2018年11月03日

ジーサンゴルフの楽しみ方

 
 年取るとゴルフの楽しみ方も変わってくるようです。
友人と楽しみゴルフに徹する方もあり、ある程度スコア
に拘りを残しつつエンジョイする方もあり、健康の
為に体を動かすという方もあります。

 今回はある程度スコアに拘る人のゴルフプレイについて
モワの私見を述べたいと思います。

 殆どの人が還暦を過ぎると体力、視力、思考力の
衰えを実感するようになり過去の小さな栄光も消えつつ
寂しい思いをするのが一般的です。

 そこでなんとか一打でも少ないスコアでラウンドする
為にはモワはクラブセッティングの重要性を一番に
考えます。

 つまり欲を捨てて、距離の欲望を捨てて枯れたゴルフに
徹する事がスコアアップに繋がります。
確かに面白くないかもしれませんが、この考え方が拘りの
鍵となります。

 自分の今の姿、実力をしっかりと見つめ直す!
このことが老人力の源であり刻みゴルフが光明を
見出します。

 その手段としてのクラブセッティングは出来るだけ
本数を少なくすることです。そうです不安があるクラブ
は全て戦力外として、自信のあるクラブだけを選手登録
するのです。極端に言えば10本以内でもOKです。

 見栄を捨て、使用回数の少ないクラブはお蔵入りとし
吟味して自信のあるクラブだけを友としましょう。
FWウッド、UT、ロングアイアンなどの使わないもの
などは引退させましょう。

 モワの今のセッティングはドライバーとアイアン、パター
の10本だけです。スコアは以前の14本セットよりも
改善しております。
これで安定すれば、FW、か UT も考えます。

 何れにしても年齢に応じたシンプル思考のゴルフスタイル
が今後の長持ちの必要最低条件になるかもしれません。

 皆様方も御一考されては如何ですか?


ゴルフ ブログランキングへ
posted by もわ at 15:51 | 独り言