPG

◎全てのホールでボギーオンを目指す!(刻みゴルフ)
◎ロングアイアン、フェアウエーウッドなどは使わない!

刻みA.JPG

これらの忠告が今のMOWAの指針になりそうです。

下手に新しいクラブを物色したり欲をかいたり
することが、簡単ゴルフの邪魔者となる。

今暫く、ラウンドは出来ないかもしれませんが、
体と頭を養生し少しでも満足のいくゴルフをしたいものです。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 13:37 | 独り言
2017年05月06日

誕生日何がめでたい!


 本のタイトルではないが、還暦を過ぎると
誕生日は嬉しくもなんともない・・・。
ただなにがしかのプレゼントを頂けるのが
小さな楽しみではある。まあ子供と一緒ですね。

今年も例によって殆どが酒であった。
居間は完全に居酒屋状態で毎晩酒宴が繰り返される。

DSCF9105.JPG

先月末に?歳になり、ますます脳と体の老化が進んでいる。
先日の同窓会コンペでは53,53⇒106という
大叩きをやり(もう少しで除夜の鐘)老体に
大きなダメージを与えた。

このダメージが今も尾を引き晩酌の愚考の種になっている。

“何故こんなスコアなのか???”考えると益々深酒になる。
“もうゴルフ止めるか・・・”しかし、この勇気もない。

 じゃーどうすりゃ良いのか!自問自答が続く・・・。
[そうか、スコアへの拘りを捨てれば良いのか・・・]
[楽しみゴルフが出来るだけで喜びを感じれば良いんだ・・]

段々酒量が増えてゆく。夜も更けてゆく・・・。
薄っすらと一つの光明が見え出したのは相当のアルコール
が体内に溜まった頃でした。

DSCF9107.JPG

それは❝全てを素直に受け入れる❝という天の声でした。
❝スコア、体の痛み、天気、等、抗わずに受け入れる❝

この考えが今後のゴルフの指針となればまだまだ
楽しめる余地がある。 
106の煩悩を少しでも減らせるように今後の目標としよう。
そう独りごちたMOWAでした。

その後も酒行は続いていますが、具体的に長考した
七か条を列挙します。

 @不安なクラブはバッグに入れない。
 Aボギーオンを常に心がける。
 B飛距離よりも方向性。
 C刻みに徹する。(マネージメント)
 Dアプローチとパッティング重視。
 E一所懸命。(結果は受け止める)
 Fゴルフ出来る喜びを感じる。

DSCF9108.JPG

なんとかこの七か条を肝に銘じ、ジーサンゴルフを
楽しみたいと思っております。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 09:40 | 独り言
2016年12月12日

還暦過ぎゴルファーのクラブセッティング 二打目のお助けクラブ


 いよいよ今年も残り少なくなりましたが、
皆様方に於かれましては、如何お過ごしでしょうか?

年末ゴルフを楽しんだり、今年の反省に浸ったり、
来年の計画を立てたり・・・。

MOWAの場合は例年の通り
反省、反省、反省の日々です。
特に今年は背中、腰痛に悩まされ
加齢を恨めしく思うばかり・・。

しかし、何とか治療を重ねながら、来年こそは!・・と
懲りなく頭脳ゲームを楽しんでいます。

振り返ってい見るとゲームの良し悪しは結局
ゲームプランがしっかり出来ているかどうか・・・
これが一番のポイントになるようです。

 無謀に飛距離だけを追求し、飛ばしに喜びを
見出すのは50歳までの話で、一般のアマチュアは
この齢を境に根本的なコースマネージメントを
考えるべきなのかもしれません。

それに合わせてのクラブセッティングが非常に
大事になってきます。
今までの失敗の確率の一番高いのはセカンドでの
ミスショットだったような気がします。
勿論ティーショットでのOBは致命傷となりますが、
これは飛距離を望まなければ、改善は十分に可能です。

 そして、大事なのはこのあとの二打目をいかに打つか!
慣れないFWで飛距離を稼ごうとか、ツーオン狙いとか
己を忘れた無謀な賭けに出るのが、大方のオトーサン達の
習性です。MOWAもそれを代表する愚か者でした。

 ティーショットを生かすも殺すも二打目にかかっています。
この時のクラブ選択が大変重要なポイントとなります。
皆さん方はどのような攻め方で、戦略でクラブを選び
ますか?

ゴルフクラブ@.JPG

 勿論残りの距離により攻め方は千差万別ですが、肝心
なのは安全策を取るか、無謀な賭けにでるか・・・この
二者選択がゲームプランの鍵となります。

 二打目の成功、失敗によってスコアは大幅に変わります。
ボギー狙いでも上手くすればパーのご褒美、悪くてもボギー。
ここで大欲をかくと大叩きの原因となります。

 そこでmowaは日々の反省を重ねる内に
お助けクラブとしてハイブリッドに委ねることに
しました。

以前から試打を重ねて好感触だった、ピンのg30。
これの19度、22度、26度 (TFC390,SR)
を二打目の指名クラブとしました。

DSCF8901.JPG

距離は160から200を打てれば本望です。
これも飛距離よりも方向性重視でクラブを握ります。
 
DSCF8902.JPG

まだまだ本番での経験が浅いので使いこなすまでには
相当な時間がかかるでしょうが、なんとか自分のものと
して、ジーサンゴルフの枯れたゴルフスタイルの一助
にしたいと思っております。

 皆様方もより良きゴルフライフを!

 良いお年をお迎え下さい。 
                

ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 09:39 | 独り言
2016年10月17日

松山英樹おめでとう。ホークス残念!


 予想通り松山の一人勝ちで今年の日本オープンは
幕を閉じた。 
世界レベルと日本レベルの差が鮮明に出た試合だった。

DSCF7588.JPG

 松山がいなければ池田の優勝だったのでしょう。
先週の優勝もハウスキャディーだったし、今回も
帯同キャディーは使わなかった。
これが今の池田の好調の原因かもしれない。

 しかし、これからの日本男子ツアーは松山、石川不在に
なるので役不足は否めない。もっと底辺拡大しスター
を輩出しないとじり貧は免れない。
女子プロ界の爪の垢でも飲んだらいいのかも・・・。

 そしてホークスのダラシナサ!!!
と言うよりも工藤の采配ミスが、冒険しない安易な
温情主義が試合の流れを台無しにしてしまった。
短期決戦ということを完全に無視した馬鹿采配であった。

 逆に栗山監督のクールな選手起用は的を射ており
読みの深さと感の鋭さが随所に出ていた。
広島との対戦が非常に楽しみになってきた。
緒方監督のクールさと栗山監督のクールさの勝負になる。
どちらのクールが勝るのか?

 まだまだテレビが楽しめるぞ・・・・。

しかし、mowa家では昨日のホークスの負けに
よって些細なことで夫婦喧嘩が始まり、昨日から
今朝にかけて冷たい空気が漂っている。

 このままいくと晩酌の肴が減らされるので早めに
手を打たないとサビシーイ晩御飯になる。
夕方までに折り合いの算段をしておこう・・・。

 ホークスの感謝セール、
   残念セールなどには絶対行かないぞー!


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 09:36 | 独り言
2016年09月19日

マークセン圧勝!


 今年の日本シニアオープンは
予想通りマークセンの独走による圧勝に終わった。
過酷な条件の中での67というスコアは素晴らしい。

ペアの鈴木との相性が良かったのも勝因の一つとして
挙げられるでしょう。 二人とも50歳の新顔で
やはり体力的に有利だったのかもしれない。

 3日目に突然の不調に陥った室田も還暦過ぎの
体力には限界があったのでしょう。
渡辺もさすがに4位に食い込みしぶとさを発揮しています。

 マークセンの勝因は飛距離そしてパッティングに尽きます。
長い距離でもOKの距離に寄せる感性はぴか一です。
鈴木がこのパッティングの技術を持っていれば
勝っていたかも・・・。

 今回も多くのドラマが画面から伝わりました。
ますますこれからもシニアの大会が盛り上がりますように。

 MOWAは相変わらず針治療で養生に努めておりますが、
傷んだ筋肉はなかなか回復せず、玉を打てないストレスで
毎日悶々と過ごしております。
いつになったら思い切り玉を打てるのか・・・嗚呼ー!

DSCF6982.JPG
 
健康な皆様方は秋の青空に向かってドライバーを
振り回して下さい。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 09:59 | 独り言
2016年09月17日

日本シニアオープン


 今年も面白い展開になってきました。
レギュラーツアーより選手の顔、個性が鮮明で
一人ひとりのドラマが垣間見えます。

昨日までの成績からするとやはり本命はマークセンと
室田になるでしょうが、曲者渡辺とミノザも見逃せません。

渡辺司.JPG
 
要注意は習志野ccの小溝選手かもしれません。
こういう新人が優勝でもするとますますシニアの大会が
盛り上がりますね。

 四日間の大会だから体力勝負になるとおもいますが、
鉄人室田、キン肉マン マークセンリードは間違い
ないものと思われます。
最終日の天気も勝敗を分ける大きなポイントに
なるでしょう。

いずれにしても今日、明日はテレビに釘付けになります。
それと、ANAオープンでは、石川遼君も首位発進で
好調を維持しているようです。

DSCF7586.JPG

 毎日、市場関係とか税金食いのシロアリ議員達の
イヤーなニュースが多い中でシニアのおじさん達の
元気な姿は一服の清涼剤になります。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 09:18 | 独り言
2016年07月29日

東京都知事選


 都知事選もいよいよ終盤に入った。
今回も相変わらずのメディア偏向の選挙となっている。

21人もの候補者がいるのにメディアが取り上げるのは
3人だけ。
毎日毎日この3人だけの情報を垂れ流している。

殆どの国民が候補者は3人だと思っている。
これは何物かによる情報操作としか思えない。

しかし、これらの妨害に負けず孤軍奮闘している
候補者が一人居る。

桜井 誠 なかなかの侍である。

恐らく当選は叶わないだろうが、彼の得票数が
意味するところは大きなものがある。

票の操作が無ければ相当の獲得票があるものと
思われる。 

参院選比例では青山繁晴さんが当選し、多くの
国民の支持を得、国政に大きな影響を期待される。

そして今回の知事選、桜井誠の票がどれだけ伸びるか
によって今の都民の民度が計られる。
ひいては今後の全国民の民度を熟成させる
大きな材料となる。

球打ちが出来ない憂さ晴らしに東の選挙の
推理をやっているMOWAですが、皆様方
は真夏の球打ちは楽しんでいますでしょうか?

ベット.JPG

正選手の選択作業は継続していますが、あと一息
のところまで来ました。
”道具だけ揃えて活用しないのは・・・・?”
外野から多くの声が聞こえてきますが、
少しでも体を元に戻し、道具をしっかり活用
出来るように時間をかけて養生します。
オーガスタももうすぐ開催されます。
DSCF8461.JPG
昨年の一風景

暑い日が続いておりますが、皆様方も
ご自愛下さい。


ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 11:14 | 独り言
2016年07月13日

青山繁晴 見事当選!


 出馬表明以来選挙運動を見守ってきたが、
今までのスタイルとは全然異なる手法でたまげた。
 
組織もなく数人のボランティアで運動を展開し48万以上
の票を獲得し二位当選。
一位がガチガチの郵政組織票だから
実質個人ではトップ当選といっていい。

今まで多くの選挙運動を見てきたが、彼の言葉ほど
感動を覚えた候補者はいなかった。

 ほとんどのノーナシ候補者は名前を連呼するか、
土下座するか、決まりきった文句を並べるだけかの
ロボットでしかなかった。自分の言葉を発する
者は一人もいなかった。

 キャリア、思想、人格、先見性、度胸、話術、
ユーモア、等々今までになかった候補者です。

 以前“自民党をぶっ壊す”と息巻き、米国の馬鹿ブッシュ
とタコ踊りをやり、イラク戦争に真っ先に全面賛成した
ワンフレーズお調子者首相がいたが、こんな単細胞な
フレーズではなく、青山さんは同じ”ぶっ壊す”でも
多面的に多くの情報をもって、芯から自民党内部の
意識改革をやるつもりである。
(一期6年だけだそうです)

 今回の出馬は首相が直接電話で青山さんに依願してきた
そうです。(以前から付き合いはあった)
要は自分の味方としてS.Aは青山さんを起爆剤にしたかった
のでしょう。 底知れない思想の脈略があるようです。
S.Aの信念は相当に強固で誰かの亡霊が乗り移っているようです。

 今後当選した青山さんが国会にて自民党を
どのようにぶっ壊し内部改革、洗浄するか、非常に楽しみです。

 参院選も終わり、次は都議選となり話題は尽きませんが
そろそろ日本全体も意識改革が必要なのかもしれません。

今日はお堅い話で雨の日の憂さ晴らし・・・。

 玉遊びが出来ない時間潰しにたまには政治の一端を
垣間見て、一瞬でも考えてみるのも一興です。

 皆さんの候補者はどうでしたか?


ゴルフ ブログランキングへ


posted by もわ at 10:21 | 独り言
2016年02月04日

練習場での心構え


DSCF6196.JPG

寒い今日も熱心に練習に励む人達!

皆さん本当にご苦労さん。
MOWAは相変わらずの腰、背中痛の為に
思うような練習が出来ません。

今年も完全に出遅れています。
今まで随分と練習場通いをして来ましたが、
今ほど玉を打たない日々はありませんでした。

玉を打てない憂さ晴らしに歩きの途中にて
練習場に寄り、皆さんの練習風景を見学するのが
楽しみになっております。

そして自分より下手を見つけてほくそ笑んでいる
イヤーなジーサンになっています。

しかし、思うに世界中で日本人程ゴルフ練習が
好きな国民はいないでしょうね。
これはとことん突き詰めるのが好きな国民性なので
しょうか?

練習場で玉を打っている人の殆どが真剣そのもの
眉間に皺寄せ状態、若しくは死に物狂いで必死に
玉を打っています。

ドライバー@.JPG

偶には"クソー”、“アー!!!、“チェー”など
声出しまでしているオジサンも見られます。

これ程真剣に仕事すれば日本経済ももっと
まともになるのになー・・!!!などと
ヒトリゴチルMOWAでした。

要するに完全主義のプレイヤーが多いのでしょうね。
失敗に対する自己嫌悪が強い国民性なのでしょうね。
どこかの国の人のようにノーテンキな気楽さが
日本人には欠けているのかもしれません。

イップス病@.JPG

ボール遊びの感覚が希薄で何事にも真剣にと
いう日本人のDNAが練習場には充満しています。
もっと気楽にボール遊びが出来無いものでしょうか?

バーディ@.JPG

勿論ゴルフゲームは真剣さが必要ですが、練習の時は
必死こいて鬼のような顔をしてボールを引っ叩く
力は要らないのではないでしょうか?
これも鬱憤ばらしの一端なのでしょうか。

そこでMOWAの一言!

●もっと気楽に!
●飛距離追求は止める!
●6番アイアンで近距離から150ヤードまで
 をフック、スライスなどで遊ぶ。
●回りの飛ばす人間は無視する。
●回りの下手オジサンの下手の原因を探す。
●間合いを取りながら玉を打つ。
●その日の目的意識をハッキリ持つ。
●練習パターンを自分なりに作る。
  @単一クラブだけ。
  A不得手クラブだけ。(逆もあり)
  B短いものから長いものへ3球づつ。
  Cラウンドを想定して。  などなど

3パットA.JPG

※練習の本質は気楽にクラブの芯で捉えることが
 一番肝心なことのようです。
 勿論ルーチンワークの固定化も必須の事と
 なります。

  皆さんのご健闘をお祈りします。


ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 16:21 | 独り言
2015年06月25日

還暦過ぎのゴルフ  ドライバーの選び方 W


DSCF8317.JPG
【PING g20 アッタス 3 5R  314g】

ここ数年のドライバーの飛距離の落ち込みには
愕然とするものがある。
加齢による体力の減少が要因であることは
ある程度理解するが、仲間内でも落ち込み度合い
が酷いので悩みの谷間に落ち込んでしまう。

そこでついつい道具に頼る習慣が頭を出し、
現在は3本のドライバーを使い廻している。

3本共に総重量が315g前後なので自分なりにも
重すぎるなーとは思っていたが、やはりHSが
目に見えて落ちている。

DSCF8315.JPG
【g25 TFC360 SR 316g】

何度も計測したが、40を超えることは
殆ど無くなっている。
二三度、280g代の軽量を振った時には
42まで伸びたがどうしても軽量感の
頼りなさが選択の決め手とはならなかった。

バーナー2007A.JPG
【バーナー2007 プロジェクトX 5・5 315g】


ネットにて色んな情報を拾ってみた。

@ヘッドスピードと適正重量

  38m/s・・・275g
  40m/s・・・300g
  44m/s・・・315g
  48m/s・・・325g
  50m/s・・・330g

Aヘッドスピードと飛距離

  女性 33m/s ⇛150ヤード前後
  33−38m/s ⇛180ヤード前後
  38−43m/s ⇛200ヤード前後
  43−48m/s ⇛240ヤード前後
  48m/s以上  ⇛280ヤード前後

B飛距離を出す3ポイント
  
  一、初速
 
  二、打ち出し角

  三、スピン量

C最大飛距離(メートル)=初速☓4

 初速=ヘッドスピード☓1.5

例 ヘッドスピード40m/sとすると

  初速⇒40☓1.5=60m/s
 最大飛距離⇒60☓4=240メートル
           (260ヤード)

Dボールスピードの3大要素

  ◎ヘッドスピード
  ◎ヘッド重量
  ◎ミート率

又、以下の様な適性重量の算出法もある

 ドライバーの適正重量=体重☓1.65+206.5

 この算出方法で計算すると 317.05gとなる

何が何だか分からなくなる???

最終的には試打を重ねるしかないのかもしれない。
これも4−5回条件を替えてやらないと
今の自分に本当にあった魔法の杖は見つからない・・・

ラビリンスに嵌ってしまうとなかなか抜け出せない。

@振りやすく(特に総重量を重視する)
Aミート率が高まる
Bデザインが秀逸な、
C飽きのこない(おもちゃ風ではない)
D高額でない
このようなドライバーはないものだろうか???

勿論自分の体力を知り少しでも老化を防ぐ手立ては
毎日でもやりあちこちの試打会に出向き店員に
嫌な顔されながらも執念をもたないと
良い道具との邂逅は無いかもしれない。

ゴルフもクラブ探しも体力のいる仕事のようです??

皆様方のドライバーは何がエースでしょうか?

ドライバー@.JPG


ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 09:58 | 独り言
2015年05月03日

還暦過ぎのゴルフ ぶら下がりの効用


家人が50肩の矯正の為【ぶら下がり健康器】
を購入した。

DSCF8328.JPG

試しにMOWAもぶら下がってみた。

肩の痛みも感じるが背中、腰の伸びを
感じることが出来、肩の回転も楽になった。

以前は肩を回すとゴリゴリだったが、今は
コリコリ状態で、肩周辺が軽くなり鎧を
脱いだ様な軽快感を実感出来る。

そこでMOWAは考えた。

”ゴルフスイングは加齢とともに
肩が回らなくなり、飛距離も落ちていく”
”このぶら下がりで少しでも肩の柔軟性を
取り戻し、1ヤードでも伸びれば
          ・・・〆たもの”

と例によって安易な自己合点、自己満足の
世界へと羽撃くのでした。

幸い歩きの途中に藤棚がありそこに
ぶら下がりにぴったりの蔦がありました。
本当に誂えたような自然のぶら下がり用具です。

DSCF8326.JPG

歩きの途中にこのぶら下がりを活用し
今は足を宙に上げてのぶら下がりも
可能となりました。
肩周辺が軽くなり、背中、腰のストレッチ
にも効いているようです。

後はこの運動によって実際に飛距離を
伸ばすことが出来るか?
今後に少しの夢が持てました。

飛距離を伸ばすためにはクラブに頼ったり
スイング矯正をやったりストレッチを
やったり自分なりに工夫してきましたが、
今はこのぶら下がりによる肩の柔軟性復元に
一縷の望みを託すところです。
乞うご期待?

皆さんも一度何かにぶら下がって肩の
現状を確認してはどうでしょうか?

連休中にショップでドライバーを物色している
オトーサン!
散財する前にぶら下がりをやりましょう。
痛みを感じたら暫く物欲から離れ、
暇を見つけて
ぶら下がり! ぶら下がり!

