2019年02月05日

アイアンの練習方法


 練習場でのアイアンの練習方法は人それぞれで
いろんなタイプがあるようです。
その中でも一番多いのはターゲットを正面に据えて
ストレートな球筋で最大飛距離を目指しているタイプ
なのではないでしょうか?

 モワも以前はそのスタイルでドンドン墓穴を掘りまくり
大きな迷路に嵌まるパターンが通常でした。
ふとしたきっかけでこのスタイルを変更し今は気楽な
気持ちで玉を打ってます。

 そのスタイルとは
@ターゲットは打てる範囲で広角的に設定する。
A左右にボールを打ち分ける。(スライス、フック)
Bフェースを思い切り開閉する。(クローズ、オープン)
C番手ごとの最大飛距離を求めない。
D番手ごとの高さの認識をはっきり持つ。
Eミスを思いきりやる。
➆打感の感触はしっかり把握する。
G全ての番手でアプローチも行う。

 以上のようなモワ・スタイルですが、
 如何でしょうか?

 兎に角練習場を出来るだけ広く使い、いろんな球筋を
楽しく打つ! 失敗することが練習場での練習です。
意識して失敗を重ねると段々成功の光明が見えてきます。

 皆様方もセオリーお化けを脱皮して自分なりの
究極の自己スタイルを確立して下さい。

 モワも寝違い首痛と闘いつつできる範囲で
マイスタイルの追求を続けたいと思います。


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 11:15 | 独り言