2019年03月02日

未だ冬眠中


 年明け以来首痛、背中痛、腰痛のトリオ痛に
苦しめられラウンドも出来ないで冬眠中のモワです。

こんな時は静かに中部銀次郎の本を紐解くのが
宜しいようです。

【もっと深く、もっと楽しく】
この本は1989年4月4日に紀伊國屋書店で
求めたものです。(レシート保存していた)

【モダン・ゴルフ】の次に購入した二冊目の
ゴルフ本です。両極にあるゴルフ本ですが、
二冊共30年の付き合いとなります。

 【もっと深く、もっと楽しく】

の表紙に曰く、

 “Play the ball as it lies”
ボールはあるがままの状態でプレーせよ。
これがゴルフというゲームの本質を的確に表現する
ことばではないか・・・・

 裏表紙に曰く、

“私自身はゴルフというゲームは限りなく続くミスを、
どれだけ防いでいくかによって結果が出るものだと
思っている。
ミスを防ぐーーーというのはテクニカルな要素にあるの
ではない。むしろ、きわめて心理的なものにかかわっている。”


ゴルフスイング論で大事なことは、二点だけである。
すなわち


@テークバックで右腰がアドレスした位置より右へずれてはいけない。
Aスイング中、頭を動かすな・・・。 である。



この本にはテクニカルな要素よりその前後の心構えについて
の趣旨が多いが、これはアマチュア、プロ問わず
肝に命じなければならない要素であります。

冬眠中にこの銀次郎さんの言葉を噛み締めながら
春を待つこととしよう。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 13:43 | 独り言