出費無く飛距離が伸び、肩こり、背中痛から
少しでも開放されるかもしれません・・・。


ゴルフ ブログランキングへ



posted by もわ at 09:01 | 独り言
2015年04月10日

還暦過ぎのゴルフ ドライバー編V


還暦過ぎるとドライバーの飛距離が毎年
落ちてくる。勿論そうでない猛者も身近に
いるが、MOWAの場合は体のガタが
大きいようで回復の見込みがないようです。

当然そうなると道具に頼るしか無い。
ここ数年多くのクラブを取り替え
幽かな望みを託したが無念にもその
希望も虚しく消えようとしていました。

ドライバーの飛距離は諦め、マネージメント
とかアプローチ、パッティングに活路を
見出そうと必死にモガイたが、どうも
気持ちが晴れないし、すっきり感が
感じられないラウンドが続いた。

そんなある日家内が矯正用に購入した
ぶら下がり器具の効能を目にして
”これ案外いけるかも・・・”とまたまた
儚い夢が舞い戻りました。

当然家内用の器具はMOWAは使えないので
ウォーキング途中の木の蔦とか小学校内の
鉄棒などにぶら下がり、肩関節と肩甲骨周り
をストレッチし始めた。

夕刻小学校の鉄棒にサングラスをかけた
ジーサンがハーハー言いながらぶら下がっている
のを子供達が物珍しそうに、不信げに、怪訝そうに
横目で見つめてサッカーに興じている、春の
葉桜の1日でした。

肩が回らない、背中が硬いなどはそれ程
スイングに影響はない・・・とばかり思って
いましたが、トンデモナイ!

腰、腕、背筋などに気が行くのですが、
股関節と肩関節の貢献度は相当なものが
ある・・・。
またまた悟ったMOWAです。

ぶら下がりだして一ヶ月程ですが、
肩の回りが良くなり、軽くなったようです。

練習場で数回ドライバーを振りましたが、
なんとなく、以前より肩の入りが深くなって
いるような感じがしました。

まあ、実践での結果が出ないと分かり
ませんが、幽かな光が見えたようです。

相棒もPING 『g20』と『g25』兄弟に
して助けて貰うつもりです。

DSCF8317.JPG

DSCF8315.JPG

勿論飛距離だけには頼らない、反省しまくりの
アプローチとパッティングの精度を高める
気持ちは忘れないようにしたいと思います。


ゴルフ ブログランキングへ




posted by もわ at 15:48 | 独り言
2015年03月06日

腰痛再発!


先日のラウンド中に又々やってしまった。
ハーフ折り返し直前にピキーンと痛みの電流が
走り“こりゃーいかん・・・!”と呼吸を
整えゆっくりスイングしてなんとかハーフを終えた。

ペイシャンス@.JPG

残りのハーフをどうするか悩んだが、
折角来てくれている友人達に悪いので
続行することにした。

勿論腰を庇いながらのラウンドだからスコアには
ならない。
この経験はやったことがない人には分からない
だろうが、本当に憂鬱な気分になる。
鉛を腰、背中に貼ったようなものです。

何とか誤魔化しながら手打ちに徹して
ラウンドを終えた。

ここ数年こういう風にならないように
自分なりにストレッチ、筋肉強化など
継続してきましたが、残念、無念!

18日にコンペが予定されているが、参加は
覚束ない・・・。

今年も今まで以上の肉体改造と増進をやらないと
ますます寄る年波に流されてしまう。

トラップ/ハザードA.JPG
大きなハザードに捕まっている気分です。

皆さんも寒い日のゴルフにはお気をつけ下さい。


ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 14:31 | 独り言
2015年02月13日

還暦過ぎのゴルフ ドライバー編U


 先日気になっていたPINGのG30ドライバー
をG5にて試打してきた。
色んなヘッドとシャフトを交互に打ち比べた。

総体的に当たりはまあまあで現在使っている
g20とはヘッド素材の違いもあり打感は
少し異なる。弾きが少し強いのかな・・・。

PING,G20ドライバーA.JPG

方向性も合点がいく球筋であった。
しかし・・・、しかし・・・HSが
なんと38前後???

殆ど40を超えることはなかった。
今まで多くの試打をやり測定してきたが、
今回程低いHSはなかった。
背中痛、腰痛があるにしてもショック・・・。

これはもう"飛距離への望みは断て”と
宣告されたようで2−3日憂鬱であった。
確かに、以前の記事にドライバーの価値観に
ついて書いたことがあるが、まだまだ飛距離への
夢は幽かに持っていた。

この幽かなジーサンの夢も砕かれた思いだった。
恐らくHSを上げるだけのクラブは吟味すれば
存在するのだろうがこの迷路に嵌ると以前のように
ドツボのなかを彷徨することになる。

イップス病@.JPG

もうそんな時間はない。ゴルフする時間がなくなる。
そこで、MOWAは又々、
夜も寝ないで昼寝しながら考えた。

“やっぱり、ドライバーは飛距離は望まず、
 『方向性 命』 でやって行こう”

Far&SureA.JPG
還暦過ぎのゴルファーには
『Far&Sure』は無理なのだろうか?

“10ヤード以上伸びるものが出現すれば
再考するが、ドライバー以外のクラブ修練と
少なくなった脳の活性化を行いコースマネージメント
により、ジーサンゴルフに徹する事にしよう”

“アプローチとパッティングの精度を高めよう”

等など 性懲りもなく夢想しているところです。

測定してくれた物知りの店員さんが言った言葉
を今後のゴルフの心軸にしたいと思います。

『お客さんのミート率は
    平均1.40で凄いですね!!!』

もう少し頑張ってみよう・・・・。

DSCF7813.JPG

梅も咲き始めましたが、MOWAの心中は
まだ冬の寒風が吹いています。

皆さんのゴルフスタイルはどんなものでしょうか?


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 11:17 | 独り言
2015年01月13日

2015年の目標


相変わらず反省ばかりの昨年のゴルフ
でしたが、久しぶりのベストハーフを
更新出来た事が唯一の救いでした。

やはりミスの原因を手繰ってみると

@セカンドのミス
A100ヤード以内のミス
Bティーショットでのミス
C3パット
 等が挙げられます。

今年は@とAを主体に修正し、パーの
数を増やせるようにしたいと思います。

@の修正法
3,4,7ウッドA (2).JPG

 ・fwウッド、hbの習得
 ・苦手意識を払拭する
 ・上げようとしない
 ・打ち込む意識の体得
 ・距離より方向性

Aの修正法
xg6.JPG

 ・ピッチショットとチップショットの習得
 ・クラブ選択の幅を拡げる(固定観念からの脱出)
 ・ライ状況の確認
 ・ルーチンワークとリズムの確定
 ・手打ち防止(腰回転でリード)
 ・左一軸(体重移動なし)のスイング
 ・リーディングエッジの入り方を見続ける
 ・クラブごとの振り幅による距離感の把握
 ・多様なクラブの使い方を覚える
 ・勿論ヘッドアップは一番の敵
ヘッドアップ@.JPG

などなどを一つでも満足できるように今年一年を
ラウンドしたいと思います。
皆様方におかれましても楽しいゴルフライフが
送れるようにお祈りします。
DSCF7319.JPG 
もうじき春が来ます
GOOD LUCK!


ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 09:52 | 独り言
2014年12月15日

還暦過ぎのゴルフ 【ゴルフクラブ編】


そろそろ今年も終えようとしています。
例によって今年も多くの課題を残しながらの
年越しとなりました。

飛距離も落ち、スコアも儘ならず
ストレスが溜まるばかりの一年でした。

歳相応にスコアメイクの方法を考え、
刻みゴルフに徹しようと秋の夜長に
思い至りましたが、まだまだ実現には
程遠い有り様です。

バーナー2007@.JPG

肉体的な衰えは仕方ないとして、それを
カバーしようとしてクラブに頼る習慣が
多くのクラブ漁りに走らせた。

PING,G20ドライバーA.JPG

その結果多くの選択肢が増えただけで
クラブを使い熟せないまま時間と金の
無駄ばかりが老骨を打つ。

これも結局は自分の不安が多くの武器を
持つことによって"安心出来る"という
一種の安定剤みたいなものでした。

しかし、これもクラブを使い熟せない
自分の力不足を増幅させるだけで何の足し
にもならない空回りでした。

先日試しに骨董的な本間のアイアンセット
(CL606 GD)でラウンドしましたが、
ピンG25と変わらないスコアでした。

?b?k?@?U?O?U?f?c.jpg

3,4アイアンA.JPG

これはどういう事でしょうか?
つまり20年以上前のクラブと最先端のクラブ
との差がない事ではなく、MOWAの力が
現代の進歩を甘受出来無い体と頭の構造
だからかもしれません。

”今まで使ったきたクラブは何だったの?・?”
枝雀風に・・・言うと感じが掴めます。

枝雀.JPG

またまた支離滅裂の話になりましたが、
要は今年は(クラブセットの不安定)さが

○己の力不足を露呈させ反省材料の大部分を占めた。
○多くの選択肢が悩みの元となった。

来年はクラブの
・固定化を考え
・決めたクラブしか使わない
・使わないクラブは放棄する
・クラブに頼らない、クラブを使い熟す

そして、
☆老骨が少しでも柔らかくなるように
 日々のストレッチを継続する。

☆これらの考えを元にマネージメントを
 構築していくようにする。
 『刻みゴルフの徹底』

以上を来年の抱負としましょうか・・・。

?C???p?N?g?V.jpg
こういうショットが一回でもいいから打ちたいものです。


ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 11:51 | 独り言
2014年11月18日

還暦過ぎのゴルフ  【コースマネージメント編】


還暦過ぎると一部の人を除いて体力、
視力の低下は目を覆うばかりである。
この時多くの選択肢が出現する。

@ゴルフを止める。
A回数が減る。
B体力増強の為に工夫する。
(ジム通い、ストレッチ、ウォーキング等)
C今まで以上にクラブ漁りに走る。
Dゴルフに対する考え方を変える。
(特にコースマネージメント

貴方はどのような選択肢を選びましたか?
MOWAはBとCをここ数年続けて来ましたが、
殆ど効果は見られませんでした。
ドライバー、FWウッド、Hb等多くの散財
で幽かな夢を見ましたが、駄目だった。

考えてみるとドライバーの飛距離が伸びたとして
10ヤード以上伸びることは殆ど不可能に近い。
仮に、これが実現してもスコアに直結することは
考えられない。逆にセッティングの邪魔になる。

FWにしてもHbにしてもセカンドでのミスの種
にしかならなかった。
3,4,7ウッドA (2).JPG

ここで、硬くなった頭を抱えてMOWAは考えた・・・。
(何処かで失笑の声が聞こえてきそうです???)

❝そうか!飛ばないなら飛ばないゲームプラン
 を考えれば良いのかも!!!❝
レギュレーションB.JPG

❝乗らないパーオンを夢追いしてばかりじゃ
 一生かかっても望むスコアは無理なんだ❝
Far&SureA.JPG
❝算数を思い出して、足し算、引き算を思い出せ❝

❝飛ぶクラブは必要ない、FWキープと
 正確に距離を刻めるクラブがあれば良いのだ!❝
レギュレーションB (2).JPG

❝アプローチとパターは体力は必要ない、慣れと
 少しの知力があればジーサンでもパーは拾える❝

❝パーオンは望まず、全てボギーオンに徹し、
 花道狙いで大欲は捨てる❝

等など考えておるところです。

要は現実の己を知ることが肝心なことで
夢追いの無駄はそろそろ卒業時期なのでしょう。

現実の己で一番先に認識することは1Wの飛距離です。

”貴方の飛距離は?"と聞かれての答えは殆どが
たまーに当たった時の飛距離を応えるのが普通です。
しかし、OB、チョロ、ひっかっけ、テンプラ
等のミスを総合して平均飛距離となると貴方の
飛距離はどれくらいでしょうか?
中部銀次郎アップ.JPG
シングルの人を除いて殆どのアマチュアは180ヤード
も行かないかもしれません。
この飛距離の正確な把握がマネージメントの基本と
なります。
当然二打目の平均飛距離も算数の基本条項です。

そうすると、ミドルホール、ロングホールの
距離に応じた足し算でプランが出来上がります。

仮に1Wが180,二打目が160とすると
足し算で340となります。つまり340超えの
ミドルホールはパーオンは狙えないことになります。
これで良いのです。
あとはアプローチとパッティングで勝負するのが
ジーサンゴルファーの真骨頂なのだ!

飛ばすだけのゴルフは若者に任しておいて、
刻みゴルフに徹するこれが還暦ゴルファーの生きる道!
杉原輝雄アップ.JPG
今は亡き杉原さんも飛ばない筆頭だったが、何度も優勝しています。

火野正平ではないけれど
「人生下り坂サイコー!」右斜め下

これからもどんどん下りながら、すこしでも上を
向いてゴルフを楽しみましょう・・・。右斜め上


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 11:48 | 独り言
2014年10月28日

還暦過ぎのゴルフ ドライバー編

還暦を過ぎると肉体的に(腰、背中、目等)に
変調をきたしゴルフのレベルが下がる。

勿論全てのジーサンがそうとは言わないが、
殆どの人が自分の歳を恨めしく思う。

何とか寄る年波に打ち勝とうとするが、その一番が
ドライバー漁りである。
1ヤードでも遠くへと血眼になって、メーカーの
謳い文句に踊らされて、やれ軽量だ、長尺だ、高反発だ
と右往左往して懐を寂しくし、自己嫌悪に陥る。

MOWAもその人種から漏れず相変わらずのクラブ漁り
の病気から脱する事が出来ず、日々悶々の連続である。

どうしても己の力量と体の現実を冷静に見ることが
出来ないので見果てぬ夢を追いかけている。

しかし、先日のコンペでもHI君に
「gチャン 飛ばんようになったね・・・!」
と静かに指摘された時には流石にガッカリ・・・。

腰痛と背中痛、テニス肘が飛ばない言い訳として
常にあるのだが、この歳になると殆どの人が
何らかの傷害を抱えている。
こんな言い訳ばかりしているから、イカンのだ。

そこで、近頃は考え方を180度変えようと
している。
ドライバー@.JPG

つまり、ドライバーには
@飛距離を求めない。
A過去の飛距離の亡霊は捨て去る。
(大した距離でもなかったが・・・)
B他人の距離は無視する。
Cfwキープを第一とする。

プロでも飛ばない藤田が賞金王になり
シニアの井戸木が全米シニアで勝ったのも
ドライバーの飛距離が全てではないことの
証左でもある。

況やボギーマンレベルに於いてはドライバーは
fwをキープし平均飛距離が180前後を維持
出来れば御の字である。

要するにドライバーは飛距離より方向性
を優先し、第二打、アプローチ、パッティング
に勢力を注ぐのが賢明かもしれない。

野球の投手に例えればいきなり暴投では
組み立てが崩壊する。
ゴルフに於いても第一打がOB、その他のミスだと
ゲームの組み立てが出来無い。

ドライバーA.JPG

菊谷匡祐さん曰く
❝【ドライバー】とは平均すれば5番アイアンよりも
距離が出ないのみならずOBの危険も孕むのに
「もっと遠くへ」というゴルファーの願望を刺激
し続けて離さない、アマチュアにとっては見果てぬ
夢を託すゴルフ用具中最長の不如意棒である❝

みなさんはこの言葉をどう聞きますか?


続けて
❝・・・平均的ゴルファーが最もスコアを乱す
原因は、ドライバーにある。全てはドライバーショット
のミスから始まるのだ。・・・・統計的に言えば
、絶対的にドライバーこそが、アベレージ・ゴルファー
の敵なのである❝

皆さんのドライバーに対する考え方は如何でしょうか?
この答え次第でゴルフに対する考え方の構築が
変わってきます。

MOWAは@~Cを選択し、現在手持ちの
ドライバー3本をどうするか、年内に決断
するつもりです。

クラブ選択とクラブに対する思想は頭の体操
にはなっているのかもしれないが、年寄りの
冷水と言われないようにしたいものです。

中部銀次郎歩き姿.JPG
今一度銀次郎さんの言葉を秋の夜長噛みしめようと
思います。

反省の日々はまだまだ続くようです。


ゴルフ ブログランキングへ



posted by もわ at 11:09 | 独り言
2014年08月18日

還暦過ぎのゴルフ



還暦を過ぎるとゴルフスタイルも随分と変わります。
殆どが老化による体の変調に起因するものです。
世のオジサン、オバサン方はどのような気持ちで
プレーしておられるのでしょうか?

@若者に負けないような飛距離を
 求めているのでしょうか?
A過去の自分から逃れられずまだまだシャカリキ
 になっているのでしょうか?
B欲を捨ててエンジョイゴルフに徹しているのでしょうか?
C友人、仲間、身内などでパスタイムを
 楽しんでいるのでしょうか?
Dクラブ漁りに血眼になっているのでしょうか?
Eゴルフの真髄を悟りマイペースで自己ベスト
 を追求しているのでしょうか?
F兎に角ゴルフが出来る喜びを感じながら
 プレーそのものを楽しんでいるのでしょうか?

歳取るといろんな楽しみ方があるとは思いますが、
一番大切なのは健康ということになります。
先ずはこの最低条件を満たすことが肝心ですね。

MOWAも腰痛、背中痛、に加え、今度は
テニス肘とかも仲間入りしました。
プレーにそれ程の支障はないのですが、50肩と
一緒で改善には相当時間がかかるようです。
まあこれも痛み三兄弟として自分なりに、ストレッチ
歩き、体操などで付き合っていくつもりです。

さて例によって寄り道に入りましたが、本題の
還暦過ぎゴルフに関して進めましょう。

MOWAのスタイルは"スコアに拘る"ということです。
今までは拘りつつも本当にその戦略を考えていたか?
とふと思いつきました。
ただ闇雲に
@ドライバーで飛ばすことを考え⇛OB量産
A無謀にパーオンを狙い⇛OB、ハザードに捕まる
            ダフリ、チョロ、等
Bアプローチでピンを狙い⇛奥につけ、3パット量産
Cグリーン上で状況を読まず、決断しないで打つ。
 などなど反省のない学習しない無謀ゴルフでした。
そこで遅ればせながら、算数に気づきました。
(本当に遅すぎるという声が聞こえてきそうです)

30数年に渡るゴルフ経験の中でいつの間にか
「レギュレーション」という奇っ怪至極な概念に
縛られていたのです。(無意識の内に)

レギュレーションB.JPG

※「レギュレーション」
    ・・・取り締まり、規制、規定、法規
 そうです、己の力を弁えずにこの規定通りに
 パーで上がる方法を考え続けていたのです。

レギュレーションB (2).JPG

己を知らないということ程怖いものはありません。
怖いというより馬鹿を塗り重ねていたようなものです。
この固定概念の亡霊が道具を替えさせ、OB、3パット
を量産させ進歩の芽を摘んでいたのでしょう。

レギュレーションA.JPG

ここで算数を思い出し、コースの距離を把握し直し、
パーオンを捨て、ボギーオンを命題とするように
拙い頭に言い聞かせ、ここ2,3ラウンドしました。

A 勿論ティーショットは飛距離より正確性を第一に

PING、g20,バーナー2007ドライバーB.JPG

B セカンドは刻みに徹し、

刻み@.JPG

刻みA.JPG

C アプローチはピン手前に
D パッティングは距離感を大事に  

ホールカップ.JPG

要は大欲を捨てて今の己の実力を知りピンからの
算数を的確に計算する。
この算数のお陰でここ数年のベストスコアで
上がる事が出来ました。
まだまだホンマモノか疑わしいところ
ですが、方向性だけはハッキリしたようです。

和製ゴルフ用語.JPG  

皆さんの還暦過ぎのゴルフスタイルはどうしますか?

※イラストは 
【世紀末的ゴルフ用語学】(最高のゴルフ本)
(嶋口信義・絵  菊谷匡祐作)より
 借用致しました。 


ゴルフ ブログランキングへ

     


posted by もわ at 17:14 | 独り言
2014年06月23日

竹谷 佳孝さん御目出度う!

いや〜久しぶりに臨場感のある、
選手の気持ちが伝わるライブでした。
民放だとこうはいかなかったでしょうね。

竹谷佳孝.JPG

34歳の苦労人の優勝は名ばかり大学の
ゴルフ部出身プレイヤーとは一味、二味違った
印象を受けました。
一生懸命さがヒシヒシと伝わり、そのマナーの良さも
画面から感じる事が出来ました。

今の大方のプレイヤーが失いつつあるものを
竹谷さんは持っているようです。
ゴルフ三昧のぼっちゃんプレイヤーが多い中で、
異色の存在ですね。

彼の出身母体はゴルフ専門学校ですが、これは
小倉にあります。
以前MOWAも入学案内状を送付してもらったことが
あるので思い出として残っています。
彼の優勝で生徒が増えることを期待します。

それにしても彼のパッティングは神がかり的でしたね。
5メートル以上の距離を難なく入れる・・・こんな
プレイヤーは見たこと無い!

MOWAの観察によれば、軸がブレない、
狙ったところに打つ、(入れようとしない)
ボールの芯をヘッドの芯で打つ、モジモジしない等。
兎に角ラインの読みと、距離感は昨日は世界一でした。

しかし、最後は緊張感で
距離感が合わなくなっていました。(当然ですがね)

ツアー初優勝がメジャーとはなかなか出来無い。
同組に変な日本人が居なかったのも幸いしたのかも
しれない。

最後に某国の若者がケチを付けた大会になったが、
竹谷さんの優勝にはなんら影を落とすことはない。
今後も他の派手なノーマナープレイヤーとは
一線を画す地味ないぶし銀の選手として活躍して下さい。

NHKの融通の良さには拍手を送りたいが、解説者は
もっと明るいユーモアのある人が良いですね。

毎回同じことを繰り返す解説者
自慢話に終始する解説者
十年前と同じことを言っている解説者
視聴者を馬鹿にしている解説者
兎に角不要な解説者が多い昨今です。

テレビを見ているのはある程度のゴルファーが
多いのだからTV局も少しは知恵を絞った
人選をして欲しいものである。

今回は羽川さんで良かったのに?
折角の迫真のドラマが解説者のくだらん雑音で
台無しになるところだった・・・。
が、それを上回るパフォーマンスだったので
救われました。

次回は所・・・さんがゲストなんてのはどうかな・・・。

PS、某国の二位になったプレイヤーの違反行為は
   今回だけなのか?(習慣性があったのかも)
   ふと疑問が湧いた・・・。


ゴルフ ブログランキングへ



posted by もわ at 10:36 | 独り言
2014年05月22日

稀勢の里優勝・・・?

モワの予想・・・
本日の 稀勢の里 VS 白鵬戦は
稀勢の里が寄り切りで勝ち、明日も一敗を
堅持し初優勝となる。

そろそろ白鵬も体の芯に疲れが溜まり
昨日のような油断が生じた。
如何に百戦錬磨の横綱でも肉体的な
衰えは隠せない。

合わせて対戦相手も地力を付けてきているので
今までのような一方的な勝利は手に出来無い。

後、二年以内に、モングルピラミッドも
崩壊し、本当の日本人相撲が数多く見れる
ようになる予感がする。

相撲は格闘技であっても勝てば良いという
格闘技ではないので、勝敗だけでは見えない
日本人の心風景、原風景をそれぞれの巨体と
相撲内容に表現して欲しいものである。

八百長問題もまだ完全にはクリアされていないが、
本来の神事としての大相撲が今場所には多く
垣間見えるし真摯な取り組みがファン増加に
繋がっているのでしょう。

スポーツであってスポーツでない、見世物であって
見世物でない、格闘技であって格闘技でない、
何とも不思議な動態空間である。

小が大を倒す事ができる
     間の取り合いゲームでもある。

全てを抱合した(清濁合わせ飲んだ)
    総合肉体芸術と言っても良いかもしれない。

何れにしても相撲観戦は暇つぶしに持ってこいです。
又、推理ゲームとしても頭の体操としても
なかなか楽しい時間を過ごせます。

皆さんもゴルフの合間に相撲観戦は如何ですか?


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 15:51 | 独り言
2014年03月23日

鶴竜優勝!

本日の鶴竜VS琴奨菊戦は間違いなく
鶴竜の勝ちでしょう。

琴奨菊は横綱二人を倒しており、
十分な見せ場を作り立派な演出をやっております。
又、勝ち越しも決めているので今日の勝ちは
無いと見る。

そして、横綱になる・・・・がモワの筋書きです。

その結果見事なモンゴルピラミッドが出来上がる。

皆さんの予想は如何でしょうか?

もう少しで結果が出ます。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 15:58 | 独り言
2013年12月03日

手打ち防止の一つの方法

加齢と共に腰、背中などが思うように
使えずに多くの人が手打ちになるようです。
メーカーもそれに合わせて軽量のクラブを
シニア向けに開発、販売しています。

ドライバー@.JPG

しかし、その恩恵を受けるのはほんの一時の事です。
殆どが引っ掛けとかこすり玉しか出なくなり
ますます手打ちが酷くなります。

一回軽量クラブを使うとそれ以上重いクラブは
振りきれなくなるので、重量ダウンの時は
十分に自分の体のこと、つまりどれくらいの
重さまで振りきれるかの判断が非常に重要となります。
当然アイアンとのバランス調整も必要となります。

MOWAは今312gと308gの重めのドライバーを
使っていますが、振れないことはありません。
ゴルフショップで軽量のクラブを振るとHSは
一時的に上がりますが、球筋も軽くなんとなく
頼りない感じがします。

還暦過ぎのジーサンだからもう少し軽め・・・
とか思ったりしますが、腕力自体は年齢よりは
自信があるのでもう少し300g以上の
ドライバーを使うつもりです。

DSCF6302.JPG

しかし、そこでも腰痛、背中痛を庇うために
手打ちになりがちですが、ここでいろいろ
考え、実践した中で一つのヒントが思い浮かび
ました。

それは、小田孔明のスイングを見たり、動画の
山本道場を見たりして考えたものです。

小田孔明アップ.jpg

どういう事かというと、お察しの通り
右手をテークバック時に思い切りインに引くことです。
それも右肘を胴体と連結させて、背骨を中心に
回す回転運動の事です。

そうすることにより、腕のひとり歩きが減少し、
深くテークバックをしようなどと余計な事を
考えずに済みます。

“上体と腕を背骨を中心に回す”このシンプル
な動きが手打ち防止の方策になるように思います。

シニアで体が言う事を聞かない皆さん!
思いっきり腕を胴体にくっつけてインに引きましょう。
腕と胴体が一緒に動けば引っ掛けも無くなるはずです。

アーニーエルスD.JPG

アーニーエルスE.JPG

腕の動きの中では肘を中心に考えて、手首、指
などは二次的な動きにした方が、よりボディースイング
が可能になるのではないでしょうか。

ゴルフスイングA.JPG

ラウンド出来無い憂さ晴らしにいろんな
ことを考えているMOWAの一説でした。

※大山志保さん優勝御目出度う。
DSCF6453.JPG


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 09:49 | 独り言
2013年11月04日

渡辺司・倉本昌弘さん失礼しました。

先日は二人を漫才コンビの如く揶揄して
申し訳ない事をしました。
あの時の余裕は二人の実力が醸しだす
空気感だったんですね。

渡辺司.JPG

遡ると2009年が渡辺司、2010年が倉本昌弘
シニアオープンのチャンピオンなんですね。
失礼しました。

特に倉本の最終日5アンダーはその日の
ベストスコアで東聡と同スコアだった。
本当の実力者じゃないと出せないスコアですね。

倉本昌弘.JPG

トータル2アンダーで倉本7位、1アンダーで
渡辺8位・・・素晴らしい。
今後もこの漫才コンビに頑張って貰いたいものです。

いつの日か又、練習場で公開漫才を期待しています。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 09:02 | 独り言
2013年11月03日

日本シニアオープン最終日


雨の最終日となりそうですが、
果たして優勝者は誰になるでしょうか?
昨日までの調子だと室田が最有力ですが、
同組の水巻もクレバーなプレイヤーで
百戦錬磨の強者ですから簡単には勝たして
くれないでしょう。

問題は昨日までの好調なパッティングが
今日の雨でどのような影響を室田に与えるか?
この点が一番のポイントになるでしょう。

因みに室田のクラブは
1w⇒ヘッド恐らく TMグロリア
   シャフト アッタス 555
3w,5w⇒  TM RBZ 
   シャフト オリジナル、アッタス3
アイアン⇒スリクソン ZTX
 シャフト KBSツアー

ドライバーの飛距離、方向性
アイアンの正確性
パターの距離感、芝読み
 どれをとっても今の室田には敵なしの状態です。

なんといっても厳しさを表に出さない
気持ちの余裕が彼の個性でしょうね。

勿論彼のプレーを支えているのは強靭な肉体。
見えない努力がここ数年結実している証拠です。
精神と肉体のバランスが立派にとれているんでしょう。

おまけ
@ルアンキットのスイング
練習場で彼のスイングをじっと見ていましたが、
実にシンプル、コンパクト素晴らしいスイングです。
欧米型とは一線を画す理に適った力の入らない
アマチュアにも理想となるようなお手本スイングです。

DSCF7738.JPG

是非皆さんもじっくりと彼のスイングを見て下さい。
決して派手ではないが体に無理をかけない
シニアに最適なスイングです。
日本人では友利勝良がこれに近いでしょうか。

A昨日のお笑いコンビの倉本と渡辺の成績は?
渡辺司が7位と健闘しています。
今日も怯えながら、得意のボヤキをかましつつ
マイワールドの世界で今日も楽しむことでしょう。

残念ながら雨模様の天気ですが、シニアの体には
応えるでしょうが、皆さんの健闘を期待します。
接戦と熱戦で雨を吹き飛ばして貰いたいものです。

願わくば室田にカップを取らせたい。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 09:16 | 独り言
2013年10月22日

日本オープンV

モグラが鳥に食われた大会でした。
残念でしたね、小田孔明。
やはり三日目の18番バンカーショットの
後遺症が残っていたのかな・・・。
それとも一日の休みが緊張感を高めたのでしょうか?

三日目の記者会見での“命がけ”発言によって
自分にプレッシャーをかけてしまい、その呪縛に
縛られたままプレーに臨んだのかもしれない。

勝負の綾は本当にわからないものです。
無欲の小林正則が自分のゴルフに徹して
勝利をモノにする。
自分でかけたプレッシャーの呪縛から開放できず、
自分のゴルフが叶わなかった孔明。
顔に似合わずデリケートなんでしょうか。
次回はもうちょっと開き直り、ショットの様な
図太いゴルフを期待します。

勝ち負け、この紙一重の差とは何でしょう?
ここにスポーツの醍醐味が凝縮されているのでしょうね。

今回の大会は派手さはなかったが、
じっくりと観戦できる久しぶりに
面白いトーナメントでした。

勿論NHKの長い放送時間のお陰で
楽しめたのは言うまでもありません。

しかし、もうちょっと
緊張感と臨場感が出せないのかね・・・
画面が平面的で解説、その他全てがダラーとしている。
もう少し工夫が欲しいね・・・。
もう少しストーリーが欲しいね・・・。

おめでとう小林正則、残念でした、小田孔明。

この悔しい思いはきっと孔明の財産となるでしょう。

捲土重来を期待します。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 08:46 | 独り言
2013年10月20日

日本オープンU

今年の日本オープンは看板スター不在の
トーナメントになっているが、いつもの
喧騒がなく選手達も生き生きプレーしている
のではなかろうか?

上位に入っている選手達も新旧入り乱れて
混戦になっている。

今後もこのような落ち着いた雰囲気で選手全員が
プレー出来るようになれば男子プロも幾らか
活気づくのではなかろうか。

日本を捨てて米国に参戦している選手達は
ほっといて国内で必死に戦っているプレイヤー
に光を当てて欲しい。

勿論喧騒の一番原因はマスコミだからこの点を
十分に当事者が反省をしないと又同じ轍を踏む。

恐らく小田孔明がカップを手にするだろうが、
余りに自分を追い込むと首を絞める事になる。

最初の3ホールまでの結果が勝敗を左右するでしょう。
頑張れモグラ!

星野英正も侮りがたい存在である。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 07:30 | 独り言
2013年10月19日

日本オープン

明日の優勝者は小田孔明。

恐らく数人の追撃者が現れるでしょう。

しかし、小田の気持ちがひとりよがりに

ならなけらばカップを手にすることが出来るでしょう。

キムヒョンテが一番問題でしょうね。

小田の執念が恐らく望みを叶えるでしょう。

頑張れ孔明!

シンゴなどには負けるな。

モグラパワーでドラゴンを蹴散らせ!


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 20:51 | 独り言
2013年10月15日

飛距離の伸ばし方 (T)

何歳になっても飛距離への
願望は消えることがないようです。
年齢を重ねるとこの願望を満たす為に
殆どのゴルファーが道具に頼る。

道具の進歩は凄まじく、毎年ニューモデルが
発売され、自分の欲を満足させようと
ショップを回り、ネットで探し、試打会に
足を運ぶ。

まあこの道具選びもゴルフの楽しみではあるが
現役のようにはおいそれと手が出ない。
そこで道具にばかり頼らないで改めてスイング
の反省と視点を変える努力も一考かもしれない。
これは頭の体操にもなるし、懐にも優しい。

今日のテーマは“飛距離の伸ばし方”
勿論飛距離を伸ばす為にはいろんな要素があるが、
今日は(腕の使い方について・・・)
アーニーエルス@.JPG

アーニーエルスA.JPG

足腰、上体が飛距離の土台となることは
自明の理であるが、この捻りのパワーを
本当にヘッドに伝達しているかどうか?
ここが大きなポイントです。

つまりMOWAも含めて殆どのアマチュアが
出来ていない要素だと思います。
換言すると土台で出来たパワーを順列で
効率良くヘッドに伝えてないということです。

直にそのパワーを指先に送っているので
パワーが加速されず、惰性による回転運動だけで
(腕だけのパワーに頼っている状態)
ダウンスイングに移行しているのが多いのでは
ないでしょうか。

MOWAの考える理想の腕の使い方は

土台のパワーが
肩関節⇒肘⇒手首⇒指先
の順序で伝達し
肘、手首、指先が夫々に
滑車の役割を果たすことが必須の条件となる。

アーニーエルスD.JPG

アーニーエルスE.JPG

この流れが出来るためには体の細部の動きも
考える必要がありますが、
これについては又の機会に・・・。

兎に角この腕の使い方を見直すと無料で
飛距離を伸ばすヒントが潜んでいます。

MOWAの一つの思いつきは
●右肘のグリップ時に於ける角度を
 ⇒今の角度より少し斜めに寝かせる
  (地面と45度くらい)

 ⇉脇の締めが楽に出来てインから入りやすい。
 ⇉上体との連動が楽になる。
 ⇉上記したパワーの伝達が可能になる。
 ⇉滑車の役目が楽に出来る。

アーニーエルスB.JPG

アーニーエルスC.JPG

まだまだ道具に頼らないスイングセオリーは
眠っているようです。
秋の夜長皆さんも頭の体操をやっては如何でしょうか?


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 11:13 | 独り言
2013年10月03日

PGAやっぱりか? U

PGAの不祥事が又々発覚した。
9月10日付で辞任した元理事の坂東忠義、そして
今度は前田新作副会長が暴力団会長とプレーしていた。

もともと腐れ縁の関係があり、今回の発覚も氷山の一角
でしょう。

折角プレイヤーが真剣にやっているのにこれでは
浮かばれない。

この組織は早々に解体し新組織にすべきである。
このままではファン離れも加速し、スポンサーもつかない。

ゴルフ界全体でこの膿を出し切らないと
オリンピックどころではない。

★再発防止⇒またその内やるかもしれない・・・という意味。

★コンプライアンス⇒悪臭を消す為の一時しのぎの言い訳言葉。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 08:53 | 独り言
2013年09月18日

PGA やっぱりか?

多くのマスコミが報道していますが、又々
PGA(日本ゴルフ協会)の腐った根の一部が
出てきました。

2006年にも会長選を巡って暴力団との関係が
暴露されていますが、まだまだ根底には相撲協会とか
全柔連とかの同根の悪弊が残っているようです。

折角オリンピックの競技としてゴルフが認められたのに
このようなブザマな体たらくでは一人二人のスター選手が
出現しても組織がダメにしてしまう。

この際組織を解体して出直さないと
どこかの組織と同じ轍を踏む。

どうして日本人は組織になると個人が盲目になるのかな?
もう少し開かれた単純な組織になって本来のゴルフの
楽しさを普及させるようになって欲しいものである。

以下PGAのホームページのお詫び及びサンスポからの
記事をそのまま掲載します。


2013年09月17日  PGAホームページより

この度、当協会の現職の理事が暴力団関係者と認識
した上でゴルフのプレーを一緒に行うという、
公益社団法人の理事としてあってはならない行為を
行ったことで、ゴルフファンの皆様ならびに関係者の
皆様の信頼を裏切り、多大なるご心配をおかけ
いたしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

当該理事からは理事ならびに代議員の辞任届が提出され、
9月10日に開催された臨時理事会において、
辞任届を受理すると共に、倫理規程違反に対する
懲戒を行うことを決定し、懲罰諮問委員会を開催して
当該理事の懲罰を検討することといたしました。

そして、本日開催された理事会において、
懲罰諮問委員会からの答申を受けた上で審議した結果、
当該会員に対して「会員資格の一時停止」の懲罰を
課すことを決定いたしました。尚資格停止の期間に
ついては8ヶ月とし、6ヶ月経過後に暴力団排除へ
の取り組みの姿勢など、本人の改悛の状況について
九州地区から報告を受け、理事会において総合的に
判断した上で期間を短縮することが
できることといたしました。

今回のようなことが2度と起きぬよう、
更なるコンプライアンスの徹底を図り、
再発防止に取り組んでまいりたいと思っております。

 公益社団法人日本プロゴルフ協会
                                                   会 長  森  静 雄



2013.9.17 19:29
PGA、暴力団交際で元理事を8カ月の資格停止

 日本プロゴルフ協会(PGA)は17日、
東京都内で理事会を開き、暴力団幹部と
ラウンドした阪東忠義元理事(67)を8カ月の
会員資格停止とする処分を決めた。

懲罰諮問委員会の答申を受けたもの。
PGAは倫理規定で暴力団との関係を禁じている。
 10日に理事と代議員を辞任した阪東氏は、
資格停止の間は有料レッスンや試合出場など
会員としての活動ができない。

理事の不祥事で影響の大きさを考慮し、
刑事罰を受けていないケースとしては重い処分となった。
PGAの森静雄会長は
「再発防止策を考えなくてはいけない」と話した。

 阪東氏は詐欺罪で起訴された特定抗争指定暴力団、
道仁会(福岡県久留米市)会長の小林哲治被告と
2011年から付き合いがあり、
6月に熊本県内のゴルフ場で一緒にプレーした。(共同)

★再発防止⇒またその内やるかもしれない・・・という意味。

★コンプライアンス⇒悪臭を消す為の一時しのぎの言い訳言葉。


ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 08:43 | 独り言
2013年09月01日

KBCオーガスタ 2013

DSCF7689.JPG

“進夏”続ける芥屋に吹くか次世代の旋風!?

なんのこっちゃ?  これなんの事か分かりますか? 
今朝のテレビ番組の案内コピーです。
歴史あるトーナメントの面汚しですね。
昨日録画で少しだけ見てみたが相変わらずの緊張感の無さ、
出場者の役不足、解説者、ゲスト、アナウンサーのミスキャスト。
特に、解説者の金谷ナニガシはゴルフクラブの
ノンポリ販売員である。

これがメインの解説者とは情けない。
ゲストの工藤公康は愛嬌として、ノンポリ販売員が
歴史あるトーナメントのメイン解説とはKBC及び関係者は
何を考えていることやら!

大体が本当に面白く無いゴルフ番組が横行する中で今回程
腹の立つ番組構成は目を覆いたくなる。
一分のダイジェストで十分だ。

DSCF7585.JPG

勿論主役が不在の大会だから盛り上がらないのは
仕方ないとしてただ惰性で番組を作っているのだったら
もう止めて欲しいね。

DSCF7691.JPG

このようなブザマな大会運営、テレビ放映になったのには
プロゴルフ協会始め選手会とかスポンサー関係とかの
柵があるのだろうが、ジリ貧状態の男子プロ業界にとっては
益々自分の首を締める結果になるのは見えている。

プロゴルフ協会が全柔連とか相撲協会とかの腐った組織だとは
思わないが、このままの状態が続けば男子プロは滅亡間近!
ここらで、組織を解体し革命的な改革を断行する必要あり。
勿論選手達の意識改革も当然の条件となる。

合わせてテレビを中心とする媒体の意識改革も必須である。
番組を担当するディレクターはゴルフバカ位の好き者が
登場しないと千年一日が如き番組しか作れない。
特に解説者、コメンテーターは吟味して人選が必要。
ノーガキだけのSTタイプの解説者は西の大国へでも
追放した方が良い。

テレビだからといってまったくの素人を相手にしないで欲しい。
テレビを見ているのは少なくとも自分でクラブを握っている
人達が殆どだから、もう少しマニアックな深みのある
臨場感のある、ダイナミックな演出を臨む。

そろそろ小学生の番組から脱皮しましょう。
主役が居なくても盛り上げられる雰囲気作りを願います。
台風とかの自然災害は仕方ないがまだまだ改善の余地はある。

今まで毎年足を運んでいたが今年だけは行きたくない。

もう一つ注文するとしたら、入場料が高すぎる。
この入場料の使途はどうなっているのでしょうか・・・?
MOWAが大会関係者だったら、予選日は無料にして、
土日は今の半額にするね。(女性全て、男性は20歳までは無料)

兎に角ギャラリーが来なくなったら大相撲と同じ道を辿る。
そうなるとスポンサーも撤退の道を進む。
全てがマイナスの連鎖となり、若者たちもゴルフに対する
興味がなくなり、間口が段々狭くなる。

もう時間が無い、関係者の猛省を望む。

今日はゴルフ出来無い憂さ晴らしの巻でした。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 08:16 | 独り言
2013年06月21日

石川遼は終わった?

昨日の成績が今の遼の姿を物語っている。
スイングがお綺麗になっているだけで、
迫力ゼロ、どこかのインストラクター風スイング。

DSCF7586.JPG

以前のほうがまだパワフルであったし線が太かった。
今のスイングは博多人形のような細い線である。
それに引き換え英樹は気力、体力全てに遼を
上回っている。

誰が、こんな遼にしたんでしょうかね?

英樹の野生の一粒でも飲ませてやりたい。

DSCF7588.JPG

このまま終わるとは思えないが、今の取り巻き状態と
親離れ、子離れ出来無いままだと時期が遅れる。

今の遼はゴルフが出来るCMタレントである。
折角の日本のスターなのだから、ゴルフに専念出来る
環境を作ってあげないとタレントかインストラクター
になる日が来るかもしれない。

遼を使い捨てにしているスポンサーにも問題があるが、
金さえ出せばCMに出せるんだから仕方ないか・・・。
要は自分が出なければいいんだが、あの親父が???

DSCF7585.JPG
3年後の二人の姿が楽しみである

海外に出て埋没したプレイヤーは数多い。
遼がそうならないように願っている。

プロゴルファーはゴルフが仕事だろ・・・!

ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 07:55 | 独り言
2013年01月13日

今年のテーマ『踏ん張る』

年末から年始にかけて例のごとく反省を
重ねながら、今年のテーマを考えていました。
今までスイングの変更は意識的に考えていません
でしたが、思いつきで歳相応のスイングを考えたい
と思い、いろいろ悩みながらの年末年始でした。

ゴルフスイング@.JPG

そこで思いついたのが『踏ん張る』という事です。
スイングも今までの考えを全て白紙に戻し、自然体で
自分の体に合った理論を身に付けたいと思います。
先ずは年齢からくる老化の対抗策として【非力のゴルフ】
の著者の橘田規さんの理論を齧ってみたいと思います。

橘田さんの理論は自分の実戦経験から創りだしたもの
だけに我々老いた非力なゴルファーには救いの神に
なるやもしれません。
『柔よく剛を制す』の言葉通りにプロの世界で
生き抜き体格、体力で劣る日本人の為の理論ですね。

彼の思想は高松志門、奥田靖己に受け継がれ
現在も進化しながら多くの支持を広げようと
しています。
特に奥田靖己は動画サイトでも自分の理論を
展開しており、弟子も増えているようです。

[水平打法]が彼等の根本です。
スイングの見た目は欧米のスイングに比べると
格好良くはないが、日本人の体型、体格には
合っているように思えます。
踏ん張る気持ちでスイングする”
これが水平打法の根幹かなーとの思いです。
勿論ラウンド中のスコアの踏ん張りも含めての事です。

先日腰痛を抱えながら打ってみましたが、
今までにないスイング軌道を描き、腰の動きが
自然に出来たようです。
体重移動などの事は考えずに体が回ります。

ゴルフスイングA.JPG

・今までの二倍の広さのスタンスで
・クローズに構え
・ゆるゆるグリップで
・どこにも力を入れずに
・フラットにテークバックし
・ヘッドに気持ちを集中して振り切る

◎体重移動意識無し
◎軸は大きな一軸だけ
◎野球のスイングを意識する(松井タイプ)

以上のように勝手に水平打法を理解し、又いろんな理論を
自分の今に取り混ぜながら悩みの一年にしたいと思います。

※写真は文章のイメージ及び参考の為に添付しております。
 今回は【世紀末的ゴルフ用語学】(菊谷匡祐、島口信義著)より

ゴルフ ブログランキングへ


posted by もわ at 14:50 | 独り言
2013年01月01日

巳年の始まり

予報通り雪の年明けとなりました。

DSCF7218.JPG

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

モワも寄る年波に少しでも打ち勝てるように

精進したいと思います。

特に今年は年齢相応のスイングを身に付けたく

今までの反省を少しでも活かし、基本の事柄から

再スタートする所存です。

スイングに於ける『動と静』の

静の部分から始めようと思います。

つまり静で一番大切な【グリップ】の

再点検ということです。
??????.jpg

?????O???b?v.jpg

?E???O???b?v.jpg

?????O???b?v.jpg

古典的なベン・ホーガンのモダン・ゴルフに

掲載のグリップですが、このベーシックなグリップに

自分なりのアレンジを加えて吟味してみようと思います。

皆さんはどんな課題と目標を持って今年のゴルフ

に挑まれるのでしょうか?

お互いそれなりに頑張って行きましょう。

ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 09:57 | 独り言
2012年12月31日

寒い大晦日 来年は巳年

皆さんの今年のゴルフは如何でしたか?
モワは例年同様反省を重ねる日々でした。
といっても腰、背中などの痛みがラウンドを
減らしてしまい悶々とした一年でした。

ラウンド出来無い腹いせにクラブ漁りに精を出したが
無駄な出費が重なるだけで却ってストレスを増大させた。

又、時間がある中でふと思ったのはやはり
“道具にばかり頼っていたんでは
  無限のラビリンスに陥るばかりで
   精神衛生上あまり良くないのではないか・・・”
との疑念でした。
少しは脳の働きもまだあるようです。

そこで考えたのは
 “もう一度スイング理論を再考してみよう”でした。
???b?O??.jpg
つまりここ数年は
“スイング理論などは考えずにクラブに
     頼って年寄りゴルフに徹しよう”
このだらしない考え方の元に
だらだらとラウンドしてきました。

しかし、世の中には凄い人がいます。
80歳を過ぎてもエージシュートを重ねる
熊本の植杉幹蔵さん(89歳)です。
DSCF7217.JPG
植杉さんは二年前の12月14日に700回
のエージシュートを達成しています。
71歳の時に71で回り初のエージシュート達成。
80歳以降は年50回以上を重ねてきた。
このようなスーパーシニアも存在します。
2年前の12月31日の朝日新聞『ひと』欄に
掲載されていました。
恐らくその後も偉業を継続されていることと思います。

少しの体の不調などで音を上げていた自分を
恥ずかしく思う次第です。
来年はこの植杉さんを目標に自分なりの
ゴルフ理論を構築し歳相応のゴルフをしたい
と思います。
ダウンザフェアウエー.JPG

???????[???A???????y?????B.jpg
皆さんもそれぞれの目標を抱きながら
よい年をお迎え下さい。

ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 10:37 | 独り言
2012年12月16日

今日は投票日

衆院選今日投開票が行われるが、
違憲状態のまま投票に行くのは茶番である。
しかし、棄権は出来無い。
棄権するということは以前森ナニガシが言っていた
結果を招くので棄権行為は止めましょう。

しかし、正解がない中から選択するということは
非常に苦痛を伴うものである。
結局消去法を選ぶしかないのかも・・・。

大悪⇒中悪⇒小悪と消していって最後に残った
ものに投票するパターンになりますか。
どうしても政治家を選ぶ選挙は悲観的になりますが、
もっと期待と希望を抱かせる政党、政治家が出現
しないものですかね・・・。

もっとも政治家を選んでも裏で糸を引いているのは
官僚どもだから根本的にはこのエリート集団の
改革をやらないとこの国には未来がないのでしょう。
100%の官僚がバツ1ではないにしても国を憂う
官僚が少しでも多くならないと政治家を幾ら
変えても民主党と同じ轍を踏む。

と言いつつ今から選挙に足を運ぶ。
腰痛再発の為ペンギン歩きだから時間がかかりそうである。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 08:44 | 独り言
2012年10月13日

1996年2月17日(土)の日記より 腰の使い方

 いつの頃からか、飛距離にしても
方向性にしても、体の捻りが第一条件と
考えるようになり、腰から上の動きを常に
心がけてきた。
しかし、ドライバーをチタンに変えてから
左への引掛けが多発し、OB連発の致命傷が
かなりあった。
クリーブランドクラシックTC15.jpg
上体の動きも、体と腕の動きが一緒の場合は
まだ救いがあるが、焦った時、力が入った時
などは例外なく、左へさよならとなり、ヘッドアップ
の時は当然ながらスライスの洗礼を受ける。
要は右左まとまりのないボールのオンパレードとなる。パーシモンドライバーV.jpg

 よく考えてみると、全ての回転運動のスイング
(野球、卓球、テニスなど)は腰の動きが要に
なっており、この動きを無視するとまともな玉は
打てない。
腕が主体になると暴れが生じ軽い玉しか出ないし、
方向性も定まらない。
?X?C???O?v???[???@.jpg

 ここ数年腰を無視して無理にスイングをいじって
きたので、芯のないバラバラフォームとなっていた。
今日の練習で腰の動きの重要性に気がついた。
しかし、これも上体との連動性をどうするのか?
これはまだ理解出来無い。
???????X?^???X.jpg
 初動を
  ・腰から始めるか?
  ・腰と上体を連動しながら始めるか?
  ・腕から始めてその後腰を繋げるか?
?h???C?o?[?i???I???I?E?E?E.jpg
 ★常に腰が動きのリーダーなのか?
 ★テークバックでは腕がリードし、
  ダウンスイングでは腰がリードするのか?
 ★テークバックでは腰がリードし、
  ダウンスイングでは腕がリードするのか?
?l?????X?C???O?i???I???I?E?E?E.jpg
 ※考えだすとワカラン、ワカラン?
  兎に角今は腰中心のスイングをやってみよう。
  野球スイングをイメージしてみよう。
  アドレスを広く
  “腰主体で腰を土台にリードし
         上体の捻転を支える”
  この動きでやってみよう。
?o?b?N?X?C???O.jpg
 ゴルフスイングを忘れて、野球スイングで
 やってみよう。
 高校時代の野球スイングでやってみよう。?V?????????[?????????y????.jpg

??????????.jpg

※※※
 随分前のことですが、かなりスイングで
 悩んでいたようです。
 今も悩みの種は尽きないのですが、スイング論よりも
 健康論が優先する年代となり日々、背中痛と腰痛とに
 悩まされており、ゴルフの考え方の根本は体の状態が
?????A?h???X????.jpg 

最優先事項となってしまいました。
 ?????????N??????.jpg
 こうなると頼みの綱はスイング論よりも体調管理と 
 道具頼りに行き着きます。
 寄る年波に少しは抗いながら、少しのスコアアップの
 為に試行錯誤の反省の日々は続いております。
アーニーエルス@.JPG

アーニーエルスA.JPG

アーニーエルスB.JPG

アーニーエルスC.JPG


 道具頼りの習慣は以前より色濃くなり、毎日ネット検索
 とか休日にはショップ巡りに精を出しています。
 年内には最強のクラブセッティングをやりたいものです。

DSCF6272.JPG

 戦力となるクラブ選びと戦力外になるクラブ選別をやり
 来年こそは少しでも満足出来るラウンドをやりたいものです。

DSCF6292.JPG

DSCF6295.JPG

 勿論その為には背中、腰の養生は続けます。

ゴルフ ブログランキングへ

posted by もわ at 08:56 | 独り言
2012年06月30日

ゴルフに於けるタイミング

雨続きで鬱陶しい日々ですが、今日は
曇り空ながら歩きには支障がない天気です。
早速いつものコースに出かけました。
湿度が高く10分も歩くと汗びっしょり。

ゴルフも先日の大波賞以来行っていません。
今はスイングそのものより呼吸について
考えているところです。
運動経験のある方ならこの呼吸については
深浅は別にして悩まれたことがあるとは思います。

先日もNHKの【ためしてガッテン】でも
スポーツの呼吸つまりタイミングについて
放映していました。
見られた方も多いと思いますが。
この時数人のアマチュアゴルファーが
“スーーーー!!!ガアぁーーーー!!!”と
叫んでドライバーを振り回していました。

以前の“チャーー、シュウーーー、メーン”の
替えタイミングですね。
この時の結果は驚く無かれ皆さんが
日頃の飛距離をオーバーしていました。

MOWAも以前このタイミングについては
“スーバー、フルーイッッド”という
掛け声でスイングすると殆どの人が
飛距離を伸ばすという記事を書きました。
(著者、本の名前は失念しました)

このことはゴルフに限らず、剣道、槍投げ、
ハンマー投げ合気道、柔道、相撲などなど
(声を出す出さないは別にして)殆どの
スポーツに共通した肝です。

数年前にベストセラーになった〈一分間シリーズ〉
の著者で有名な[ケネス・ブランチャード]の
【1分間ゴルファー】にもこの呼吸について
言及しています。
抜粋してお知らせします。

❝・・・テニスにおいて上手く打てなかった
人にボールが飛んでくる時に
“バック・ヒット・フィニッシュ”と
叫ばせることによって格段にショットの正確性が増した。

日本人ゴルファーがボールを打つ時に
“チャー・シュウー・メンー”と唱える意味も
理解出来た。

この呪文を唱えると、一分間マネージャーは
殆ど瞑想状態になる。瞑想の間、意図は心を
静めることだ。最初のうち、思いが盛んであっても
、好きな詩の一部を口ずさんだり、歌うことによって
雑念を去り、心を満たすことが出来る。

同じような効果が[バック・ヒット・フィニッシュ]にも
あらわれてくるのだろう。
合気道の専門家トム・クラムも言う。

“ゴルフにおいても合気道の原則を応用し、バックスイングで
息を吸い込み、インパクトに向けて思い切り息を吐き出す”

※【一分間ゴルファー】の推薦の言葉を珍しく
 あの中部銀次郎が書いています。
『じつに周到な本だとつくづく感心した。
 どこといって、目新しいことが書かれている訳ではない。
 が、手際よく・・・しかも面白くまとめられていて、
 アメリカ人のプラグマティックな方法論に脱帽させられるのだ。
 とりわけ《目標設定》ーーーーつまり自分がどのレベルまで
 上達したいかを決めることーーの重要さを説いている
 ところが、鋭い。
 ゴルフに王道はなく、本書のいうように、分かりきった
 ことをひとつひとつ重ねていくしかないのである』

いちいち頷かされる言葉ですね。

さて本題に戻って・・・

問題はこの呪文の言葉です。
つまり息を吸う時の言葉と吐く時の言葉は
自ずから変わります。
といっても吸いながらの言葉はありません。

そこでMOWAは今一度考えました。
吸いの動作は鼻でやり、吐きの言葉は“GAAあー!”
そうです、無音で“スーーー”と鼻で吸い
一間おいて“GAAあー!”

【ためしてガッテン】では大声で叫んでいましたが、
このようにゴルファーが大声でドライバーを振り回すと
ゴルフ場が動物園になってしまいますから。
無音の呪文を考えてみるのも一興かもしれません。

モシカすると高額なドライバーより飛びの武器に
なるかもしれませんよ・・・。

❝スーー・GAAAーーー!❝ MOWAはこれでいきます。
DSCF6706.JPG
こんなことを考えながら一時間半の歩きを終えました。
そして、風呂に入りそのあと庭のトマトを直に頂きます。
DSCF6707.JPG 
 完熟トマトは美味い!。

ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 17:50 | 独り言
2012年06月03日

藤本佳則、川村昌弘

日本ツアー選手権3日目、

藤本佳則首位、川村昌弘が二位

DSCF6662.JPG
ベテランのような面構えの藤本佳則

につけて面白い展開になっている。

これに苦労人上平が噛み合い目が離せない。

勿論、絶好調の池田勇太の追い上げにも期待出来る。

それにしても上位二人の試合ぶりは解説の加瀬さんも

言っていたが、“ベテランのような試合運び” ですね。

ツアー経験の少ない若者がもし優勝でもすることになると

日本の男子ゴルフ界も少しは活気づくかもしれません。

二人共あの大風呂敷リョウ君とは違い自分の力で

ゴルフの世界を切り開いている感じを受けます。

ベテランの先輩方はここで奮起しないと、今後

彼らのような新人類に食われてしまいかねない。

まあ、小田孔明、山下和弘、平塚哲二などが実力を

発揮して一波乱起こすことは十分期待が持てる。

MOWAの本音を言うとケレン味のない大人の

プレースタイルの川村昌弘に勝って欲しい。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 06:19 | 独り言
2012年06月02日

節電

節電、節電、節電 日本全国 節電、節電、節電

しかし、ちまちま節電では効果の程は知れている。

本当にマジで節電を考えているなら根本的な

具体的方針を示すべきである。

現在のMOWA私案。

@緊急時以外テレビ放映を12時で止める。

A自動販売機の半減。

Bネオンサインを0時で消滅。

Cコンビニ営業を0時で止める。

特にテレビについては野村総研のレポートが提出

されているので気になる方は参考に・・・。

朝日川柳より

・率先しヤラセのシナリオ書くお上
・節電の出ばなをくじく再稼働
・とりあえず次の事故まで再稼働
・一億の命ドジョウの一匹分

マスコミの報道は殆どがチマチマ似非節電に偏っている。

マスコミ、テレビを始めとする節電煽り業界は

自ら範を示さないと誰もついてこない・・・。

今の大衆はそんなに簡単に騙されないよ・・・。

何かでコントロールされているかの如き様相が多い様です。

このままでは大飯再稼働、そして他の原発も・・・?


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 06:32 | 独り言
2012年04月18日

PINGの攻勢

マスターズで優勝バッバ・ワトソン、
DSCF6455.JPG

準優勝 ルイ・ウエストヘーゼン
DSCF6448.JPG

三位タイ リー・ウエストウッド
とPINGのプロフェッショナルスタッフ
総なめの勢いが続き、その後もルイ・ウエストヘーゼン
がマスターズの雪辱を果たして、予想通りに
マレーシアオープンにて優勝カップを手に入れました。
使用クラブ
DSCF6450.JPG
ラプチュアーv2

DSCF6451.JPG
s56

DSCF6452.JPG
TOUR s ラステーク

DSCF6449.JPG
ZB s

PINGの勢い留まるところを知らずですね。
元々老舗のメーカーですが、日本での認知度は
営業力なのか、戦略なのかは分かりませんが
上がりませんでした。

しかし、ここに来てトーナメントでの入賞者が
PINGの契約選手が多く顔を出すようになり
又、昨年から国内ではあの大山志保

DSCF6453.JPG

上原彩子

DSCF6459.JPG

などが続々とPING党に入りやっと営業にも
本腰が入ったかなーという思いです。
勿論一ノ瀬優希も忘れてはいけません

DSCF6464.JPG
調子も上向き年内優勝も期待できるか?

ここで、国内の男子プロに強力な選手が入党すると
盤石な基盤が出来るのでしょうが塚田好宣では

DSCF6463.JPG

役不足の感が否めません。

DSCF6472.JPG

こういう若者が一枚加わると売上倍増でしょうね・・・。

MOWAも元々パターから始まってTiSi
、G15、G20ドライバー、ラプチャーv2Hb,fw
G20アイアンなどを愛用して来ました。

やはり売らんかなメーカとは一線を画す会社なので
なんとなく安心感がありますね。

特にフィティングの開催は他社に先駆けて実施し、
貸出なども消費者心理をしっかり掴んだ心憎いMDだと
思います。 経営哲学が一本芯が通っています。

ゴルフ ブログランキングへ
製品ポリシーの無いメーカが多い中で非常に
信頼度が高いPINGではあります。

1960年に一号パターを発表していますから
もう何年になるのでしょうか?
今でも十分に使えるお宝パターが中古屋さんに
眠っていますよ。

DSCF6469.JPG
今も使用中のPING三兄弟、アンサー、アンサー3,PAL2

暇があれば中古屋巡りも面白いものです。
皆さんもお試しを・・・

アンサー等旧モデルも素晴らしいのですが、
今気になるパターはハンターメイハン
優勝バターの【Nome】!!!

DSCF6471.JPG

4月発売予定ですが、とうとう先行予約を入れました。

DSCF6470.JPG

これで又パターの選択肢が増え悩みの種も増えそうです。
まあ、いいか・・・・?
しかし、PING党はかなり個性的な選手が多いですね。

DSCF6460.JPG
ヒメネス

DSCF6465.JPG
引退した女王 オチョア

営業的には海外と日本では戦略が違っていたのでしょうが、
今後は状況的にかなり日本に力を入れるのでしょうね。
MOWAとしてはPING党が増えるのは嬉しいような
悲しいような・・・なんとも複雑な気持ちです。



何れにしても他メーカーの範となるような存在で
あって欲しいものです。
OLDとNEWの見事な調和を今後も持続して貰いたい。

ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 11:13 | 独り言
2012年04月09日

2012年マスターズ最終戦

全体的な展開はほぼ予想通りになりました。
皆さんの予想結果はどうでしたか?
それにしてもPING党の活躍は目を見張るものがあります。

プレーオフに残ったのもB・ワトソンとウエストヘーゼン
のPING党でした。
最後まで気を抜けない非常に面白い展開でした。

やはりミケルソンの自滅がB・ワトソンの優勝を導いた
のでしょうね。
しかし、彼の飛距離、正確性、ピンチを乗り切るサーカスショット
どれをとっても日本人プロには真似の出来無い技です。

二十歳でマスターズ優勝の大風呂敷君は今回、己の実力
を十分認識したことでしょう。
コマーシャルの撮影に奔走するならもっと練習に励むべきかもね・・・
松山英樹君も最終日に空回りして目的は果たせませんでした。
DSCF6396.JPG
これも自信と過信の違いをしっかり肝に銘じたことだと思います。
捲土重来を期待します。
目の前に反面教師が居るので大いに参考になるでしょう。

又々話が飛んでいますが、今年のマスターズは例年にない
面白みがあったように感じました。
新人、中堅、ベテランなどが入り混じったのもその要素でしょう。

DSCF6372.JPG

DSCF6345.JPG

DSCF6346.JPG

DSCF6347.JPG

DSCF6351.JPG
イアン・ポールターの身に付けているモノ全てがカッコイイ・・・!


タイガーがこれに絡むともっと盛り上がったでしょうが・・・。

まさか、プレーオフになるとは予想しませんでしたが、

DSCF6331.JPG

DSCF6383.JPG

最後のB・ワトソンのセカンドショットは人間業を超えて
いるような神業でした。鳥肌ものでした。

ドライバーの飛距離は勿論ですが、

DSCF6341.JPG

トラブルショットの脱出は彼が世界一でしょう。

ウエストヘーゼンにはまだまだチャンスがあります。

DSCF6373.JPG

近いうちにカップを手にするでしょう。
日本でのプレーを見たいものです。

人気ブログランキングへ

B・ワトソンおめでとう!

DSCF6399.JPG
優勝決定パット

DSCF6406.JPG

DSCF6404.JPG
感動のシーン

その他のプレイヤーも見事でした。

DSCF6388.JPG

DSCF6384.JPG

勿論パトロンも・・・。

※このような華やかで重厚感のある
 トーナメントを日本でも期待したいものです。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 17:46 | 独り言
2012年04月08日

2012年マスターズ


DSCF6310.JPG

今年のマスターズも3日目を迎えました。
DSCF6326.JPG

松山英樹がイイワケ遼を
差し置いて実力通りのスコアで27位に浮上しました。
久しぶりに早起きしてテレビ観戦しましたが、やはり
この大会は華やかさにおいてはメジャーでも一番ですね。

パトロンの多さもさる事ながらファッションにも
ついつい眼がいってしまいます。
カジュアルの見本みたいな老何男女がゴルフを
楽しんでいる様子が伺えます。
プレイヤーと一体になっている雰囲気がひしひしと
伝わってきます。
テレビカメラのアングルとか臨場感は日本のテレビ局とは
一味違ったように見えるのはMOWAだけでしょうか?

どこかの国のようにミーチャンハーチャンが少ないのも
会場の雰囲気を落ち着いたものにしているのでしょうか。

近年は北欧の選手の活躍も目立っていますが、今回も三日目
首位に立ったのはピーター・ハンソン、
DSCF6309.JPG
そして八位には
ヘンリク・ステンソンも入賞しています。

又、今年に入ってからも多くの大会でPING党の選手が
活躍していますが、今回のマスターズに於いても
ルイ・ウエストヘーゼン、
DSCF6332.JPG
バッバワトソン、
DSCF6313.JPG

DSCF6341.JPG
ピンクのドライバーが300ヤードを超えていく

リー・ウエストウッド、
DSCF6333.JPG
ハンターメイハン
などの選手がカップ目指して虎視眈々のようです。

フィル・ミケルソン
DSCF6308.JPG
次第ですが、このピン党から
優勝者が出る可能性も十分にあります。
特にウエストヘーゼンには要注目です。

又、フレッド・カプルス
DSCF6312.JPG
にもなんとか踏ん張ってもらって
中年の心意気を見せて欲しいものです。

カプルスもそうですが、今の選手達のシューズは
足に負担がかからないカジュアルなラバーソールが
多くなっているようですね。
いかにもシューズは段々減っていく傾向かもしれません。

人気ブログランキングへ

それにしてもあの大風呂敷の遼君は一体
どうしたんでしょうか?
ゴルフ以外に忙しすぎて練習不足なんでしょうか?
一打にかける集中力は松山英樹の方が数倍上のように
感じるのは穿った見方でしょうか?

両者を比較すると同じ歳ですが、両極に立っている
若者に見えますね。
遼くんはいかにも優等生、英樹くんは野生児。
DSCF6323.JPG
インタビューの受け答えにしても英樹くんの方が
素直で正直に自分を晒しているようです。

今後はこの若者二人が日本のゴルフ界を背負って立つのは
間違いないでしょうが、なんとか将来も切磋琢磨して
平衡状態で勝利を重ねて欲しいものです。

勿論、中堅、シニアまで混戦になるのが理想の展開
で有る事には論を待ちません。
もうすぐ日本の男子ツアーも始まりますが、面白い
ダイナミックな息詰まる接戦を見たいものです。
当然放送局も昨年よりは気の利いたシーンを届けてくれる
ように切にお願いします。

このままだとますますトーナメント数が減少しますよ。
この責任の一端はテレビ局にもあるものと確信します。
ただ、だらだらと時間内に収めるだけの臨場感のない
場面はミーチャン、ハーチャンしか見ませんから
くれぐれもご留意下さい。

またまた、テレビ局批判になってしまいましたが、
ご勘弁を・・・。


さて今年のマスターズ、
松山英樹に16位以内の入賞を期待すると共に
PING党の選手の優勝を望みます。

スコアボードの一番上に名前が載るのは誰でしょうか?
DSCF6331.JPG

皆さんの予想は如何でしょう?

人気ブログランキングへ

posted by もわ at 15:58 | 独り言
2012年03月24日

 続、自転車について考える

2005年11月27日に「自転車について考える」

というタイトルで記事にしました。

今でもかなりの方々の目に留まっているようです。

この記事に対してあの小池一介さんから貴重な

コメントも頂き恐縮したことを思い出します。

小池一介さんの指摘されていた事の一つに日本人の

マナーの悪さが筆頭に挙げられますが、この事は

今も殆ど改善されずに、却って悪化の一途を辿っています。

・ブレーキ無し自転車
・携帯電話操作しながら
・大音量イヤホン
・喫煙しながら
・車道横断
・猛スピード
・数人で並行しながら
・夜間の無灯火

この様な現象を警察は見て見ぬふりを決め込み

得意の“事が起きねば動かない”このアホ信条で多くの事故が

発生し、死者も出ている。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:32 | 独り言
2012年03月17日

体力測定

男性の場合だと20歳前に体力のピークを迎え

その後は段々と下降気味になるそうです。

MOWAなどは還暦をとうに過ぎ、もうすぐ

高齢者?の仲間入りをする年頃になりました。

当然の如き体力の衰えに加え背中痛、腰痛にも

悩まされております。

皆様方は体力の変化(低下)を実感されていますか?



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:18 | 独り言
2011年10月08日

ゴルフと落語とジャズ

「笑いは緊張と緩和の共存」 枝雀
枝雀.JPG

今日は秋の夜長の一興にこじつけ話を一席・・・

【ゴルフ】と【落語】と【ジャズ】が結びつくかどうか?

イラストレーターの和田誠さんは次のように分析しています。

(T)

落語=ジャズ》
志ん朝.JPG

《落語家=ミュージシャン》圓生.JPG

《噺=曲》志ん生.JPG

《語る=演奏する》
マイルスA.JPG

《マクラ、クスグリ=アドリブ》


(U)

A 決まった演目マルサリス.JPG

B 演者による表現ジミースミス.JPG

C 聴衆との兼ね合い

このABCを総合したものが落語であり、ジャズである。
そして、このABCのバランスが演者により変わる。

非常に面白い分析だと思います。
モワはこの分析に一味加えて一興とします。




ランキング 続きを読む
posted by もわ at 00:00 | 独り言
2011年06月15日

続 石川遼の悩み

2週連続予選落ちして全米オープンに臨むことに

なった遼君ですが、今回の免許証問題では

相当に悩んだ事でしょう。

今回の件に関しては本人の意識も若気の至り

かもしれないが、取り巻きの親を初めとする

大人達の怠慢があったとしか思えない。

父親は“大事故になる前で良かったです・・・”

等と人毎の様に言っていた。

PGAは当然の如く今回の件での処分は科さない

と決定した。

看板スターを処罰することは我が身を

削ることになるので当然の帰結でしょうね。

身内に甘いのはいずこも同じ???

さて、悩みの一端が消えた遼君は果たして

全米オープンでどのような活躍を見せるでしょうか?

石川遼の育て方 夢に向かってまっすぐな子が育つ石川家のルール42


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 00:00 | 独り言
2011年06月03日

石川遼の悩み

先週のダイヤモンドカップに予選落ちした石川遼。

敗戦の弁は「パットの不調による精神状態が全ての

プレーに影響した・・・」との事。

詳細に彼の言葉に耳を傾けてみると・・・

5番グリーン上の石川.JPG
写真オーガスタにて撮影したものです

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 00:00 | 独り言
2011年05月15日

乙川優三郎

今、日本を包んでいる暗雲の中に

一筋の光明が見える本があります。

生きる.JPG

生きる (文春文庫)


以前にも紹介したことがありますが、

今改めて読んでみると感慨深いものがあります。

『生きる』『安穏河原』『早梅記』の三篇の中篇

この他にも乙川優三郎さんの本は


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 00:00 | 独り言
2011年04月22日

電子書籍

一年程前から週一回の連載小説
『絆回廊 新宿鮫 ]』(大沢在昌著)
を読んでおりましたが、今日で完結しました。

今まで殆どこのシリーズは本で読んでおりましたが、
今回初めて電子書籍での読書を経験しました。

感想は・・・





ランキング 続きを読む
posted by もわ at 00:00 | 独り言
2011年04月04日

原発事故

今回の事故は近隣とか、日本だけの問題ではない。

大したことはないといった論調も垣間見えるが、

用心に越したことはない!

今もNHKで東大の教授が例によって

“大騒ぎするな、大したことない、

     殆ど通常レベル、などなど”

無責任な事を言っている。


テレビ、新聞、その他の情報を鵜呑みにすると

とんでもないことになります。

以下藤原新也さんの情報を確認して下さい。


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 00:00 | 独り言
2011年04月02日

大震災

お見舞い申し上げます。

地震、津波は天災。

しかし、原発事故は人災!

ここに興味深い記事、レポートを紹介します。

例によって『Shinya talk』より



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 00:00 | 独り言
2011年02月10日

大相撲と八百長

相撲の八百長問題について多くの職者の意見が多くの紙面に
掲載されています。
朝日新聞の10日朝刊にも『記者有論』というコラムに
編集委員の西村欣也さんの論調が掲載されています。

そのまま紹介します。

“スポーツなら全力士の調査を”

『それならば、どうぞ、八百長をしてください、と思う。
大相撲の話だ。
メールでの八百長疑惑が発覚してから、様々な意見がファンや
職者の間で飛び交っている。
その中に
「大相撲は日本の伝統文化でファンは
八百長であることを薄々知っていて、
それも承知の上で楽しんでいる」
という言説がある。ならばどうぞ、だ。

大相撲は三層構造になっている難しい存在だ。
古来の神事であり、興行であり、現代のスポーツと
いう三面を持っている。これをどういう順序で
ピラミッド構造にしていくか。
興行を屋台骨にし、その上に神事、スポーツが載っている
のならば、今回の問題も論じるに値しない。
相撲は元々興行なのだから、新公益法人移行など、
目指すべくもない。

しかし、私は大相撲の屋台骨は
スポーツであると思っている。
その上に興行を神事が積み重なった
国技だという認識に立ってきた。

ここを先ず、議論する必要があるだろう。
神事を兼ねた興行なのだと
すれば、大相撲は八百長の解明など無駄な努力をせず、
伝統芸能として生きていけばよい。

仮にスポーツであることを屋台骨とするなら、
今回の八百長問題は大相撲の根幹を揺るがす大問題だ。
八百長の疑惑が少しでも
入ってしまえば、それはスポーツとして認められない。

現在はメールで八百長疑惑が浮かんだ力士さえ、
調査委員会に対し、携帯電話の提出を拒んでいる状態だ。
強制的な捜査権のない
調査委員会は、これが限界さと主張するのだろう。疑惑を
かけられた力士ら14人を処分して、
幕引きを図るに違いない。

これでは野球賭博問題の時と同じで、嵐が過ぎ去るのを
首をすくめて待っているだけだ。
ファンは今回の14人のほかにも八百長があった
だろうと疑っている。放駒理事長は
「過去には一切無かった」と
語ったが、それを証明する手だてはない。

少なくとも全ての力士に携帯電話の任意提出を促し、
何ヶ月かかろうと、それを解析することから始める
しかないのではないか。
記名制のアンケートでは、真実のわかるはずもない。

トカゲの尻尾きりで終わって、また本場所を始めれば、
大相撲をスポーツだと信じてきたファンの
疑念はぬぐえない。
大相撲という伝統的な国民の財産をつぶすのか、
という声も聞こえる。

しかし、大相撲が再生し、発展していくためには
スポーツという根幹が必要なはずだ。
それがなければ、大相撲は古来行われてきた
日本独自の筋書きのある興行で神事と
位置づけられるしかない。

時間がかかっても全力士の全容解明を進める。
プロセスをファンは厳しく見つめ続ける。
そのことでしかスポーツとしての大相撲再生
はできないと考える。』

以上抜粋なしに紹介しました。
完全に相撲をスポーツとして捉える思想です。

モワとしてはもう一つ、いつも頷く
情報を教えてくれる
藤原新也の論調にも耳を傾けたいと思います。




ランキング 続きを読む
posted by もわ at 00:00 | 独り言
2010年03月07日

パッティング 一つの答え

パッティングの軌道について答えは出ましたか?
テークバックの間隔の違いによるメリット、デメリットを
体感されたでしょうが、自分に合う間隔を見つけましたか?

モワに合った間隔は10センチ〜15センチが正解なようです。
この短い間隔でのメリットは幾つかあります。

悠々として急げ

パッティングを含めてゴルフの真髄はこの本を初めとして
中部銀次郎さんの著書が一番正鵠を射ているようです。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 15:19 | 独り言
2010年03月02日

続パッティングのヒント

パッティングについてはスイングが小さいだけに
その軌道についての指摘は余りなされていないようです。
しかし、この小さな軌道にも大きなヒントが隠されています。

プロのパッティングの練習を見ていると、ヘッドにボールを
接着させたまま打ったりしていますが、これはボールを打たなくても
パッティングは完了することを意味します。
つまりボールとヘッドの間隔はゼロでもOKだということです。

しかし、間隔ゼロで打っている人はいません。
少しでも間隔が開いているほうが成功率が高いということです。

問題はその間隔なんですね・・・。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:21 | 独り言
2010年02月26日

ゴルフに一番必要なモノ

ゴルフに必要なモノはいろいろありますが、一番忘れているのが
《健康である事》ではないでしょうか。
 
本当に体がまともに動く事というのは凄いことなんですね。
健康は失った時に初めてそのありがたみが分かるとは
よく言いますが、年を重ねるとその意味合いは若い年代の時とは
重みが全然違います。

40歳を過ぎる頃から普通の大人はあちこちにガタがきます。
しかしこの頃のガタはまだまだ修正が効くので
本人の努力次第ではどうにでもなります。

これが、50歳となると大分意味合いが異なってきます。 
自分の意思で改善する気持ちが薄らいでくるのも
このころからでしょうか。 
しかし、気持ちの持ち様でまだまだ何とかなるのも
50歳代の特権かも知れません。

モワも56歳頃から血圧、コレステロール、血糖値、中性脂肪、尿酸
γGTPなどに問題が多発し出しました。 
香椎のサンドールのMS君に触発されて歩きを始めたのも
この頃からでしょうか・・・。

2006年の検診表があります。計測値は以下のとおりでした。

身長174.0、体重70.8、BMI指数 23.3
中性脂肪131、γGTP70、血糖値126、体脂肪率23
などなど・・

かなりイエローカードが出ている数値でした。

この数値が今年の検診では、かなり改善されました。 
その結果は・・・



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 18:23 | 独り言
2010年02月05日

【小沢氏引退・・・】 【朝青龍不起訴・・・】??

二つのヘッドライン(不起訴と引退が逆でもいいのかも???)が
見事に紙面を賑わしている。
このタイミングの良さの意味するところは?
別に深読みする訳でもないが、新也さん流に考えれば
「・・・んん??何かあるな?」となる。

両者とも国民の知りたいところはなにも言わず我がまま勝手な
自己弁護、ノーガキ、雑言を吐いている。

まったくうやむや国家日本の象徴のような出来事、事件である。
このマヤカシドモがその世界のトップにいるなんてのは頂けない
構図であるし、国民にとっては不幸である。 情けない・・。

小沢不起訴については例によってあの人の深読みを紹介します。




ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:35 | 独り言
2010年01月28日

事の真相

毎日、ニュースソースには事欠かない日々だが、
今の日本の状況は異常としか言いようがない。

現象面だけしか判断出来ない一般人が事の真相を
知ることは殆ど不可能に近い。

小沢一郎の件に関しても大きな暗雲と見えない権力
が跋扈しているのは感じていたが、やはりこういった
問題について真実を語っているのは藤原新也さんです。

私見を挟まず
【Shinya talk】よりそのまま転写します。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:41 | 独り言
2009年09月11日

下手の上塗り

日本人の特性として物事を全て理論的に考える習性があるようです。

ゴルフにおいてもこの事は如何なく発揮されます。

特にスイング理論についてはゴルフを始めたその時点から

自分のスイングの理想形を求め、終わりのない旅へと旅立ちます。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:09 | 独り言
2009年08月31日

池田勇太 優勝

KBCオーガスタは最終日9158人の入場者数で盛り上がりを
見せた。 一万人を超える予想は外れたが優勝者予想は当たっていた。

それにしても池田の爆発力は凄い! 
後半の連続5バーディは普通の人間では不可能である。
彼のゾーンシーンでの力量は日本一と言っていいかもしれない。 
勿論いつでもゾーンに入れるとは限らないが・・。

もし、彼がゾーンに入っていなければ今野康晴が楽々優勝だった
でしょう。 次回に期待したい。 (頚椎を痛めている為にアイアンは
カーボンシャフトに入れ替えているようです)



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:36 | 独り言
2009年02月16日

カンポ問題

久しぶりにあのワンフレーズの元首相が発言し、

舌足らずのアソーをコテンパンに舌鋒鋭く叱りつけた。

しかし、このパフォーマンスを単純なアソー批判と

思ってはいけない。

政治屋の言動の裏には必ず企み事が隠されている。

今回のJKの真意は何だったのでしょう?

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:58 | 独り言
2008年11月20日

ゴルフにおいて忘れがちな事

急に日本中が冬到来で寒さに震えているようです。
こんな時のゴルフは大変ですね。
若い人は寒さに負けない気力、体力があるからいいが、
オジサンには厳しい季節となりました。

モワは、冬場はよっぽどのことがないとゴルフはやりません。
もっぱら冬眠状態で道具の整理とかクラブを磨いたり、靴を
磨いたりして春を待ちます。

ところで皆さんはゴルフの調子が悪くなった時には
どのような対処方法を考えますか?
中部銀次郎の言い分―心の鍛練でゴルフと人生を極める


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:28 | 独り言
2008年11月17日

すっぽん 片山晋呉(太平洋マスターズ最終日)

予想通りと言うか、やっぱりと言うか、最後に今野が自滅
となり優勝カップを片山がもぎ取った。

モワもある程度予想していたが、やはり今野がボギーを
打った時の心理状態が大事だと思っていた。
それが、いきなりスタートから出てしまい、その気持ちが
潜在意識のなかに沈殿しており、最後のパッティングにも
影響したように見受けられた。

解説者が言っていたが、ショットの不調を治すために
ジャンボの門を叩いたそうだが、それ以外にも問題がある。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:53 | 独り言
2008年11月16日

太平洋マスターズゴルフ・展開予想

三日目までノーボギーで今野が首位をキープし、二打差で・ガロン
が追走する展開になっているが、果たして最終日にどのような
ドラマが展開されるのでしょうか?

モワの勝手な予想では、



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:01 | 独り言
2008年11月15日

小事が大事!

ゴルフにおいて上手くなりたいと思うのは

プレイヤー全ての願望である。

その時思い浮かぶのは、先ずスイングの事であり、

クラブの事である。

勿論これらの研究、追求は必要不可欠の条件であるが、

この大事以外にも案外見落としがちな事柄(小事)がある。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:33 | 独り言
2008年11月09日

銀次郎さんの言葉 「クラブとの付き合い方」

引き続き
新編・もっと深く、もっと楽しく】より
銀次郎さんの言葉を噛み締めてみます。

今日はゴルフクラブについて。

ゴルフの楽しみの一つにクラブ選びがあります。
まあ子供の玩具のようなもので、新しいものが出れば、
直ぐに手を出したくなるのがプレイヤーの心情です。

特に昨今はメーカー間の熾烈な競争により一般アマチュアも
自分の欲の為に新たな夢の為に結構な散財を余儀なくされています。

ボーナスシーズンともなるとあの手この手でメーカーさんは
新製品を発表し、ゴルフショップはゴルファーの食指が動く様に
宣伝合戦を始めます。
おとーさん達もついソワソワするのがこの季節です。

毎年新作発表のサイクルが短くなっているように感じるのは
モワだけでしょうか?



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 11:30 | 独り言
2008年11月06日

日常からの脱出

やっと体調も元に戻って一息ついています。
この数日間は夜昼の区別がつかなくて日常生活から遊離した
生活を送っておりました。

体は苦しいけど、なんとなく別世界にいるようで、
たまには息抜きにいいか・・・などと一人ごちしております。

24時間自由だから屋内で何をやっていいというのも
面白そうで、体と頭が少しいかれているので制限つきと
いう事になるが、まあそれなりに一人遊びは出来る。

でもやはり本を読むのが一番の時間潰しのようです。
今回もゴルフ本、娯楽本を読み直したり続きを読んだりしました。

ハーヴィー・ペニックのゴルフ・グリーン・ブック (集英社文庫)



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 13:36 | 独り言
2008年11月04日

風邪でダウン

二三日前から体調が悪く、とうとう昨日から寝込んでいる。

熱は平熱だが体がだるく、間接が痛いし、咳が出る。

一日中寝ている状態なので、昼夜の区別がつかなくなっている。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 17:04 | Comment(4) | 独り言
2008年11月03日

石川遼 見事優勝!

10月の日本オープンで遼君はドライバーで攻めまくり
上位入賞を果たした。
この時の経験が今回の優勝には大きく貢献したのでしょう。
石川遼 2009年カレンダー


それにしても首位の深堀さんを追っかけ掴まえ
そして、逆転するなんてやはり唯の若者とは訳が違う。





ランキング 続きを読む
posted by もわ at 14:39 | 独り言
2008年11月01日

ゴルフにおける欲とは?


プロ、アマ問わずゴルフに対する欲は無限に広がり
絶え間なくプレイヤーを良きにつけ悪しきにつけ
駆り立てる。

勿論最終的な欲は優勝だったり、スコアを縮める事になる
と思うがそこに至るまでに小さな欲の積み重ねが延々と
続いているし、今後も継続するでしょう。

禅ゴルフ―メンタル・ゲームをマスターする法


勝つ為には無欲になれと言うのは本当に悟りきった人だけが
到達する境地であり、凡人にとっては欲がなければ進歩しない。





ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:32 | 独り言
2008年10月27日

日本シニアオープン 中嶋常幸優勝!

大方の予想通り中嶋さんが栄冠を手にした。
四日間首位をキープしての完全優勝でした。
おめでとう御座います。
ロープ―“隔て”から“絆”へ 夫・中嶋常幸復活の軌跡


女子では大山志保さんが、男子では矢野東がそれぞれ優勝した。
昨日の優勝者は全てモワの贔屓のプレイヤーだけに嬉しい限りです。

今後のそれぞれのトーナメントの盛り上がりが期待できることだと
思います。
特にモワはシニアのトーナメントが面白くなる予感がします。
何しろ往年の名プレイヤーがぞくぞくと仲間入りしているので
名前を聞くだけでもどきどきします。
今回の大会にも上位にはかなりの名だたるプレイヤーがいました。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:03 | 独り言
2008年10月26日

日本シニアオープン三日目

先週の日本オープンは片山の勝利で終わったが、
今週はシニアの日本オープンが開催されている。
昨日まではぶっちぎりで中島常幸さんが独走している。
NHK趣味悠々 やる気のあるゴルファーにおくる 中嶋常幸のスイング・プレゼント Part.1「上達の秘訣“すべては感じることから”」

とにかく他を寄せ付けない強さを発揮し、
初日から首位をキープして最終日を迎える

先週の優勝者とは違った雰囲気でのプレーに見える。


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:53 | 独り言
2008年10月20日

日本オープン終了

片山の勝利へ対する執念が彼に栄冠をもたらした。
モワは残念ながら片山のファンではない。
今まで追っかけを何回もやった経験から
彼のプレー態度に対して良い印象を持っていなかった。

今回も最終日観戦に出かけようかと思っていたが、どうも
片山優勝の雰囲気が漂っていたのでテレビ観戦もラウンド観戦も
止めにした。

まあそれは置いといて、彼の執念だけは賞賛に値する。
海外での経験も大いに生かされたものと思われる。
勝ちに拘ったクラブセッティングも難関古賀ゴルフ攻略に
役立ったのでしょう。

そして、あの石川遼の単独二位は立派なものです。

ヨネックス サイバースターナノブイ 45.25



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:16 | 独り言
2008年10月17日

ゴルフクラブ選びの鉄則!

ゴルファーにとって(プレースタイル、クラブ、ボール選び)
見栄は絶対に禁物です。
特にクラブに対する見栄は自滅への一歩です。
若い頃は体力もありヘッドスピードもかなり出る。

2008~2009年版 間違いだらけのゴルフクラブ選び



しかし、歳を重ねると体力も落ちヘッドスピードも減速する。
40歳台まではなんとか見栄とスコアが比例する場合が多いが
50歳代になると見栄が張れない体力となるのが通例でしょう。
ここで見栄を張り通しているととんでもないド壷に嵌る。
メーカーの謳い文句に踊らされると懐は寂しくなるばかり。

多くのメーカーの中で『PRGR』はこの辺の事情をよく理解し
モノ作りに反映しているように見受けられます。
カタログに次のような文言が並んでいます。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:29 | 独り言
2008年10月14日

便利なモノ

またまた、パソコンのアクシデントにより10日間位
寂しい思いをした。
ブログも素人ながら3年継続している。
しかし、いざパソコンの故障とかソフトの入れ方とか
問題が起こると右往左往するばかりで、結局息子の
出番となる。

息子が近所に住んでいるのでモワとしては大助かりである。
今回も全てのデータが消滅し一からの出直しです。
世の中便利なモノに溢れているが一旦故障となると
不便さを通り越して何も出来なくなる。
「パソコンの先生」と呼ばれるための500の知識―WindowsXPと関連知識を一挙に自分のものに


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:38 | 独り言
2008年09月29日

谷原秀人逃げ切り!

矢野東の追い上げもあと一歩及ばず、

谷原の見事な優勝となった。

モワはこの二人のワンツーフィニッシュはないと

見ていたが、なんとプロギアチームが

優勝、準優勝と素晴しい闘いを見せてくれた。

二人の金看板が優勝、準優勝となると

またまた、プロギアファンが増えることでしょう。
プロギア ヘッドスピードテスター




ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:54 | 独り言
2008年09月26日

小泉元首相引退


“引き際を大事にしたい”と最後までカッコつけて引退声明を
昨日やったようだが、何のことは無い自分の跡継ぎを世間に
知らしめる絶好のチャンスだと計算しての事である。
この半年間は、我が子を後継ぎにする為に多くのアクションを
起こしてきたようでもある。
下手するとここに又、世襲議員が誕生する事になる。
まあ民主党が何らかの手を打つだろうが・・・。

“自民党をぶっ壊す”などと大見栄を切って世間のオリコウサン達
を欺き5年以上も在職していたことは日本丸の沈没の大きな原因
でもある。
ぶっ壊すと言っていた自民党の得意なやりかたで引退表明をやり
二男に道をつけるなどというまったく自分勝手な、自己中心的な
親馬鹿の本音が垣間見えた引退表明である。

辛辣な評論家、写真家、作家である、藤原信也さんは
6月14日のブログにて次のように言っている。
日本浄土

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:27 | 独り言
2008年09月25日

おれおれ内閣誕生


沈没寸前の日本丸の救世主には程遠い布陣での船出となった。
とにかく二世三世議員のおぼっちゃま、お嬢様集団で
まともな政策が生まれるはずがない。
単なる論功行賞で組閣し、仲良しグループで我侭を通したい
、それだけのつぎはぎ偽装内閣である。
実録!日本沈没―この国が破産するこれだけの理由! (別冊宝島 (276))


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:46 | 独り言
2008年09月23日

少しは変わるか?ゴルフ中継

今年の『UBS日本ゴルフツアー選手権宍戸ヒルズ』
(星野英正優勝)より【SHOT VISION】
という新映像システムが導入された。
この新システムはプレイヤーのデータが
瞬時に画面に表示され、CGで弾道も再現されるという画期的な
ものである。
今回は海外から3人の技術者を招いて実施されたが、これらの
新技術によって今までのだらだらした放映スタイルが大きく
改良される予感がします。
ノーガキ垂れの解説者などは不要となり視聴者は生の臨場感を
充分に味わうことが出来そうです。
参考までにこの大会で計測されたデータがありますので
選手とドライバーの飛距離をご覧になって下さい。

【ヘッドスピード測定器】 ブリヂストン (Bridgestone) サイエンスアイ ポータブル


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:24 | 独り言
2008年09月22日

矢野東 優勝!

期待通りに矢野東がANAオープンで優勝しました。
2005年以来の二勝目です。
・ガロンが勝たなくて良かった。
今回の矢野は以前のプレースタイルとは違って見えました。

特に・・・

スイングマルチテスター GST-2 GST-2


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:04 | 独り言
2008年09月02日

WBC

 
来年のWBC監督候補にオリンピックで大風呂敷を広げた

あのSHさんが挙がっているようですが、選考委員は何を

考えているのでしょうか?

何故、オリンピックで負けたのか・・・?

星野監督の200日 燃える男・55歳の挑戦


この原因と分析が全然成されていないから又同じ轍を踏む

可能性がある。

モワは “何故オリンピックで負けたのか?”

考えてました。




ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:31 | 独り言
2008年08月24日

メダル取れず


残念ながら星野ジャパンは大風呂敷を広げたにも

かかわらず、一個のメダルも風呂敷に入れることが

出来なかった。

星野仙一「世界一」への方程式―トップを目指し続ける男の「頭の使い方」


いろんな分析が出来るでしょうが、モワは一番の敗因は

選手のモチベーションが足りなかった事だと思う。

勿論故障者が多かったのも大きな要因には変わらない。

試合の度に解説者が何度も何度も言っていた。

“これらの国際試合は選手一人ひとりの≪勝ちたい≫という

気持ちの強さが勝敗を決っするんですよね・・・”

この論からいくと絶対的な気持ちの強さがなかったという

事になるし、体調不良がそれに拍車をかけた。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:45 | Comment(0) | 独り言
2008年08月23日

WBC 日本VS韓国

一つくらいオリンピックの話題もいいか・・・。

昨日の日本対韓国戦は完敗でした。

ゴルフはミスのゲームだと言うが、野球もある意味では

同じ要素を持っているとも言える。

昨日の闘いもいろんなミスが目に付いたが、モワが

思うには、投手の期用,継投ミスが一番の敗因ではないかと思う。

やるだけやったら、それでいい。 愛と勇気のリーダー語録


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:47 | Comment(0) | 独り言
2008年08月22日

八百長相撲 大相撲崩壊 続編


流石に今回の事件はNHKもトップで報じていました。

しかし、本来ならばこれだけの大事件(今までの経緯も含めて)

なのだから、特番でも組んで社会全体へ問題提起すべきである。

それが、唯一国技を放送している日本放送協会の義務では

なかろうか。

八百長―相撲協会一刀両断


テレビ以外の報道機関も多くの時間と紙面を割いて

報じています。





ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:07 | Comment(0) | 独り言
2008年08月21日

八百長相撲 大相撲崩壊



今の力士はあの横綱 朝・・を始めとして、

土俵上以外で話題になることが多いですね。

しかし、今回の大麻事件は話題にするには

深刻過ぎるものがある。

もともと海外から来ている力士は横綱始め殆どが

出稼ぎの格闘家だから日本文化とか品格とかを

注文する方が無理だとしても、大麻を吸って

相撲をとっているなんてのは論外だ。

でもこれら一連の事件は力士だけの問題ではない。

角界のタブー八百長相撲の実態 (News package chase (110))




ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:27 | Comment(0) | 独り言
2008年08月07日

ナイショッ! ナイショッ! ナイショッ!

人が打った瞬間に

“ナイショツ”の掛け声が飛び交うのは

ゴルフ場でよく見かける光景です。

しかし、打った瞬間には玉の落ち場所は分からない。

当たりが良くても

OB、バンカーなんてことは侭あることです。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:58 | Comment(0) | 独り言
2008年08月05日

全英女子オープン

不動裕理3位、宮里藍5位、上田桃子7位と日本勢が

大健闘した今年の全英女子オープンでした。

それにしても韓国勢のパワーと執念は凄いもの

がありますね。

今回優勝した20歳の申智愛も家族ぐるみでアメリカに

移住しキャンピングカーで移動しながらの生活だそうです。

日本の選手とは根本的にハングリー精神が違います。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:11 | Comment(0) | 独り言
2008年08月04日

谷口拓也さんおめでとう

サン・クロレラ・クラシックは谷口拓也さんが

4アンダーで4年ぶりに優勝を飾った。

同じ組に先輩の谷原秀人がいたのが幸いしたのかも

しれない。

これが、あの ・ガロンハットだと情勢は変わっていた

でしょう。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:27 | Comment(1) | 独り言
2008年08月03日

サン・クロレラ・クラシック テレビ放映

三日目の上位陣は谷原を除いて、

どちらかと云うと地味な選手が多い。

ほとんどスター不在の様相になっている。

その為なのかどうかしらないが、

テレビは石川遼の特番さながらになっていた。

驚くほど体に効くクロレラの秘密―病気に勝つ体質革命 (ムックセレクト)

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:25 | Comment(0) | 独り言
2008年07月27日

もう一つ硬い話

今日は硬派の話題をもう一つ

守護神馬原の復活で少し光明が見えた

ホークスですが、オリンピックでの戦力不足

がどのような影響を与えるのか不安材料もあります。

それはさておいて毎回3万人近くの動員数を誇る

ヤフードームは他球場からすると羨望の的でしょう。

しかし、その運営に関しては???と思う事もあります。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:46 | Comment(0) | 独り言

今の日本の病巣

嫌な事件が多発している現在の日本だが、

火の無いところに煙は立たない。

一つの事件の背景には、そこに至るまでの

小さな原因の積み重ねがあり、動機として

一括りに出来る程単純ではない。

経済、教育、道徳、科学、情報、報道 等等

社会を動かす全てのシステムを包括的に

コントロールしているのは政治である。

この根幹である政治がまともに機能していないと、

全ての人間にマイナスの思考を植え付ける。

そして、若者達の将来の夢を奪い、希望を断ち切る。

それが、個人の病巣となり、些細なことから

大きな事件へと発展する。(食育も大きな問題)

雇用の問題も大きな病巣である。

派遣法により一流企業と言われる会社のみが

この恩恵を受けて(経団連の会長の会社など)

人経費を削減し莫大な利益を上げている。


このような暗雲の空気を作ったのはアメリカの圧力に

屈した某政党であり、その中心にいたのはあの

長髪のワンフレーズマンである。

今の福田政権はその亜流であり、

何の思想も持たない妥協集団である。

事件の原因を探ってみると何かが見えてきます。

我々もある程度考えないと益々嫌な思いをすることになる。

と言っても選ぶ政治家の選択肢が非常に少ないので

難儀するが、その中で選ぶしかない。

ワンフレーズ政治家の亜流政党ではお先真っ暗である。

日本も早いとこチェンジしないと沈没してしまう。

いつも事の深層を語る藤原新也さんの言葉を借りて

現状の断片を皆さんにお伝えします。




ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:26 | Comment(0) | 独り言
2008年07月25日

体は正直

月曜日から体調を壊し、歩きも

殆どの運動も中止状態である。

家から一歩も出ず、悶々とした日々である。

食欲はそれ程落ちていないが、晩酌もやっていない。

これは、新記録かもしれない。

当然体重、体脂肪も変化している。

紫蘇黒酢(5倍濃縮)3本セット【暑さに負けたお疲れに!シソでスッキリリラックス】

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 06:45 | Comment(0) | 独り言
2008年07月24日

完全な外れ

昨日の≪白鵬VS安馬≫戦の予想は完全に外れました。

琴光喜が負けたのも予想外でした。

これでは、名古屋場所の面白みは何一つないようになりますね。

まあ、強いて挙げるならば、

白鵬の全勝優勝くらいのものですかね。


土俵の真実―杉山邦博の伝えた大相撲半世紀


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:52 | Comment(0) | 独り言
2008年07月23日

夏バテでダウン

月曜日、月一回の整体の研究会が行われていた。

昼近くになってなんだか頭がボォーとしてきた。

なんとか、昼休みまで我慢した。

昼食後もめまいがして、足元がふらつく。

少し横になるが、どうもおかしい。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:58 | Comment(2) | 独り言
2008年07月15日

パッティングのヒント

パッティングで一番大事なことは

“ボールを芯で打つこと”

この一点にあると思います。

では、どのようにすればこれが可能になるのか?

パッティングの科学

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:41 | Comment(0) | 独り言
2008年07月09日

老人力?

数年前に赤瀬川源平さんの

老人力という本が

ベストセラーになった記憶がありますが、まだ読んでいません。

内容の詳細は分かりませんが、書評によれば

“歳とって記憶力が落ちるのは仕方が無いことで、

あまり深刻に考えないほうが精神衛生上宜しいのではないか・・・”

というような事だったと思います。

先日の熊本でのポーチ紛失事件以来何回かその類のことを

やらかし何とか自分の逃げ道を探していたので、この

老人力という言葉が非常に気になります。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:45 | Comment(0) | 独り言
2008年07月08日

青い空、白い雲、高校野球

昨日も朝歩きで汗を流していました。

歩きの途中でふと“ああ、そうや高校野球が始まってるのや”

と思い出し、早速コースを変更して、桧原野球場へ直行!

少し時間が早いのか、まだゲートは開いていない。

20分後にゲートが開き、¥600を払いスタンドへと向かう。

バックネット裏左サイドに席を確保し選手達の練習を見守る。

青い空、白い雲、一生懸命汗を流す青春真っ只中の高校球児、

正に絵に描いたような夏の風物詩です。

高校野球甲子園全出場校大事典 増補改訂版

この空間の素晴しさはモワにとっては至福の時です。




ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:02 | Comment(0) | 独り言
2008年07月07日

いよいよ梅雨明け 夏本番

九州北部も昨日梅雨明け宣言がなされました。

例年よりかなり早い宣言となったようですが、

果たしてこれも温暖化の影響なのでしょうか?

温暖化の“発見”とは何か

今年は梅雨らしい梅雨であったので、夏は夏らしく

あって欲しいものです。

しかし、この暑さはゴルファーにとっては厄介ですね。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:34 | Comment(0) | 独り言
2008年06月09日

兔から人間へ

5月末に目の毛細血管が切れて完全な兔目になっていましたが、

やっと人間の目に戻りました。

この歳になるとどこに症状が出るか分かりません。

皆様方も充分にお気をつけ下さい。

体のどこかに異変があるとゴルフにも当然ながら影響が出ます。

スイング理論を研究するより、ある年齢になると

体のケアを心がけた方が宜しいようで・・・。

因みにモワの健康法はやはり歩きが一番です。

(昨晩の体重68.8kg、体脂肪17%でした)

年齢と共に、体のケアと美容が大切ですね。






ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:41 | Comment(0) | 独り言
2008年04月15日

口は災いの元

昨日のマスターズは伏兵と言われた南アフリカのT・イメルマン

が冷静な信念と見えない情熱でタイガーを打ちのめした。

前評判ではタイガーの圧倒的な勝利の予想だったのに・・・。

それが何故?イメルマンに負けたのか?





ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:59 | Comment(0) | 独り言
2008年04月14日

2008年 マスターズ 

今年のマスターズは朝起きして3日間テレビ観戦しました。
最終日の今日は3時40分に起きてボリュームを落としながら
一人静かに緑多いオーガスタでの熱戦を見た。

冷静なプレーを続けるT・イメルマンが崩れそうで崩れないで
念願の優勝を果たした。

流石にタイガーも人の子であり、完璧なようで噛み合いが悪く
2位に終わった。
しかし、並み居る強豪の中でも実力は抜きん出ていますね。
来年を期待しましょう。

今年のマスターズは新旧交代の小さな波が発生したようにも
感じました。
2〜3年で新人がどしどしアメリカのツアーには出現しそうです。

又、マスターズを見ていて感じたことが二つあります。

それは、


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 16:02 | Comment(0) | 独り言
2008年04月01日

天声人語

朝日新聞の紙面が刷新されましたが、まったくの失敗だと
思われることがあります。

それはあの朝日新聞の売りであった【天声人語】のレイアウトです。

良かれ悪しかれ朝日の顔であった【天声人語】が内容は別にして
まったくの商業主義に彩られたものに変形しています。

そうです、両脇をしっかりスポンサーに抱かれているのです。

天声人語.jpg

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:24 | Comment(0) | 独り言
2008年03月27日

そろそろ出だしたホークスの欠点

偶然の結果で開幕から5連勝していたが、とうとう
地の脆さが暴露された。

昨日の試合も勝てる試合であった。

今までは小さなミスも数人の選手の活躍で取り消されていたが、
今後はその小さなミスが致命傷となる。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:57 | Comment(0) | 独り言
2008年03月25日

ホークス四連勝!

「田上でサヨナラ」 ≪タカ4連勝≫の文字が躍っている
今朝の新聞です。

しかし、この試合は見ていて本当に締まらない、つまらん試合だった。 本来ならホークス楽勝の試合であったはず。

モワの荒っぽい観方では、
@両監督ともミスがあり、今後の展開に
不安を残す材料、A選手も見られました。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:22 | Comment(0) | 独り言
2008年03月18日

二人相撲


大相撲春場所も9日を過ぎましたが、今場所は前の場所に比べて

緊張感が薄く、大関、関脇達のテイタラクで

まったくの二人相撲である。

大相撲大全集~昭和の名力士~

横綱以外は枯れ木も山の・・・感である。

高見盛が一敗で善戦しているのは見ていて微笑ましい。

こうなると優勝して欲しいものです。(ちと無理な注文かな?)

モワの今場所の筋書きは・・・



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:04 | Comment(0) | 独り言
2008年03月15日

花粉症との闘い

私の花粉症歴はそれこそ花粉症という病名が生まれる前からの

キャリアがあります。

毎年2月頃にはかかりつけの医者から内服役、点眼液、鼻スプレー

を貰って花粉症対策を講じますが、なかなか敵もさるもの

これくらいの防御策ではびくともしません。

一昨日もひどいものでした。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:16 | Comment(2) | 独り言
2008年03月14日

ジャパンゴルフツアー選手会会長に宮本勝昌 選出される

2008年度ジャパンゴルフツアーの

理事会役員23名が選出された。

注目は新会長の宮本克昌(35歳)である。

ツアーの救世主である、石川遼君というスターも誕生し今年は

男子ツアーも女子ツアー以上の注目を集めようとしている中で

明るいキャラクターの宮本克昌が会長に選ばれたことは

人気に拍車をかけることでしょう。

マンシングウェアオープンKSBカップ2007‾15歳!若きチャンピオン誕生の瞬間‾

変に真面目ぶらずに地のキャラクターの明るさと茶目っ気さを

大いにアピールし肩肘張らずに制度改革とかファン拡大の施策を

実施して欲しいものです。

少し気になるのは副会長が真面目な人ばかりです。

以下副会長に選出された選手達です。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:32 | Comment(0) | 独り言
2008年03月12日

救世主! 石川遼

今年の男子プロの注目は勿論、石川遼選手。

マンシングウェアオープンKSBカップ2007‾15歳!若きチャンピオン誕生の瞬間‾

ヨネックスと推定5年の契約、そしてパナソニックとも5年の

所属契約を結んだのも大きな話題となりました。

因みにヨネックスとの契約内容はウエッジ、パター、サングラス

を除いたクラブ、ウエア、キャディーバッグとなっています。

パナソニックの5年間の所属契約は心理的にもかなり安心感が

あるでしょうね。

気になるクラブのスペックは?



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:38 | Comment(0) | 独り言
2008年02月02日

プロゴルファー石川遼始動

 
高額な契約金でヨネックスと契約を交わした遼くんが
いよいよ本格的に動き出したようです。

オーストラリアにてヨネックスのCM撮影をやってるようですね。

果たしてどのようなCMが出来上がるのでしょうか?

楽しみではあります。

又、彼のファッションセンスも高い評価を受けているので

どのような感覚か早く見てみたいものです。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:15 | Comment(0) | 独り言
2008年01月30日

タレント

先日も大阪府でタレントが当選しました。

日本中にタレント議員が蔓延しそうです。

そこで 一句・・・。


@「タレントが 知名度だけで  当選し」


A「タレントが 本業忘れて  政治学」


  <まだまだあります>

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:35 | Comment(2) | 独り言
2008年01月27日

白鵬 VS 朝青龍

今までになく満員御礼の日もあり、懸賞も多くつき観客も
増えている今場所です。
本日千秋楽の横綱同士の相星での対戦は5年ぶりだそうです。

貴方はこの一番をどのように推理しますか?

私の推理は・・・

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:36 | Comment(2) | 独り言
2008年01月25日

弁当について

 
ゴルフ好きのおとーさん方にはあまり関心が無い事でしょうが、
毎日毎日 子供さん、旦那の為に弁当を作っていらっしゃる
奥さん方の苦労は並大抵ではないようです。

モワの知人も十数年間弁当を作っておられます。
仕事柄調理師免許も持っており栄養に関しても細心の注意を払って
毎日、朝早くからまな板を叩いているようです。

昨今の食品偽装とは縁のない世界です。

外食だといろいろ考え結局同じものを食べてしまうのが常です。
この繰り返しだとメタボ予備軍となるでしょう。

知人が参加している弁当に関するブログがありますので
紹介します。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:38 | Comment(0) | 独り言
2008年01月19日

面白いもの!

貴方は国会中継をライブで見たことがありますか?

08年1月18日通常国会開幕.jpg

なかなか面白いですよ。

その辺のしょうもないお笑い番組より格段に面白い。

昨日も通常国会が始まり正に茶番劇の最たるものですね。

殆どの大先生方が昼寝の最中です。
睡眠中の先生方.jpg

テレビ中継されているのもご存知なはずですが、

“そんなこと関係ねー”のふてぶてしさなんですかね。

別に重箱の隅を突くつもりではありませんが、国会中継の

一部を写真でお見せします。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 12:00 | Comment(0) | 独り言
2008年01月18日

プロゴルファー 石川遼 誕生 続編

先日石川涼君がプロ入り宣言をした日におとーさんも同席して

記者会見に臨んでおられました。

涼君の受け答えについては先日書きましたが、おとーさんの

記者に対する返答が又素晴しいものでした。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:40 | Comment(0) | 独り言
2008年01月12日

プロゴルファー 石川遼誕生

思わぬ展開で石川遼がプロ宣言をやった。
モワは恐らく大学まではプロ入りをしないと思っていたので
予想外の展開です。

しかしこれは本人の気持ちの問題ですから、他人がとやかく言う
ことはありません。

遼くん曰く、

“今年に入り、勉強とゴルフを両立させていく覚悟が出来た。・・・
 社会に出て苦労もあるだろうが、自身を持って前身すれば、この
 決断はプラスになる・・・
 一番大きな夢がマスターズ。日本の賞金王という夢もある。日本で
 良い成績を残し、マスターズに招待されたい。勝つのは難しいが
 可能性が無いわけではない”



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:08 | Comment(1) | 独り言
2008年01月10日

食について

原油高騰により全てのものが値上がりしている。
とりわけ毎日の必需品である食品の値上がりは各家庭に大きな
打撃を与えているようです。

この問題は一国だけで解決出来るほど簡単な事ではないが、ここに
大いなる提言を続けている人がいます。

北九州出身の魚柄仁之助(うおつかじんのすけ)と云う人です。

今は食文化研究家ということになっていますがいろんな事業の経験者です。
知恵のある・和の家・和の食・和の暮らし

彼の提言をいくつか紹介します。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:21 | Comment(0) | 独り言
2008年01月08日

ゴルフ 今年の目標

皆さんは今年の正月をどのように過ごされましたか?

もわは先日書いたように朝歩きを4〜5日サボっていたので

体脂肪が新記録を達成し、年明けから反省の日々が始まりました。

(体重70キロ、体脂肪20%)

インパクトT.jpg

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:35 | Comment(0) | 独り言
2008年01月02日

明けましておめでとうございます。

元日は雪の年明けとなりましたが、
二日目は太陽も顔をだしています。

皆さんは正月を如何お過ごしですか?

年末から年始にかけてラウンドされた方も多いのでしょうね。

モワは・・・

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 13:53 | 独り言
2007年12月29日

昨今ペット事情

近頃街中でよく見かけるもの、
@デイサービスの送迎用車、
A若者がペットを散歩させている姿、もしくは抱きかかえて
 歩いている姿

@は老人天国日本の象徴であり仕方ない現象かもしれないが、
Aは以前では想像出来なかった事かもしれない。

若者が愛玩動物を抱きかかえて街中を歩くなんてのはモワにしてみればトンデモナイ、馬鹿げた現象としか思えない。

大田光風に“他にやることあるんじゃねーのか!”と言いたくなる。
これも携帯文化の一端かもしれない。
つまり自分の憂さ晴らし、寂しさ逃れの為の道具だね。

一種の自己逃避、人間同士のコミュニケーション逃避といえる。
自分だけの世界に閉じこもろうとする単なるオタクワールド。

【従然草(第百二十一段)】にペット飼育について書かれています。


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 15:59 | Comment(0) | 独り言
2007年12月19日

猫撃退法 其のU

今までに何回か猫撃退について書きましたが、

まだまだ我が家では猫との闘いは終わっていません。

終わるどころかますます白熱化しております。

それというのも以前は一匹の老体の猫一匹だったのですが、

近頃はどういう訳かそれ以外の親子猫三匹が家の庭を我が物顔で

遊び場にしています。

今までも、丹精込めて作った野菜畑にクサーイ糞を垂れ流され、

頭にきて大人気になく其のまま土ごとの糞をスコップで掬い、飼い主

の家の玄関にホッポリ投げたことも数回ありました。

(飼い主は我が家とは目と鼻の先にあり、猫が我が家の塀に上って

 いても知らん顔の厚顔無礼な婆です。)

このような猫の糞害に憤慨している方は日本全国に

数多くいらっしゃるようです。

(新聞の投書にも頻繁に取り上げられています)


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:49 | Comment(1) | 独り言
2007年10月20日

ゴルフスイングの一番大事なこと

先ずは中部銀次郎さんの言葉より

もっと深く、もっと楽しく。

「ゴルフスイング論で大事なことは二点だけである。

すなわち

 @テークバックで
    右腰がアドレスした位置より
       右へずれてはいけない。(スゥェー)

 Aスイング中頭を動かすな。(ヘッドアップ)

この二点がスイングの基本であることは今でも変わらないと思う。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:55 | Comment(0) | 独り言
2007年10月17日

ゴルフクラブの信頼性

ゴルフはミスのゲームだと言われますが、ミスが何故起こるのかについてゴルフ好きの諸氏は日夜悩んでおられることでしょう。

自分のスイングのどこかが悪いと思うのが殆どでしょう。
しかし、スイング以前の状況もかなり大きなウエートを占めている場合もあります。

禅ゴルフ―メンタル・ゲームをマスターする法

それは、勿論メンタルな部分もありますが、今日は別の視点から・。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 11:12 | Comment(0) | 独り言
2007年10月15日

07年日本オープン・谷口徹さんおめでとう

今年の日本オープンは本当に手に汗握る良い試合でした。
NHKの余裕のある時間枠の中でじっくり見れたのも最高でした。

見ていてもプレイヤーの気持ちがビシビシ伝わる臨場感溢れるシーンの連続で画面に釘づけ状態でした。
ゴルフトーナメントの舞台裏 (1977年)

さて、
優勝者は私の多くの予想の中の一つであった谷口徹さんでした。


実力者の谷口徹さんらしい試合展開でしたが、勝因を私なりに幾つか挙げてみます。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:08 | Comment(0) | 独り言
2007年10月14日

日本オープン優勝予想!

小田孔明が5アンダーで首位をキープしました。
昨日のNHKの放送で感じたことは本当にゴルフは我慢のスポーツだということですね。

特に日本オープンの設定は毎年かなり厳しいものがありますが、通常のトーナメンとは格段に違います。なにしろアンダーの選手が大体5〜6人しかいないんだから。

今回も怖いもの知らずの小田さんが三日目までは順調にスコアを伸ばしましたが、本日の最終日に平常心で戦えるか?がポイントになるのでしょう。

なにしろ追いかけるのが・ガロンハットの根性者だけに追われるほうは大変なプレッシャーですね。
ゴルファーのスピリット (ゴルフダイジェスト新書 (01))

スタートの2〜3ホールが勝敗の鍵を握るような予感がする。

全体の流れを幾つか予想すると・・・。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:26 | Comment(0) | 独り言
2007年10月13日

日本オープン・ゴルフの怖さ

日本オープン二日目は横尾要さんが首位をキープして三日目に突入しますが。やはり二位に食い込んでいるあのしたたか晋吾が追い上げるのは間違いないでしょう。

それにしても昨日のNHKの放映はやたらにアマチュアをクローズアップしていたようですが、民放とは良し悪しは別にしてかなり姿勢が違うようです。

そして、試合が終わるまでライブでの放送は“さーすがNHK”としておきましょう。
江連忠の”オンプレーンスイング”ドリル45 ~ゴルフは練習場でもこんなに楽しい!DVD付 (NHK出版DVD+BOOK)

そのライブが故に滅多に見られない光景を目にしました。
多くのゴルフファンの方もご覧になったと思います。

最終ホールでの宮瀬博文さんの二打目終了後の態度について皆さんはどう感じましたか?


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:30 | Comment(5) | 独り言
2007年08月15日

納涼の方法

毎日暑い日が続いていますが、皆さんお元気でしょうか?
部屋の中でクーラーガンガンで高校野球を観ているのでしょう。

我が家では食事時か客が来た時意外はクーラーは使いません。

屋外が35度あっても家中のドア、窓を全部開けて風の通り道を作れば結構涼しいものです。 (扇風機はある程度使っております)

いろんな納涼の方法があるとは思いますが、
我が家の幾つかをお知らせします。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 11:24 | Comment(0) | 独り言
2007年07月21日

選挙

7月29日には参議院選挙が行われるが、果たしてどのような結果が出るでしょうか?

プロ野球のオールスターにしても今の日本の現状を表しており、
もっと深刻な亀裂が日本列島を覆っている。
政治にしても経済にしても全ての物事、現象が異常である。

少しでも歯止めをかけないと日本沈没となる。
藤原新也さんも警鐘を鳴らしている。

そのまま抜粋して紹介します。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 14:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言

プロ野球オールスター

昨日ふとテレビをつけるとオールスターをやっていた。
いきなり解説人が5〜6人紹介されていた。
殆どが、しゃべりで知ったかぶりの烏合の衆だ。

この画面を見ただけで興ざめしチャンネルを回した。
昔の様にオールスターに対して食指は動かない。
動かないどころか、嫌になってしまう。

何故か?


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年07月12日

年金 U

近頃ゴルフの記事が少なくて申し訳ありません。
それというのも毎日のように新聞紙上に年金の記事が
ヘッドラインとして掲載されているのも一因ですし、まったく
腹の立つことですから・・・。

先日もジャーナリストの斉藤貴男さんの記事を紹介しましたが、
彼の言う年金問題の本質に触れている発言は先日の党首討論でも
あまり聞かれませんでした。

特に責任政党の党首の発言には呆れ返るばかりです。

曰く、
「年金の記録問題は私のナイカクで全て解決しなければならない」
「まじめに保険料を払った人には、
          最後の一人に至るまでお支払いする」
  と胸を張ってノタマウ。

まったく開いた口が塞がらない。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年07月03日

同窓会ゴルフ

7月1日(日)に42回目を迎える同窓会ゴルフを開催した。
梅雨の合間のまあまあの天気でした。
行いのあまり良くないグループにしては上出来です。

今回は私が幹事でした。
私の幹事の時には集合時間が早すぎるというクレームが必ず
聞こえますが、早い集合はコンペの時には当たり前のことです。
時間に余裕がなければ、一人の為に皆が迷惑します。

早すぎて悪いことは無い。
文句をいうな!  と言いたい。

幹事の独り言はこの位にして・・・。
結果は?

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年06月26日

ギックリ腰からの帰還


くしゃみをするだけで痛みが走っていた時からすると
かなり回復しました。

通常当たり前に使っている身体も使えなくなって初めて
その有難さが分かりますね。

皆さんもくれぐれも気をつけて下さい。

又、友人達の励ましの言葉痛み入ります。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年06月24日

反省!


一週間前にギックリ腰をやってしまった。
月曜日に整形外科に行きレントゲンを撮り診察を受けた。
骨と神経には異常はなかったが、コルセットと薬の毎日が
始まった。
整体にも行って来た。

自分なりに身体のことについては気をつけて、歩きをしたり
柔軟体操をやったりしてきたが、この様は自分でも不甲斐無い
思いがする。




ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:18 | Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言
2007年06月19日

全米オープン


優勝は5オーバーのアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)。
タイガー・ウッズは一打差で二位。
サードラウンドまでの様子だとタイガーの楽勝かな・・と思っていたが、グリーンに悩まされ惜敗となった。

世界の超一流選手がアマチュアの如く大叩きする姿は、他のトーナメントでは見られない光景でしょう。





ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年06月11日

メタボリック症候群からの脱出?


先日メタボリック症候群について書きましたが、
皆さんはあの肥満指数は如何でしたか?

つまり肥満指数(BMI)=25以上は危険!

算出計算式→体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

モワに当てはめると 6月10日現在


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年06月09日

スポーツ報道のあり方

先日のアマチュアゴルフ大会に
あの有名人石川遼君が出場していた。
なんと平日にも関わらず
3千人以上のギャラリーが押しかけたらしい。
 
ゴルフも分からないおばさん連中が芸能人を見るような目でハニカミ君を追っかけた。 この連中のミーハー度は凄いものがあるね。

熱し易いのは国民性とはいいながら呆れますね。

しかし、そのおばちゃん連中より性質の悪いのがあの
『TBS』という視聴率第一主義のなんでもありの放送局。

この日に、この出鱈目放送局がやったことをご存知ですか?

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年05月25日

気をつけなさい石川遼君


先日の世界最年少での優勝以来マスコミを始めあらゆるところへ
引っ張り回されているようですね。

最後にはとうとう政治屋の人気取りにまで利用されてしまい、
気の毒でならない。

世界中の政治屋達は人気の芸能人や歌手スポーツ選手などと写真を撮り媒体を使って己の宣伝に利用しようとする習癖があるようです。

まだ若いので、周りの大人の判断に委ねるしかないのでしょうが、
こんな光景は見ていて茶番にしか見えない。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言
2007年05月23日

ケータイ依存


さる新聞に子供の携帯依存の記事が連載されていますが、これは子供だけの問題ではなさそうです。  いい大人も結構依存状態があるのではないでしょうか。

勿論秒単位での仕事で携帯電話が必需品の人種も多いでしょうが、それ以外の用途で携帯に振り回されている多くのおりこうさんが世界中に蔓延しているようです。

猫も杓子もケータイ、ケータイ!

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年05月20日

感動! 石川遼 優勝。

高校一年生が世界最年少でプロツアーに優勝した。
杉並学園高校一年生石川遼君。素晴しい。
顔は都会風、でも精神は素直な田舎風。
このバランスが見事に取れている。

優勝コメントもどこかのスポーツ馬鹿のような受け答えはしていなかった。    清清しい若者である。
07年5月20日 石川遼優勝.jpg

今時、文武両道を口にする若者はそう多くない。
御両親の顔もテレビに映っていたが、素朴さが見受けられた。
キャディーをやっていたのも兄さんで彼も浮かれた感じはなかった。

野球の斉藤君も芯の通った素晴しい選手だが、この石川君も
共通するものがあるようです。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年05月16日

一日の終わり

世のお父さん方の一日の終わり方はどのようなものでしょうか?

モワの場合は帝王MB君とかKS君とか仲間と飲む以外は
ほとんど、家でフミちゃんと一緒に晩酌で過ごします。

一日の〆としては習慣とは言いながら一番幸福な時間です。
今はあの酔っ払い二人組もすっかり我が家の飲み友達です。
飲み友達 人形二人.jpg

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年05月13日

おめでとう。伊沢利光、全・美貞

日本プロ選手権は伊沢利光が優勝し、ヴァーナルレディースでは
全・美貞が連続優勝を果たした。

不動さんが優勝出来なかったことは非常に残念だが、恐らくこの悔しさを近日中に挽回するでしょう。 期待します。

今回に限らずゴルフの要は・・・・

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年05月08日

5月8日のNHK【クローズアップ現代】を見ましたか?


現在、日本のブログ人口は800万人とも言われているそうです。 これは書く人、見る人そしてそれを利用しようと思う人にとってはとんでもない媒体になりそうだし、実際にそうなりつつあるようです。

そうした状況の中『アルファブロガー』と呼ばれる成金がぞくぞくと誕生しています。

こうした状況について皆さんはどのように考えているのでしょうか?

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年03月25日

ゴルフボールについて

昨年から今年にかけて使ったボールがいくつかあります。
スコアが悪いとクラブとかボールのせいにする悪い癖は直っていません。 反省します。

ボールもクラブと同じく進化は著しく、飛距離、スピン性能は各社殆ど遜色ないようです。 
雑誌とかにもマシーンテストの結果が発表されていますが、差があるとしてもほんの少しの違いのようです。

ツアーステージ NewX-01H TIHX

毎年新製品が出るたびにプロも“飛距離が伸びた”とか
“スピンがよくかかる”とかコメントしています。
クラブもボールもこのまま進歩するとこの先どうなるのでしょうか? 本当に54で回れるようになるんでしょうか?
2006年の使用球T.jpg
中部銀次郎 ゴルフの心―技術でもなく、道具でもない 日経ビジネス人文庫

まあ冗談はさておいて、使用したボールの感想は・・・。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年03月07日

歩きの効用

拘りのパン屋【サンドール】http://www.sundoll.co.jp/
のMASAに触発されて歩きを始めました。
一年以上が経過し体の中の変化が数値となって出ました。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言
2007年02月18日

ヘッドアップの矯正方法

先日も記事にしましたが、ゴルフスイングにおける
二大悪癖は《ヘッドアップ》と《スゥエイ》である。
詳細は中部銀次郎さんの著書にてご覧下さい。

今回はヘッドアップの矯正方法について。

前回は、
“何故多くの人がヘッドアップに悩むのか”
について書きました。

復習するとそれは、

『一種の
  恐怖心から起きるもので、
   本能的に
    ボールの行方を
     見ようとする焦りである』・・・・。

では、その解決策はその

“恐怖心、焦り”

を取り除くことが出来れば効果が出るのだろうか?



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年01月23日

宮崎県民は偉い!

最初に そのまんま東 さんが
立候補したと聞いた時にはウソーと半信半疑だったが、
彼の真摯な選挙戦は宮崎の多くの人達を選挙に誘い
大差で他の立候補者を破った。



この現象について朝日の【天声人語】には
柵(しがらみ)のなさが民意に新鮮味を与え
今後の可能性に賭けた。  と言う。

腐った政党とか官僚どもに風穴を開けた功績は今後の
統一地方選挙、参議院選挙とかに大いに影響を与えそうである。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年01月20日

ゴルフスイング以前の話

ゴルフスイングについて悩む人は数多いが、
どちらかというと
細部に拘り、枝葉末節に囚われすぎている場合が殆どです。

しかし、問題はそのスイング以前にあるような気がします。
歳を重ねる程その感は強くなります。

つまり・・・



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年01月19日

ゴルフ中継について。

ゴルフ中継 テレビ放送のやり方。

日本のゴルフ番組のつまらなさはツアーを衰弱させる
大きな原因だと思う。(特に男子ツアー)

今年は恐らく3試合減る予定だそうです。
何故、これほどまでに男子ツアーは滅亡状態に陥った
のでしょうか?
現代スポーツ批判―スポーツ報道最前線からのレポート

一概には言えませんが、一つには報道に熱がなかった
ことが挙げられます。
これは、男子ツアーは記事にしても読者が少ないから
新聞でも殆どが、女子より下の段、若しくは半分の
記事数でした。

ではその原因は・・・・



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年01月14日

嬉しい便り

昨日、嬉しい便りが届きました。
1月9日付けの【JGA】 HANDICAPの通知です。
なんと“16”になっていました。
HDCP通知はがき.jpg

あれだけ大叩きを何度もやり、またまた
大きなハンディになるのかなーと思っていたものですから
自分なりに嬉しく思います。

一年を振り返ると・・・・
JGAゴルフルールハンドブック―イラスト解説でよくわかる!使いやすい!

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:50 | Comment(8) | TrackBack(0) | 独り言
2007年01月08日

福袋、福袋、ああ福袋・・・?

毎年百貨店では年末に福袋の作成に多くの時間をかける。
取引先から原価以下で商品を仕入れ、それをいろいろ組み合わせ
¥2000〜数千万円まで知恵を絞る。(商品でないモノもある)

そして、初売りには数千人が朝早くから(徹夜組もある)
百貨店を取り囲む。異常な光景。

正月そうそうこんな光景が見られるのは日本以外にも
あるのでしょうか?

そんなに景気が良い訳でもないのに、“なんでこうなるの!”

もうヤケクソで“日頃の鬱憤を晴らそう”との気分なのでしょうか?
話の後始末

ここに天野祐吉さんのコメントがあります。


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年01月07日

警告!ネット中毒、ゲーム中毒。

先日も中国のネット中毒の記事が出ていましたが、
日本でも同じような現象が10年くらい前から
出現しているようです。

考えられないような事件の背景にも、イジメの背景にも
原因の一つにゲームとかネットとかが関係していると
私は思う。

ゲームが全て悪い訳ではないが、人を殺める、傷つける
ようなパターンのソフトは、まだ脳が出来上がっていない
子供達にとっては、害以外の何者でもない。
ウェブ人間論

中国のネット中毒による事件報道を見てみよう。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

今、気になるドライバー

年末に恒例の個人的試打会をビクトリアゴルフにて
やりました。
ヤマハ・インプレスX、テイラーメイド・r7、
ブリジストン・xドライブ、などを
打ち比べました。
ゴルフはクラブで上手くなる!―最適ギアの見つけ方選び方
年末の平日だったので店員も付かず、客も少なかったので
心置きなく打てました。
約40球位は打ったでしょう。

汗を流し、背中も痛み出したので、
クラブをボックスに返しに行きました。
その時あの黄色い亀の甲が目に付きました。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2007年01月03日

デジタルの進化とアナログの退化

文明の進歩により我々は非常な恩恵を受けている。
特にここ数年間はパソコンの進化は著しい。
殆どの仕事が机上で出来るし、調べ物も瞬時に答えが出るし、
ゲームも楽しめるし、世界中どこでもメールで通信出来る。

しかし、このままでいいのだろうか?
体を使うアナログの道具が全然使えなくなっていいのだろうか?

数日前の新聞に子供の手の機能が衰えているという
記事が目に付いた。
テレビはインターネットがなぜ嫌いなのか

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

『ゴルフ練習のやり方』

★練習場での気持ちの持ち方

 @目的意識をはっきりさせる。
 A調子が良い時はその時の状態を覚えておくこと。
 B調子が悪くなった時は休憩する。クラブを変える。
 
幾つかの練習方法



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年12月28日

今日の戯言

アベシンゾー及び、

取り巻き連中の日々は大変なようです。

ここで一首・・・・。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年12月08日

今日は何の日?

そうです。
今日はジョン・レノンの命日です。

昔の彼の音楽を聴きながら、偲びたいと思います。

イマジン.jpg

レノン・ロックンロール表紙.jpg

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年11月19日

ハリントン・優勝おめでとう。

【ダンロップフェニックス】最終日
  プレーオフでタイガー負ける。

アイルランドのハリントン見事優勝!

タイガーでさえも負ける。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

【ダンロップフェニックス】の報道について

テレビはラウンド三日目ということもあり、ライブで放映していた。

しかし、本当に、いつも思うのだが、
何故あれほどまでに
面白くない、
一片の感動もない
薄っぺらコマーシャル主体番組
に成り下がるのだろうか?

勿論、タイガーウッズが主役であることには間違いはないのだが、
あまりにタイガー一辺倒の番組作りになっていないだろうか?

当然最終組とその前の組主体で編集されるのが通常だが、
毎年このダンロップフェニックスは酷すぎる。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年11月12日

中島常幸さんおめでとう。

52歳でレギュラーツアー優勝。
素晴しい!

最終日65で優勝。
素晴しい!

シニア選手がレギュラー選手を押しのけて優勝。
素晴しい!

中島さんは歳取るごとに
人間味が増し、プレーにも深みが出てきたんでしょうね。


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年11月11日

パッティングの開眼 その一

よいパッティングとは?

昨年7月からパッティングの科学を参照しながら、
パッティングについて書いてきましたが、
本当にスコアメイクの鍵はパッティングに行き着きます。


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言
2006年11月03日

現在の日本のゴルフ場事情

国内ゴルフ場はバブル後、接待利用の減少などで
経営が悪化し、預託金償還が本格化した00年代前半には
倒産件数がピークに達した。


マイコースもご他聞に漏れず倒産し、会社更生法適用となった。
しかし、他コースと違ってその間も通常通りプレー出来た。

何故、多くのゴルフ場が倒産に至ったのかは、複合的な要素が
絡み合っているので一概には言えないが、単なるマネーゲームの
手段としてゴルフ場を造成し、欲に絡んだ人間共が種を蒔き、
そして、自爆していったのでしょう。

自爆だけなら、まだいいが多くの一般人が巻き添えになり
多くの悲劇を生んだ。

ここにハイエナの如く踏み込んできたのが、某大国資本である。


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 11:42 | Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言
2006年10月11日

男の涙

ドラゴンズ、落合さん優勝おめでとう!
貴方の涙は見ていて感動しました。

先日のホークスの松中さんの涙も
もらい泣きしましたが、
落合さんの泣き笑いのなんともいえない顔は
素晴しかった。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年10月09日

やったぜ、ホークス!

宿敵西武を破り、A連勝。
この調子で打倒日本ハム。

しかし、勝つ進むには
ホームランだけではだめでしょう。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年10月07日

フロントナイン終了。

一息入れて、
過去を振り返ります。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 21:09 | Comment(10) | TrackBack(0) | 独り言
2006年10月01日

力みの原因と解除法

スイングに於いて、スムーズな動きを阻害する要因は
数多く存在する。

・以前の良かった球筋を思い出す。
・前のホールでの3〜4パット。
・イメージ先行。
・OBを思い出す。
・〜以内のスコアで回れるぞ!の思い。
・細部の体の動きが気になる。
・クラブを完全に信頼出来ない。
・エエカッコしたい。
・コンペの順位が気になる。
・ライバルには負けたくない。

などなどいろんな欲との闘いが自分の中に渦巻く。

又、ゴルフ以外にも



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言
2006年09月23日

福岡拘りのパン屋【サンドール】のテレビ放映があります。

 
以前拘りのパン屋として紹介した【サンドール】
の主人S君についてのテレビ放映が
明日(24日朝10時)よりあります。

S君とは高校時代からの付き合いでもう40年以上に
なります。

彼は、
今年、司法試験の合格率ナンバーワンの大学に籍を置いていた
こともあるインテリです。

【サンドール】については昨年11月20日の
『福岡の拘りのパン屋』にて紹介しています。
今一度確認して下さい。
これを見て明日のテレビを見るとより詳しく
人間性が分かるでしょう。


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 21:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言

さすが立山光弘さん!

8月末のオーガスタの時はかなり調子良く、
優勝争いに絡んでいたが、結局最終日に崩れた立山さん。

集中力が持続しない体質なんでしょうか?

今週もいきなり派手なパフォーマンスを見せてくれましたね。
新聞、雑誌ネタとしたらかなりオイシイものでしょう。

スポーツ新聞なんかは一面の殆どを割いて紹介していた。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言
2006年09月18日

フットジョイ修理後の報告


先回、フットジョイの皮靴の幅直しについて、
記事を書きましたが、今日はその結果報告。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 独り言
2006年09月17日

台風に向かって打て!

今日は恒例の同窓会ゴルフ会だったが、
台風の為延期となり正式な会は流れた。

でも黙って引き下がる連中ばかりではない。
数人の有志で決行することとなる。

歳の割には、危険を省みない中年我武者羅軍団である。

私は、昨日から台風の到来時間を計算し、
ゴルフ場の天気予報もピンポイントで調べていたので
ほぼ大丈夫だろうとは思っていた。


ランキング 続きを読む
posted by もわ at 15:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言
2006年09月01日

ゴルフの集中力

スイング中に発声することによって、集中力を保ち
本能的な思考が出来る事によって、クラブヘッドの
感覚を確実に掴む・・・という事が大事である。

これが前回の趣旨でした。

でもこのことを理解していても、スイングの度に
同じ様に継続する事はマタマタ困難なことです。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年08月29日

ゴルフにおける集中力 U


ここで又、インナーゴルフの世界へ戻りましょう。

ゴルフの於いてはテクニックの追求はベーシックな部分では
最低限必要ですが、それ以上に大事なのは練習にしろ
実戦にしろその方法です。

一つの方法として動作中に発声するということがあります。
そうすることによって集中力が増します。

言葉と調子は自分で工夫するのがいいでしょう。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年08月28日

おめでとう、手嶋多一さん。

地元だから勝ちたいの気持ちがいくら強くても、
簡単に勝てないのが、プロの世界。

それをじっと我慢で優勝した、手嶋さんは凄い!

連日30度以上の炎天下の下でのプレーは生半可な
体力では集中力が持たない。

約一週間続ける体力はプロとは言いながら、敬服します。

それにしても、立山光弘さん、すし石垣さん達は
どうしたんでしょうか?

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:05 | Comment(6) | TrackBack(1) | 独り言
2006年08月27日

男子プロ・少しの光明

今回のオーガスタはキャラの強い選手が上位に進出し、
今までにない、盛り上がりを見せている。

その主役は2位タイの立山光弘さん、
34位タイのすし石垣さん達です。

テレビもその辺の事情を察しているのか、
かなり意識してクローズアップしていた。

今までの、ゴルフの番組が面白くない、面白くないと
言ってきましたが、今回でなにかのヒントを掴んだようです。

役者は彼ら二人ではありません。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年08月26日

オーガスタ 三日目速報

26日正午のスコア速報

あの立山光弘さんがメンドクセーことに向かっている。
12時現在12アンダーでトップに立っている。

今日は赤と白の無難なコーディネイト。
とにかくドライバーが絶好調のようです。

上位のスコアは・・・

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

オーガスタ観戦・追・追・追記

 今年のオーガスタで気づいた事がいくつかあります。
先ず、総体的にファッションに気を使うプロが増えた事。
特に若者達は矢野東を始め、かなりセンスアップしているように、
見受けられます。

矢野さんはサングラスから全てオークリーで統一しています。
今、日本では矢野さん、近藤さん、城ノ内さんなどが、
先鋭ファッションを身に付けているようです。

小物ではベルトが大変化しています。
色、デザイン共に非常にお洒落になっていますね。


かなり個性的な人もいます。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

オーガスタ観戦 追・追記

今日も観戦に行く予定でしたが、どうしても
都合がつかず、チケットは知人に譲りました。
ピクニック気分.jpg
ピクニック気分での観戦も乙なものです

先日の観戦後日談。
ティグラウンドでの杉原輝雄さんと尾崎建夫さんの会話
の一部を紹介しましたが、なんとその日のスコアカードに
尾崎さんは署名を忘れ、失格となっていたそうです。
66で廻りながら、勿体無い話です。

恐らく、暑さと杉原さんの毒舌の為に頭がイカレテいたのでしょう。
健夫さんもやはり兄貴のジャンボ尾崎が居ないと
精彩を欠いているように見えますね。



ランキング 続きを読む
posted by もわ at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年08月25日

オーガスタ 追記。


昨日立山光弘さんのドライバーの話しをしましたが、
彼のドライバーは今回から変わっているようです。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年08月23日

明日の予定

明日は我がグループで唯一のホールインワンを

経験したゴルフ名人MB君に無理して頂いたチケットで

オーガスタに観戦に行きます。

今年は台風の影響はなさそうです。

果たして、今年の優勝者は?

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年08月22日

ゴルフスイングの集中力

ゴルフスイングに於いて一番重要なのは、
集中力ではないだろうか。

得てしてその集中力がテクニックに注がれると、
体が萎縮し、思ったようなスイングが出来づらくなる。

この集中力を別の方向へ向けると、本来の思考Bでの
スムーズなスイングが出来る。

別な方向とは?

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年08月21日

ゴルフに於けるリズムの取りかた

ゴルフスイングに於いては、テクニカルな部分の追求も
ある程度は必要だが、それ以上に大切なものは、
リズムの取り方である。

テクニックが完璧でもリズムが壊れると、そのテクニックは
反映されないし、殆ど、マトモな球は打てなくなる。

じゃ、どのようにリズムを取れば良いのか?

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
2006年08月20日

駒大苫小牧 VS 早稲田実 両校負けなし!

イヤー感動の試合でした。
決勝戦それも15回延長で、一回々が緊張感のある
試合はそう見れるものではない。

素晴らしい斉藤、田中の両投手。
又、全員が勝つために必死で闘った。

でも、今日は勝敗がつかなかった。
なんとなく良かったような気がする。

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

絶煙のススメ!

禁煙についての意識の高まりは、公の機関を含めて
かなりの運動になっています。

04年度の厚労省の調査によると、成人全体の喫煙率は
26・4%、男性43・3%、女性12・0%。
男性は前年より3・5ポイント減少。
でも女性は0・7%上昇。

所謂、先進国と言われる中で喫煙率が増えているのは
日本だけじゃないのかね?(女性に関して)

この現象は?

ランキング 続きを読む
posted by もわ at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言